カテゴリー別アーカイブ: 未分類

金閣寺の面白情報です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識の中でも、難易度が有って上、中、下の三段階に分け、クイズのスタートは易しい問題を連続して出していました。

要は、挑戦者の全員が正解出来るように、早押しボタンの競争です。つまり、番組の勢いが付くので視聴者も引き込まれます。

やがて、中程度、難しい問題、とレベルを上げていくのが我々の問題配列のパターンでした。

但し、易しい問題でも誤答する人は出て来ます。問題を読んでいる途中に、先を読んで答る人が居るのです。

そんな時は「最後まで聞いて」とMCの福留さんが、注意をするのですが、毎回こうしたそそっかしい挑戦者がいました。

本題に入ります。日本人の一般常識で難易度の高い典型的な問題をご紹介しましょう。

第10回のアトランタで出された次の問題です。

問・金閣寺を建てた足利義満と義持。その時代の文化を何と言った?

答・北山文化

解説 公家の伝統的な文化を吸収した武家文化で、義満が建てた山荘が京都の北山に有ったので、北山文化と呼ばれていました。

金閣寺は1,397年の建立なので「室町文化」或いは平和な時代の象徴で「元禄時代と勘違い」元禄文化の誤答も予想していました。

この「北山文化」を正解した人は、少なくとも金閣寺に興味を持ち、更なる設問でも正解出来る知識があったでしょうね。

学校の試験のように「金閣寺を作った人は誰?」「造った時代は何時?」のような表面だけの知識では勝てない番組でした。

処で、日本は英語でジャパンと訳されています。この語源は金閣寺にあったのをご存知でしょうか?

あの「東方見聞録」のマルコポーロが中国の東にある島国は「黄金の国」(ジパング)との記事を書いたのです。

彼は日本来たわけでも無いのに、中国人の噂で「金閣寺」の話を聞き日本に金で作られた家があるように大ボラを吹いたのです。

その噂を信じた航海者が、競って日本へやって来たのが室町時代でした。オランダやポルトガル、スペインなどです。

種子島の鉄砲伝来など、西洋の文化が次々と輸入され、戦国時代の戦に飛び道具が加わったのです。

特に、当時の覇者だった織田信長は西洋かぶれで、ワインを愛用したり服装でも洋服を着るなどドラマでお馴染みの姿ですね。

本日の裏話は、金閣寺のクイズ問題から日本(ジャパン)の語源まで、金閣寺に纏わるオモシロ情報のご紹介でした。

日本へやって来る外国人観光客が楽しみにしているのは、フジヤマと、京都と言ったところでしょう。

その京都の目玉と言えば、有名な寺院は数々ありますが一際輝いているのは「金閣寺」ですね。

現在は、国内旅行も難しい時代です。でも「コロナ騒動」が収まった暁には好きな土地で好きな食べ物を遠慮なく食べた~い!

その時にはやっぱり京都は良いですね~。

 

お伽の国の問題です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

クイズは知識を競うゲームなので、日本の事だけでなく世界の一般常識も知識として蓄えなければ勝ち進む事は出来ません。

挑戦者の皆さんは、自分の知識に自信があるので内外の一般常識は十分に知っているという自信家が多かったですね。

そんな皆さんが、競って早押しボタンを押した世界の常識問題をご紹介しましょう。

第6回のニューオリンズで出された次の問題です。

問・ヨーロッパの小さな国、バチカンは市国。ではモナコは?

答・公国

解説 モナコは世界で二番目に小さい山と海に囲まれた国で、カジノや観光、F1のモナコ・グランプリで有名でした。

当時の君主はレーニエ大公で、一九五六年にハリウッドの人気女優グレース・ケリーと結婚し世界中の注目を集めました。

グレース・ケリーが愛用したハンドバックは「ケリー・バック」と呼ばれ、バックとしては最高級のブランド品になりました。

即ち、世界中の贅沢な女性達が競って購入。そのために価値感が上がり庶民には手の届かない高級品になったのです。

レーニエ大公もグレース王妃も共に故人となりましたが、昭和の時代の夢のような物語でした。

モナコのF1グランプリは、狭い山道と市街地を猛スピードで走り抜けるレースで、ファンなら一度は観戦したい戦いでしょう。

本日の裏話は、世界の小国「モナコ」のクイズ問題で、現代のお伽の国のお話でした。

お伽話では「シンデレラ物語」がありますが、グレース・ケリーは正に二〇世紀のシンデレラ姫と言えるでしょう。

昨年から世の中は「コロナ騒動」で、暗い雰囲気に包まれていましたが、今日は久々に明るい夢物語を紹介出来ました。

現代の若者には想像出来ないでしょうが、皆さんの両親や祖父母の時代には、こんな夢物語が存在していたのです。

人間は、長生きすると様々な出来事に出会います。健康に気を配り、日本人は益々長寿の国へ突進しましょう~、と。

 

歌のクイズ問題のコツは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本人ならば誰でも知っている常識、これを知らないとなれば周囲から「バカ者」扱いされてしまうので大変です。

とは言え、中には常識の「盲点も有り」挑戦者は油断禁物,火がボウボウで緊張する事でしょう。

第4回のソルトレイクシティで、常識の盲点とも言える問題が有りました。

問・お馴染みの民謡「木曽節」に使われる合いの手 ”ヨイヨイ”と、あと一つは?

答・ナンジャラホイ

解説 ♬木曽のナー中乗りさん、木曽の御嶽山はナンジャラホイ夏でも寒いヨイヨイヨイ♬、お馴染みの民謡です。

この歌を瞬時に思い出せれば、誰でも知っている常識ですが、でも、民謡の歌詞が瞬間に頭に浮かぶのは至難の技でしょうね。

一見すると易しい問題も、出題の方法では難解に思える事もあり我々はそうした「盲点」的なクイズも創っていました。

日本中の大学に出来た「クイズ研究会」では、こうした問題の時には先ず早押しで回答権を得る事。

次に落ち着いて、頭の中で歌詞を思い出しながら「答える」という練習をしていた、と我々に教えてくれた挑戦者がいました。

当時のクイズ研は、我々スタッフにとって油断の出来ないライバル的存在だったのです。

とは言え、クイズ番組を盛り上げる存在として、大切な仲間だったとも言えます。

昔の話とは言え、クイズ好きの皆さんにとっては「視聴者参加のクイズ番組」の良い時代でした。

本日の裏話は、誰でも知っている「民謡」の歌詞を問うクイズ問題から、ウルトラクイズの良い時代の思い出でした。

知識を競うクイズは、人間の楽しい遊びです。従って現代もクイズに名を借りた番組が各テレビ局に存在します。

解答者はクイズに強い有名人だったり、お笑い芸人などがほとんどで視聴者参加番組が少ないのが残念です。

テレビ朝日の日曜日、「アタック二五」が長寿番組で検討中ですが、この先も長寿の記録を伸ばして下さい。

ウルトラ・クイズが放送されていた時代のライバルでしたが、昔のクイズ仲間として応援していま~す。ガンバレ!

 

 

 

 

神話のお話で~す

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

クイズですから、日本だけに限らず世界の常識につても知識を蓄える必要があります。

歴史、経済、文化など世界の出来事を豊富に蓄積すれば、勝ち残るチャンスが増えるのは当然でしょうね。

第6回のワシントンの準決勝で、世界の常識とも言える問題が出されていました。

問・ギリシャ神話に出て来る地上最初の女パンドラが「災いの詰まった箱」を開いた時、唯一残ったのは何?

答・希望

解説 パンドラの箱は、天からもらった箱で災害や病気などが詰まっていました。

箱を開けた途端、災害や病気などが飛び出したために急いで蓋を締めたので、希望だけが残ったとの神話です。

「希望」も一緒に飛び出さなくて良かったですね。仮に飛び出していたら、世の中は地獄状態になってしまったでしょう。

世の中の「森羅万象が」箱には詰められていたのですね。最初に箱を開けなければ、世界は永遠に平和だったという事ですね。

でも、世の中には悪い事もあり、それを防ぐ知恵が人間に生まれ発展したので、逆に考えれば開けたのも正解かも知れません。

物は考えようで「ギリシャ神話」は、実に良く考えられた物語と言う事が解ります。

我が国にも「日本神話」が存在し、これも神様の時代から世の中の流れを伝えているので人類の考えは似ていますね。

本日の裏話は、ギリシャ神話の「パンドラの箱」に関するクイズ問題から、箱の中の話でした。

「パンドラの箱」の言葉は多くの人が知っています。でも、中味の話までは知らなかった人もあり盲点となっていたのです。

本日の裏話は、ギリシャ神話の問題から「パンドラの箱」のお話でした。

「ギリシャ神話」も「日本神話」も神様が世の中を創造したという共通点があり、人間の考えは似ているものですね。

現在は、世界中が箱から飛び出した「コロナ菌」に混乱されています。

地上に登場した人間は「アダムとイブ」と伝えられているので、箱を開けた女は「イブ」と言う事でしょう。

彼らは「禁断の木の実」(りんご)を食べたり、神様の教えを守らない話が多く、正に人間のご先祖様らしいですね。

久しぶりに「神話」を紐解くと、結構楽しいので皆さんもいかがですか? 何故か童心に戻った気分で爽快で~す。

 

日本の食文化は多彩です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識は、日本人なら誰でも知っている知識と解釈すれば、皆が知っているべき事ですが、中には知らない人も居ます。

また、知っていたけれど忘れた人も居るでしょう。或は、瞬時に思い出せない人など様々です。

多分、知っているけれど瞬時に思い出せない問題をご紹介しましょう。第7回のハワイで出された問題です。

問・マグロの刺身、赤身はツゲ、では腹は何?

答・トロ

解説 一般に脂の多い腹肉は「大トロ」「中トロ」などと呼ばれ値段も高く、美味しいので好きな方が多いようです。

トロは知っていたけれど「腹の肉だったのか」との方に取っては、盲点だった問題ですね。

寿司は日本の代表的な料理で、現代では世界中に「寿司の店」が進出し人気を呼んでいます。

最近のニュースでは、タイ国に回転寿司の店が進出し、オープンの日には長蛇の列が出来た様子が報じられていました。

店員さん達は、寿司の基本的な知識を一週間で学び開店の日を迎えたそうです。

もっとも寿司は全部機械が握り、店員さんは握られた米の上にネタを載せるだけの仕事でした。

日本の寿司職人の修行は、そんな生易しいものではありません。一人前の職人になるには最低一〇年はかかると言います。

それだけに値段も他の飲食店より「高い」と言うのが日本人の常識と言えるでしょう。

本日の裏話は、寿司のマグロに関するクイズ問題から、現代の寿司に関する世界の事情に話が及びました。

そう言えば、コロナ騒動で一年以上も家族の外食を控えたご家庭が多い事でしょう。

寿司はスーパーでも売られていますが、でもやっぱりお店へ行って職人さんの握るのは味が違いますよね~。

結論はいつもと同じで、「コロナ騒動」が早く終わらないかです。その時には日本人なら先ずは寿司屋さんへ。

えっ?「そば屋が先だろう!」「天ぷら屋だ~」。確かに日本には美味しい外食屋さんが多く、我々は幸せな国民でしたね~。