日本初の女医さんは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、日本の様々な歴史が解ってきます。

そんな中で、私自身が気になる問題を発見したので、本日はこの問題に関して説明したいと思います。

第6回のサイパンで、次のような問題が出されました。

問・シーボルトの娘、オランダおいねは、今でいう何科の先生?

答・産婦人科

解説 ドイツ人医師シーボルトとその愛人其扇(そのぎ)の間に出来た娘がおいねです。

「楠本イネ」の画像検索結果

彼女は父の跡を継いで医学を学び、日本初の産婦人科医になりました。ところが、日本初の女医は荻野吟子と楠本イネと2人の名前があります。

「荻野吟子」の画像検索結果

荻野吟子は、日本初の医師試験に合格した女性である事は良く知られた事実です。それなのに、何故二人の名前があるのでしょう?

実は明治維新の前から、楠本イネは医師として実際に活動していたのですね。勿論、当時は医師の国家試験などは無かった時代なのです。

そうした時代背景が、2人の女医さんの名前が出た理由でした。

処で、私が荻野吟子さんに興味を持ったのには、個人的な理由が有りました。実は、私の住むマンションの目の前には「荻野吟子旧居跡」との看板があるのです。

つまり、明治時代に彼女が開いた病院の跡地に、私は現在住んでいる訳で、興味を持って彼女の履歴を調べて見ました。

彼女は大変な努力家で、多くの苦難を乗り越え、医師試験に合格した立志伝中の人物だったのでした。

その位ですから、朝ドラのモデルにもなったとの噂もありましたが、番組宣伝の為に流されたデマかも知れません。

本日は、クイズの定番「日本初の…」の女医さん版のお話でした。

困った時の神頼み

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は日本人の知っている知識を基本に作られていました。

更に範囲を広げ、世界の知識に関する問題もありました。

クイズは知識を競うゲームですから、幅広く知識を蓄積した人が有利なのは当然ですね。

但し、普通のクイズ番組と異なるのは、知識だけでなく知力・体力・時の運も加味されるため、運も必要なのが特徴でした。

それは兎も角、日本人の知識で知っておきたいのは、昔からの習慣、伝説など暮らしに関する知識でしょう。

第8回のリノで、そんな歴史的な習慣についての典型的な問題が出されていました。

問・京都三大祭りの一つで毎年七月に行われるのは何祭り?

答・祇園(ぎおん)祭り

解説 本祭を7月17~24日まで行う日本を代表するお祭りです。

因みに三大祭りの残る2つは5月の「葵祭り」10月の「時代祭りで、それぞれ日本中から見物客が集まっています。

「祇園祭 2018」の画像検索結果

祇園祭りは869年に疫病が流行。これを防ぐ目的で「御霊会」を行ったのが始まりと伝えられています。

元々「祭り」は五穀豊穣を祈ったり、或は疫病の流行を防ぐため、神様にお願いをするのが始まりとの説が多いようです。

人間は古来から、困った時には神様にすがりたい、との気持ちがあったようですね。

諺にも「困った時の神頼み」との言葉があるくらいです。

でも、中には頼む時だけは熱心で、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で、後のフォローを忘れてしまう人も結構いるようです。

お世話になったらお礼参りをする、当たり前の行動ですね。でもこれを忘れる人が多いのです。こうした日頃の行いが人間の価値を決めてしまいます。

無責任な奴、と言われないためには、日頃の行いに十分気を配りましょう。

クイズの裏話がいつの間に説教臭くなってしまいました。これって、年寄りの特徴ですかね。反省の毎日ですが……。

年寄りに不満を言わせない世の中。これが理想の世界と言えるでしょう。

 

新幹線は問題の宝庫

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は「旬の出来事」から作られた設問が良い問題として扱われていました。

その視点で振り返って見ると、30年から40年前の問題が、現代でも通用する場合があります。

要は「歴史は繰り返す」で、昔と現代で同じような出来事が起こり、人々の関心が高まっているという事でしょう。

第7回の後楽園球場の第1次予選で、次のような問題が出されていました。

問・新幹線に踏切りはない。〇か✖か?

答・〇

解説 第7回の前の年、昭和57年に東北新幹線が開通しています。従って当時は新幹線は話題の乗り物で旬の話題でした。

それだけに、新幹線の細部に関する情報は恰好のクイズ問題になっていたのですね。

新幹線には、踏切が在るのか無いのかも当然興味の対象です。

因みに新幹線は旧国鉄時代の昭和39年に、東京~大阪間に開通した「東海道新幹線」が最初で、以後JRに引き継がれた後も全国に次々開通しています。

新幹線は時速250㎞を超すスピードなので、踏切は設置せずに高架か、沿線に高い柵を設置するなど人や車両が侵入出来ない構造になっています。

処が、6月14日九州の小倉駅を出発した東京行き「のぞみ176号」のボンネットが割れ、新下関駅に緊急停車しました。

「のぞみ176号事...」の画像検索結果

点検の結果、人体の1部が車輛の下から発見され、沿線には更に人体や衣類が散乱していたとの事故が発生しています。

未だに、事故か自殺か? 謎のままで人々の関心を呼んでいます。

新幹線は、日本の高度成長期のシンボル的な存在で、我が国が世界に誇れる科学技術の象徴とも言えます。

それなのに、新幹線内での無差別殺傷事件、ガソリンをまいての自殺騒ぎなど事件が多発しています。

一方、オリンピックを控え、テロリストのターゲットになり易いとの説もあります。そのため乗客のチェック方法が検討されています。

大人も子供も大好きな夢の新幹線。

本日の裏話は、クイズ問題の宝庫である新幹線を取り上げました。そして何よりも新幹線の安全神話よ永遠なれ!と願いたいものです。

易しい問題も誤答する?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には超易しい問題から、逆に専門家なら知っているような「難問」まで、幅が広い分野から出されていました。

とは言え、易しい問題でも時と場合によっては、正解が出ずに誤答や、答が頭に浮かばない事もあります。

例えば「ばら撒きクイズ」のように、走って問題を拾ってきて、そのまま問題を読まれても、設問が頭に入ってきません。

時間は刻刻と過ぎるし、MCは「どうした?」こんな問題が解らないのか? の調子で攻めてきます。

「ばら撒きクイズ」の画像検索結果

息は切れるし、頭の中は「真っ白」といった状況! 可哀想で気の毒な場面になります。

我々スタッフは、こうした場面を創るために頭を捻っていたわけですから、意地の悪い連中だったのです。

そんな中で、更に残酷なクイズ形式がありました。

1日のクイズが終わり、翌日までは解放されたと思うのが挑戦者達。その夜は飲んだり食べたりリラックスします。

夜も寝静まり、丑三つ時と言えば午前2時。ぐっすり寝込んでいる処を突然起こされ、1対1の早押しクイズ。

ほとんどの挑戦者が、寝惚けまなこで状況を把握できません。

そんな中で出されるのですから、易しい問題でも理解出来ないのは無理もありません。

第11回、グアムで行われた「深夜の襲撃・1対1早押しクイズ」では次のような超易しい問題でした。

問・仲良く親子3人が並んで寝るのは「川」の字。では1人で伸び伸び寝るのは何の字?

答・大の字

解説 人が手足を広げて上向きに寝た姿が、漢字の「大」の形に似ているので、このように表現されています。

挑戦者も、普通の状態で出された問題なら、文句なく早押しボタンを押した事でしょう。

でも、ぐっすり眠っている処を起こされ、いきなり「問題」と言われても、頭は回転しないのが一般的な反応でしょう。

ウルトラ・クイズが17年もの永い年月、皆さんに喜ばれたのは、このような馬鹿々々しい形式があちらこちらに仕掛けられていたからなのです。

知力・体力・時の運。知識だけではありません。

ウルトラ・クイズとは大人も子供も大好きな遊園地のような番組だったのです。

 

小さな疑問が面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、人々が常識として身に付けている知識が基本ですが、生活の中から自然に学んだ知識もあります。

生活は10人10色で、それぞれ異なるので、知識の幅も広く正解を聞いて「へー、そうなの?」と驚く場合があります。

この面白さを狙った問題が、第3回の後楽園球場で出されていました。

問・白ウサギの目は赤いが、黒ウサギの目は黒い。〇か✖か?

答・〇

解説 実際にウサギを飼ったり、学校で飼育を経験した人なら簡単に正解出来る問題でしょうね。

でも、ウサギを普通に眺めた程度の記憶では、「さあ、どうだったかな?」と迷いに迷ってしまうでしょう。

一般には、白ウサギの目が赤いのは記憶にある。でも、他のウサギの目までは覚えていない、と考えるのが普通です。

「白ウサギ」の画像検索結果

白ウサギには色素が無いので、血液が透けて赤く見えるのです。

これに対して黒や茶色のウサギにはメラニン色素があるため、黒又は茶色に見えます。

この種の、生活の中の盲点は「なるほどねえ」と納得感が得られるので、我々はこの種の問題を大切にしていました。

知っている人にとっては常識中の常識。でも、知らない人には新鮮な驚き、この極端な格差が、クイズ・ゲームの魅力と言えるでしょう。