当用漢字は問題の宝庫だった

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、小中学校の子供から熟年者までが知っている知識とすれば、誰でもが知っている筈の常識です。

とは言え、問題を聞いた時に咄嗟に考えが頭に浮かばない事もしばしば起こります。

良く考えれば、誰でも知っている筈の常識問題が、第10回のナイアガラの準決勝で出されていました。

問・「いす」「せんす」「しょうじ」を漢字で書いた場合、共通する字は何?

答・「子」

解説 「椅子」「扇子」「障子」。小中学校の漢字テストで出される普通の当用漢字ですね。

しかも、準決勝ですから挑戦者は勝ち残って来た強者揃いです。とは言え、クイズ形式がお馴染みの「通過クイズ」です。

早押しクイズで3ポイント獲得で、通過問題にチャレンジする権利が与えられます。

ここで、問題をクリアすればニューヨークの決勝戦へ進出。これを阻止しようと他の挑戦者も必死の構えです。

条件が緊迫しているだけに、迂闊に早押しボタンを押せないのがこのクイズ形式でした。

本日の裏話は、日本語の当用漢字に関するクイズ問題からクイズ形式によっては緊張、早押しボタンを押し難い場合の話でした。

日本語の漢字は確かに難解ですね。音読み、訓読み、重箱読みなどがあり、文章によって読み方が変わる事が有ります。

しかも、日本語の文字は平仮名、カタカナ、漢字と種類も多く欧米のようにアルファベットで表現出来ません。

世界中の言語で、日本語は難解の上位にランクされています。それなのに来日する外人観光客は上手に日本語を話します。

言葉に関する考え方が、日本人と異なるのでしょうね。

日本人は、小学校から英語を学習するのに英語の苦手な国民と言えるでしょう。

結論は、言語の捉え方でしょうね。英語でも会話より「文法」に重点を置き、間違える事を極端に嫌います。

言葉には目上の人との会話に必要な「丁寧語」と親しい仲間の「ため口」があり、これも使い分ける必要があります。

言葉使いで「人格が評価」されるので、学校でも会社でも社会生活でも正しい言葉で話しましょう。

言葉は、意思を伝えるのが重要な役割です。従って自由に会話が出来る授業の英語教育を文部省に願いたいもので~す。

 

 

 

 

 

江戸は世界の文明都市だった

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、子供と大人を比較すると人生経験の長い大人の方が子供よりも多くの知識を蓄えているのが普通です。

大人の日本人でも、知識欲が旺盛な人とそうではない人では大きな差が出てしまうのは当然でしょうね。

大人で知識欲の旺盛な方なら、五割くらいは正解出来そうな問題をご紹介しましょう。

第14回のオレゴン街道で出された、江戸時代の知識に関する問題です。

問・江戸時代、江戸八百八町の水道の源となった二大上水と言えば?

答・神田上水と玉川上水

解説 「神田上水」は、我が国初の水道事業で、江戸の北部方面に配水されていました。

田上水と玉川神田上水は1590年天正18年)に徳川家康の命を受けた、大久保藤五郎によって開かれました。

しかし、大久保藤五郎が最初に見立てた上水は小石川上水で、これをその後発展・拡張したのが神田上水といわれています。

一方の玉川上水は、多摩の羽村から四谷までの高低差92.3メートルの間に全長42.74キロメートルが築かれたのです。

羽村取水堰多摩川から取水し、現在の四谷四丁目交差点付近に付設された「水番屋」を経て市中へと分配されていました。

何れにしても、四三〇年も前の時代にこれだけの土木工事を人力だけで成功させたのですから、昔の人は大したものですね。

当時の江戸は、世界でも驚くほどの文明都市だった事が解り、日本人のご先祖様に感謝しなければならないでしょう。

近代の水道事業は、明治維新後に行われたもので百年を超えているもので、そろそろ耐用年数を超えています。

従って、東京でもアチコチで道路を掘り返して水道管を交換しているようで土木工事も大変な時代に入っています。

東京に限らず、日本中の都市にビルが乱立しています。百年後にこのビルの耐用年数が来た時の事を思うとどうなるのか?

これこそ余計な心配、年寄りの冷や水ですよね。

本日の裏話は、江戸時代の「水道に関する問題」から、昔の人は偉かったというお話になりました。

歴史は繰り返す、との言葉があります。とはいえ科学も文明も発展を続けています。

そこで結論! 未来の事は未来の人に任せましょう。なるようになるので他人の事より自分の未来を考えましょう~、と。

 

 

 

今昔の乗り物の変化

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に造られていました。

日本人の常識ですから現代の常識は勿論の事、昔から伝わる常識も多いのは当然です。

そこで、昔の人なら誰でも知っていた常識の問題をご紹介しましょう。現代人にはやや難しいかも知れません。

第7回のナイアガラで出された次のクイズです。

問・困っている時、助けてくれるものに例えられる乗り物は何?

答・舟

解説 「渡りに舟」という言葉があります。また、困っている時に丁度都合の良い事が起きるのも「助け舟」と言います。

昔は乗り物と言えば、馬車、荷車、馬などと共に船が有りました。街道には渡し船が有り、多くの人が利用しました。

又、江戸でも大阪でも街中に堀が造られていて、船で往来していたのは映画やドラマでご存知ですよね。

現代人の場合は、タクシーなど数多い乗り物を知っているので、思考が乗り物に行ってしまうと誤答の可能性があります。

我々は、そんな的外れの「誤答」の可能性も含めて、この問題を出していました。

本日の裏話は、時代と共に人々の常識も変化する代表的な問題でした。

乗り物と言えば、近代の百年を考えても世界中が大変化を遂げましたね。

自動車の発達で道路は整備され、都市と都市を結ぶ高速道路は世界中で張めぐされています。

街の中も、道路が拡張され整備が整いました。更に航空機で世界の国を移動する時間も短縮されました。

人類の歴史は長くても四~五千年ですが、この百年の変化には、天のご先祖様も仰天でしょう。

これだけ科学技術が発達したのですから、「コロナ騒動」もそろそろ決着して欲しいものです。

桜の季節も間もなく来ますが、明るい気分で花を愛でたいものですね。夜が明けない日は無い、との言葉を信じたいですね~。

 

アメリカ人の驚く趣味とは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、に日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本の常識と同じレベルで、世界の知識も記憶していれば安心で同じようなレベルの強敵と戦えるでしょう。

ウルトラクイズで予選を勝ち抜き、海外渡航した挑戦者はいずれ劣らぬクイズの達人達と考えて良いでしょう。

第16回のキャメロンパークは、アメリカ中の飛行機大好き人間が集まった特殊な場所でした。

各家庭には飛行機の格納庫があり、一機~二機のマイ・プレーンが収まっているという夢のような町でした。

従って、クイズ問題もご当地関連のクイズが多かったのですが、その一つをご紹介しましょう。

問・飛行機の歴史で、最初の部分で良く引用される、ロウで固めた鳥の羽をつけて飛ぶ、ギリシャ神話に登場する人物は誰?

答・イカロス

解説 イカロスはギリシャ神話では、蝋で固めた翼によって自由自在に空を飛べる能力を持ちます。

飛んでいる内に、更に高くへとの欲が出て太陽に接近します。このため蝋は溶けて翼が無くなり墜落して死を迎えました。

ギリシャ神話では「人間のゴーマンさやテクノロジー」を批判する神話として有名です。

尤も、人間はテクノロジーに挑戦し、19世紀に産業革命が起こり、ライト兄弟によって飛行機が発明されました。

それから百年も経たずに、我々は大型ジャンボ機に乗って世界中を飛び回ってクイズを実行、人間の知恵は驚きですね。

本日の裏話は、アメリカの趣味が高じた町、キャメロンパークのクイズ問題から飛行機の歴史の話でした。

戦後、アメリカの家庭では一家に何台も「自家用車」を持つ、との話に日本人は仰天しました。

苦節〇〇年、我々の家庭でも自家用車が持てる時代になりました。と、思った時にはアメリカでは自家用機です。

我々は、常にアメリカ人の生活を追いかけていましたが、現実はアメリカでも貧富の格差は広がっているのです。

結論は一言です。「隣の芝生は美しい」。我々日本人は憲法で戦争放棄を決めた平和な国です。

平和な国の一員として、楽に愉しく長生きしましょ~っと。

 

 

 

 

 

 

日本人の趣味趣向は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、年齢で考えれば若い層より熟練層の方が人生経験があるだけに知識も豊富なのは当然です。

熟年層であれば、半分くらいの人達なら正解出来るであろう問題をご紹介しましょう。

若い層でも正解出来れば「自分は知識人」と自信を持っても良いと思いますよ。

第11回のニュージャージーの準決勝で出された問題です。

問・水を使わずに流れる水を表現した日本庭園を何と呼ぶ?

答・枯山水「仮山水(かさんすい)・故山水(ふるさんすい)」

解説 枯山水は寺社の庭に多く、代表的な例は大徳寺大仙院庭園が有名ですね。

枯山水は水の無い庭の事で、池などの水を用いずに石や砂などにより山水の風景を表現する庭園様式です。

例えば、白砂や小石を敷いて水面に見立てる事が多く、橋が架かっていれば下は水です。でも本物の水では有りません。

砂や小石の模様で水の流れを表現。抽象的な表現の庭で、室町時代の禅宗寺で造られ発達したものと言われます。

昔の日本人は、煌びやかな豪華さとは反対の「わびさび」を好む傾向も有り、この枯山水はその代表的な例でしょうね。

煌びやかな代表は「金閣寺」や「秀吉の茶室」などがあり、いずれも日本の大切な遺産になっています。

本日の裏話は、日本庭園のクイズ問題から昔の日本人の趣味趣向の話になってしまいました。

明治維新以来、西洋文明が入ってきましたので、現代では日本人の趣味趣向も「百花繚乱」で頭が混乱しそうです。

趣味も結構、閑とお金があれば、多くの趣味を持ちたいのですが結論です!人生は難しい山あり谷ありで、これが庶民ですね~。

 

 

 

アメリカ横断!ウルトラクイズの裏話