ペットの人気の移り変わり!

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本に限らず世界の森羅万象について問題が創られていました。

世界中のあらゆる事象が対象とは、幅が広すぎて「記憶出来ない」とお手上げの人はクイズが好きにならないでしょう。

クイズ好きは、そんな無理な話をものともせずに知識を蓄積しているので、我々は難問と言われる問題も採用していました。

難問の中には、新しい発見もあるので、クイズファンは楽しみにしていたようです。

挑戦者にとっては、難問は有難くない筈ですが、中には平然と正解する強者もいます。

そんな強者も「えっー」と驚く問題をご紹介しましょう。第13回のゴールドコースト・敗者復活ダウト・クイズでの問題です。

問・古代エジプトで、「守護神」として最も多くの人々に崇拝されていた動物は?

答・猫

解説 古代エジプトで、紀元前1,000年頃に人間が一番最初に飼った家畜が「猫」だったと言われます。

最初は愛玩用でしたが、いつの間にか神の使いとして猫を崇拝するようになったのだそうです。

次第に「神の化身」として信仰の対象となり、猫の寺院は煌びやかで、これを超える寺院はないとまで伝えられていました。

そんな崇拝の対象ですから、死亡した猫は「専用の墓に葬られ」ミイラ化されたと伝えられています。

古代エジプト研究家の調査なので、異説もありますが、当時の証拠として豪華な猫の像や置物は多数残されています。

猫が崇拝される国は良いのですが、国が変われば印象も異なるのは自然の理と言えるでしょう。

日本では、昔は「化け猫」との言葉があったように、怖い動物あるいは薄気味の悪い動物との印象もありました。

犬のように尻尾を振って喜ぶ事もなく、猫はいつもマイペースで静かな動物との印象の方もいるでしょう。

特に、子猫の動作は可愛く愛嬌があって、テレビのコマーシャルでも毎日画面に登場して視聴者を和ませています。

本日の裏話は、ペットも国や時代によって人間からの扱われ方が大きく変わるとのお話でした。

最近はペットブームで、犬よりも猫の方が飼い易いとの理由でペットの人気ではNO1なのだそうですね。

「いや、一番は我々さ~」との動物がいましたよ。いわずと知れたナンバーワン!、お犬様でした~。敵わんにゃ~ん……。

 

 

 

 

 

クイズ王は得意な分野が多かった

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には「音楽」との分類がありました。

クイズ大好き人間は、各々自分の「得意の分野」を持っていて、得意分野は専門家もビックリするほど知識が豊富です。

一次予選を通過して、外国へ進んだ挑戦者のみなさんは例外なく「得意の分野」を持ち、中には複数の得意分野の人もいました。

第一回から十七回まで、十七人のクイズ王が誕生していますが、彼らは例外なく複数の得意分野の持ち主だったようです。

そんな中で、音楽の得意分野の挑戦者なら簡単に正解出来、一般人には難問と思える問題がありました。

第14回のエリーで出された次の音楽問題です。

問・「バッハ」「ヘンデル」「ロッシーニ」「ブラームス」のうち、一人だけ出身国が違うのは誰?

答・ロッシーニ

解説 クラシック音楽の代表的な作曲家で、いずれも名前だけは知っている超有名人ばかりです。

しかし、出身地までは覚えていないのが普通の凡人でしょう。

大作曲家は、ドイツ、オーストリア、ロシアなどに多く、問題のロッシーニ以外の三人はドイツ出身です。

ロッシーニはイタリア出身で、クラシック音楽の作曲家としてはイタリアでも数少ない方と言えるでしょう。

又、ロシア出身では「交響曲」「歌曲」「ピアノ曲」を多く残したチャイコフスキーが群を抜いて知られています。

オーストリアにはモーツアルトシューベルトの二大巨匠がいて、クラシック音楽の中心地のイメージがあります。

実は、ベートーベンブラームスのように、ドイツに生まれながらウイーンに移住して活躍した人が多い為の印象なのでしょう。

現代でもオーストリアのウイーンは、クラシック音楽の中心地的なイメージで音楽の留学生も多いと聞いています。

本日の裏話は、音楽の得意な分野のクイズ問題から、クラシック音楽の世界を覗き見してみました。

クラシック音楽は「堅苦しい」「気取っている」などの理由で敬遠する人も多いかも知れませんが……。

とは言え、年末になると恒例で「運命」の合唱を各地で聞く事が出来ます。やっぱりみんなクラシック音楽が好きなのですよ~。

年代によって意味が変わる言葉?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には「語源」の分類がありました。

語源を大きく分けると、日本古来の語源と外来語の語源があります。

日本古来の場合は、生活や習慣の歴史が解り、しかも地方色も出てくるので興味が持て、クイズ問題には恰好です。

一方、外来語の場合は「源語」を知らないと、難問の部類に属し正解は困難かも知れません。

従って、〇×問題のような選択しがあれば、運が良ければ正解出来る事になります。

第15回のグアム・突撃〇×泥んこクイズで、次の問題が出されていました。

問・ズボンは、足を「ズボン」と入れるところから、この名が付いた。〇か✖か?

答・✖

解説 ズボンは日本古来の衣装ではありません。従って外来語と理解すれば、多少は正解に近付けたでしょう。

これはフランス語でペチコートを表す「jupon(ジュポン)」がなまって「ズボン」になったのだそうです。

意味は知らなくても「ジュポン」と言えば、何となくフランス語っぽく聞こえるのが笑えますね。

日本語となった「ズボン」も、時代によって呼び名が変わってきました。

現代の若者はズボンを「パンツ」と呼んでいますが、これはジーンズのパンツ、ジーパンから浸透した言葉のようです。

一方、昭和時代の人間はパンツといえば下着のパンツであり、時代によって言葉の意味が大きく変化する典型的な例でしょう。

でも、スーツの場合は「上着」と「ズボン」のように使い分けているので、ズボンは死語ではありません。

日本語は、世界でも難しい言語の部類と言われています。年代によって表現が変わる珍しい例のご紹介でした。

衣装の中で、ズボンは流行に敏感で太くなったり細くなったり良く変化しますね。

それも裾、太もも、腰回りと部分を変えて流行が変わるので、その都度お直しをしていると原型が解らなくなってしまいます。

丁度11月は衣替えの季節。流行遅れのズボンやパンツは纏めて処分しましょう。

後生大事に、箪笥の肥やしにしても何の得にもなりません。箪笥も気分もサッパリ! 気持ち良く年末が迎えられますよ~。

 

 

なぜ、超易しい問題があるの?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、正解を知るのは当然として、解説の中にも薀蓄の楽しみが含まれていました。

学校の試験で記憶するコツに、短い言葉を暗記して年号や出来事を覚える方法は誰もが経験した筈です。

そんな経験を、懐かしく思い出す「超易しいクイズ」がありましたのでご紹介しましょう。

第16回のレイクパウエルで行われた「大声クイズ」での次の問題です。

問・「小の月」を表す「西向く侍(にしむくさむらい)」。この「侍」と呼ばれるのは何月のこと?

答・11月

解説 「何故こんな簡単な問題?」と思われるでしょうが、「大声クイズ」の形式だからこその問題です。

これは正解を大声で怒鳴らなければなりません。しかも一定の音量で叫ばないとウルトラ・ハットが立たないのです。

従って、挑戦者は全員が大声で「11月、11月、11月」と連呼し、その表情が面白いとの事で人気のクイズ形式でした。

レイクパウエルの広大な景色の中で、挑戦者たちの大声が虚しく吸い込まれていく画面は実に笑える風景でした。

処で、11月を何故「侍」と表現したのか? それがクイズとしてこの問題が採用された理由です。

漢字の「十一」をつなげると「士」との文字になり、士=武士=侍とこじつけたのだそうです。

小の月とは、陰暦で一カ月の日数が30日以下の月。即ち、二、四、六、九、十一の事ですね。

その他、三十一日まである一、三、五、七、八、十、十二月は大の月と日本人は呼んでいます。

この習慣は外国人には理解し難いことで、説明は更に難解なので日本語を余程理解していないと無理でしょう。

本日の裏話は「何故、こんなに超が付くほど易しい問題があるのか?」の番組事情のお話でした。

今日は、小の月の丁度真ん中の15日。何故か郷愁を感じる季節でもありますね。

「秋は夕暮れ……」と清少納言も枕草子の中で書いているように、日本が美しい景色になる季節でもありますね。

一方、北国では冬支度に忙しい季節でもあり、日本列島は広いので一言では表現出来ません。

十一月を一言で表すには西向く侍です、良い言葉ですね~。

 

 

語源の面白さ

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、日本語の語源を問う問題が時々出されていました。

語源は我々のご先祖様が、生きて生活する中から自然発生的に生まれたものが多く、昔の生活習慣が解ってきます。

日本人の歴史が解るだけに、クイズ問題としては恰好の分野と言えるでしょう。

そんな昔の暮らし振りが偲ばれる、典型的な問題が第11回のロスアンゼルスで出されていました。

問・火吹き竹で火を吹くために口をとがらせた顔をしているお面は何?

答・ひよっとこ

解説 語源の場合諸説ありますが、この場合は「火男(ひおとこ)」がなまって「ひよっとこ」になったの説が有力です。

日本人の昔の生活では、釜土や風呂の火は、火吹き竹でフーフー息を吹きながら火の調節をしていたのですね。

その時の顔が、口を尖らせ滑稽に見えたところから、お面の顔になったのでしょう。

日本のお面には鬼をはじめ、七福神や伝説の物語の主人公など多種ありますが、女性の「おかめ」と呼ばれるお面があります。

これは美しく無い女性を「おかめ」又は「お多福」と呼んでいましたが「おかめ」と対で「ひよっとこ」も表現されています。

お面は昔「能楽」やお芝居で使われる事が多く、現代では多種のお面が玩具として作られ、老若男女に愛用されています。

本日の裏話は、語源の問題から日本人の昔の生活を振り返り、顔の面白さとお面の関係についてのお話でした。

顔の人気は時代によって異なります。「お多福は幸せそうだ」など、現代では顔の評価も変わって来ています。

「ひよっとこ顔も愛嬌がある」とイケメンより持てるかも、ってな事は有りませんね。やっぱりイケメンの方が勝ちなのかな~。

 

 

 

アメリカ横断!ウルトラクイズの裏話