ファッションの変化

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、世の中の歴史を垣間見ることが出来ます。

街の中で良く見る警察官の姿も、時と共に少しづつ変化しておりその姿をクイズ問題に取り上げた事がありました。

第11回、後楽園球場での1次予選での問題でした。

問・日本最初の婦人警官はズボンをはいていた。〇か✖か?

答・〇

解説 明治、大正、昭和の戦前までは、警察官は男性と決まっていました。

犯罪者を取り締まるのは、屈強な男性でなければ無理、との考えだったのでしょうね。

明治維新後、警察官は薩摩の武士階級が多かったとの記録が残っているようです。

処が、戦後は男女同権、女性でも鍛えれば男性顔負けの働きが可能だとの考えが出て来ました。

その結果、昭和21年3月、警視庁は初めて婦人警官を採用し、所轄に配属したのです。

その時の制服は、全てズボンでした。

その後は、世の中の流れに連れてスカート、パンタロン、キャロットなど様々な姿に変化しています。

婦人警官も、街中で住民と接する機会が多いので、当然ながらファッショナブルなスタイルが必要でしょう。

勿論、職業として、若い女性たちが憧れる雰囲気を持つ事が目的でしょう。

最近では、白バイの婦人警官を良く見かけますが、若い女性から見ても「カッコ良い~」と声援が飛びそうです。

本日の裏話は、ファッションの変化として婦人警官の変遷を覗いてみました。

交通違反でも、女性に優しい声で注意された方がホッとしますよね。違反者の立場では、婦警さん大歓迎!と言えそうです。

肉まんが美味しい季節です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、語源に関する知って面白い問題が、時々ありました。

中には「えっ、そうだったの?」と驚くような意外性のある語源があったりします。

そのような面白い語源は、普通は「話のネタ」「雑学辞典」など既成の書物からの引用が多いようです。

しかし、ウルトラ・クイズではそうした引用は避けるようにしていました。

何故なら、クイズの問題作家は、出典を明記する事が義務付けられており、雑学本からの引き写しは禁じられていたのです。

従って面白い問題は、自分で発想した問題に多く、出典も「発想」と明記しなければなりません。

クイズ問題作家が、疑問に感じた事を調査し、その中から面白い情報を拾い上げて、問題にしていたのです。

第13回のロサンゼルスで、次の問題が出されていました。

問・中国で人間のいけにえの代用品として作られたといわれる食べ物は?

答・まんじゅう

解説 饅頭の中でも、肉まんじゅうを生贄の代用品として作り、川に流したのが始まりと言われます。

「三国志」によれば西暦225年、諸葛孔明が南蛮を平定し、引き揚げる旅で濾水(ろすい)という大河にさしかかった。

すると河が荒れ狂い、渡れない状況になったのです。

土地の伝説では、この河には荒神がいて49個の人の首を捧げなければ静まらないという。

孔明は合戦で、多くの兵が死んだ。これ以上の死者は出せないと考え、料理人を呼び出したのです。

小麦粉をこねて、人間の頭の形を作らせ中に牛や馬の肉を詰め、饅頭を作らせたのです。

これを河に供えたところ、氾濫は鎮まり軍勢は河を渡る事が出来た、と三国志に記されていたそうです。

これから寒くなって、ホカホカ湯気の立つ肉まんじゅう。まさか元をただすと、生贄の人間の頭だったとは意外性は抜群!

この辺が、語源としては面白いですね。

本日の裏話は、みんなが大好きな肉まんの思わぬ語源のお話でした。今後は中身の肉をしっかりと噛みしめましょう。ヒヒヒ……。

 

時の流れは無情です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、時の流れが人々の人生を左右する事が解ります。

人間は有名、無名を問わず、時と共にそれぞれの人生が進行するのは当然です。

そんな中で最近、ある有名人の人生が週刊誌や新聞テレビ等、マスメディアで取り上げられ話題になりました。

その有名人が誰かを問う問題が、第16回のグアムで出題されていました。

問・バルセロナ・オリンピックの競泳で、オリンピック最年少の金メダリストとなった女の子は誰?

答・岩崎恭子

解説 女子200メートル平泳ぎで、2分26秒65のオリンピック新記録を出し、史上最年少の金メダリストになりました。

当然、世界中の注目を集めた訳ですから、日本国内では知らない人が無いくらいの有名人となりました。

バルセロナ・オリンピックは26年前ですから、当時中学生だった岩崎恭子ちゃんも40歳の中年女性に成長しています。

スポーツ解説者として、メディアにも時々登場するなど順風満帆の人生を歩んでいるように見受けられていました。

一方、私生活ではラグビーの日本代表選手と結婚し、1児の母でもありました。

その彼女が、夫と離婚。しかも不倫騒動となり、最近ではメディアを賑わせているのです。

人生は「山あり谷あり」と言うものの、大変な人生を歩んでいる事が判明しました。

昔の歌謡曲に、時の流れに身を任せとの歌がありました。時の流れは無情なものです。

でも、当時14歳だった恭子ちゃん。その後はスポーツ解説者として立派な仕事をこなしてきたのです。

確かに不倫は女性ファンに敵対視される立場です。とは言え、夫と離婚、更に不倫相手とも縁を切ったと説明しています。

となれば、一度の過ちは許してあげたいと思いませんか? 2年後のオリンピックには彼女の解説を聞きたいものです。

本日の裏話は、時の流れの話題として、クイズ問題に取り上げられた有名な女子中学生の人生の一端をご紹介しました。

岩崎恭子ちゃんには、今後もスポーツ解説者として頑張って欲しいと思います。間もなく東京オリンピックですから……。

 

 

誤解されたお祭り騒ぎ

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、人々の生活、習慣、歴史、行事などを問う設問が多数ありました。

その中には、真の目的を知らずに誤解して伝わったものが、結構あります。

最近で言えば、今月東京の渋谷で大騒ぎとなった「ハロウィン」のバカ騒ぎがありましたね。

元々は、毎年10月31日に行われる古代ケルト人のお祭りが、ヨーロッパ各国で引き継がれたようです。

また、アメリカでは1,620年メイ・フラワー号で移住した清教徒が開拓の最初の収穫を感謝し毎年11月の第4木曜日と定めました。

これが感謝祭(サンクスギビングデイ)の始まりでした。

当初は、家族が揃って休養し、七面鳥を食べて感謝する静かな日だったのです。

それが、何時の日かカボチャの仮面で愉しむ子供達の行事へと発展したのです。

その関連問題が、第4回のイエローストーンで出されていました。

問・感謝祭に供えるパイは、何のパイ?

答・カボチャ

解説 カボチャのパイを作る時、中味をくり抜いてパイのキジにしたので、残された硬い皮で仮面を作り子供達が遊んだのです。

これが、ハロウィンの仮装パーティーの始まりでした。

その仮装部分だけが、日本の若者に伝わり、各地で仮装のお祭り騒ぎとして発展したようです。

何故かお祭りとなると、東京渋谷のスクランブル交差点に日本全国だけでなく、世界からも人が集まって来ます。

サッカー観戦でも、みんなで見れば仲間として楽しめるとの心境なのでしょうか?

処が、別のグループと喧嘩騒ぎになり、傷害事件で逮捕者まで出る始末です。

ハロウィンでは、仮装した人だけでなく見物にやって来る野次馬が多く、翌朝まで大騒ぎをして問題になっています。

渋谷区では条例を作り、来年の騒ぎを防止する為の対策を立てるなど苦労しています。

元々は静かな感謝祭が、何時の間にか迷惑なバカ騒ぎへと変貌した訳で、神様もさぞ驚かれた事でしょう。

本日の裏話は、東京・渋谷のスクランブル交差点の不思議な吸引力を覗いてみました。

これも、IT時代でSNSのなせる技でしょうかね。

 

秋の味覚です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の知っているべき常識が中心に創られていました。

常識ですから、歴史、習慣、行事を初めとしてあらゆる分野に目を向けなければなりません。

日本人の常識に加えて、世界の常識も必要です。従って知識の幅が広く、厚さも深いほど有利なのは言うまでもありません。

クイズは知識を競うゲームですから、幅が広く、奥行きも深い人ほど勝つチャンスがあります。

そうした中で、知識の深さを測るような食べ物の問題が、第6回のダラスで出されていました。

問・「きぬかつぎ」とは、皮のまま何をゆでたもの?

答・さといも

解説 知識の深さを測る、などと言うほど大袈裟な知識ではありませんでしたね。

日本人にとっては、単なる秋の食べ物の一つで、知って得する知識と言うほどのものではありません。

とは言え、この語源まで知ってれば深い知識と言えるでしょう。

平安時代、高貴な女性が外出する時に、薄い絹の布で顔をすっぽり隠す習慣がありました。

この布を「きぬかつぎ」と呼んでいたのです。

白い顔が布から少し見える姿が、里芋の皮をむいた状態に似ており、この様に呼ばれたのです。

即ち、きぬかつぎは平安時代の貴族達が食べていた、高貴な食べ物だった事が解ります。

外国で、里芋をこの様な方式で食べる国民は無いでしょうが、日本人の先祖は食べ物にも凝っていた事がわかります。

同じように、イスラム教の国々でも、女性が外出する時には黒いベールで顔を隠しますが、関連した食べ物はありませんね。

女性に対する評価も、現代と平安時代では大きく異なります。

現代で「イモ姉ちゃん」はセンスの悪い不美人ですが、平安時代は大違いでした。

里芋の白さのように、色白の高貴な美女と評されていたのです。

本日の裏話は、日本人の風習から、言葉の成り立ちと多少深い部分を覗いてみました。

秋ですから、きぬかつぎを食べる時に、この蘊蓄を語るのは如何でしょう?「また、知ったかぶり?」と言われそう……。