万里の長城の七不思議?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題に限らず、日本一、世界一など一番を問うのはクイズの定石と言えます。

定石という事は、その事を問うだけでなく、それに関する知識を多く記憶していれば、それだけ有利になるのは当然ですね。

その典型的な世界一に関するクイズ問題が、第6回のニューヨーク決勝で出されていました。

問・秦の国を建て、万里の長城を築いた、中国の皇帝は誰?

答・始皇帝

解説 万里の長城は世界一長い建造物として有名で、現在も世界中から観光客が訪れている中国の目玉観光地と言えます。

歴史的には、紀元前214年に始皇帝によって建設されたもので、その長さは6,259・6㎞とされています。

2,000年以上も昔に、よくその様な建造物を建設出来たものだ、と始皇帝の権力に誰もが驚きます。

しかし現実は、それより昔から権力者達は自分の国を守る塀として、長い城を建てるのが習慣になっていたとの説がありました。

始皇帝はその建造物を繋ぎ合わせて、一本の城にまとめた権力者であったとの説が有力になっているのです。

確かに、現代のような機材もない時代に人間の手だけで、あれだ けの建造物を創るのは不思議としか思えません。

同じでもエジプトのピラミッドは、制作の工程が科学的に証明されているので納得する方も多いでしょう。

七不思議とされていた万里の長城も、多くの権力者の合作で、一本に纏めたのが始皇帝との解釈は理解出来ます。

これが真実で、これからの歴史では不思議な事は何もないと理解するべきでしょう。

本日の裏話は、地球上で一番大きな建造物の不思議な謎の一端を覗いてみました。

因みに、時代と共に劣化している部分も多く、その辺は秘密の多い中国だけに詳細は不明だそうです。

これを外国人が調査するなど行動を起こすと、怖い事になるかも知れません。君子危うきに近寄らず孔子様も仰ってますね~。

日本の美しい習慣

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本の伝統的な習慣、行事、祭りなど日本人の常識を問うクイズが多数ありました。

日本独特のもの、外国にも同じような習慣や行事もありますが、本日は日本独自の習慣を取り上げたいと思います。

第11回のデビルスタワーで、次のような問題が出されていました。

問・お店に長年勤めた奉公人が独立する時、主人の屋号を分けてもらうのは何分け?

答・のれん分け

解説 屋号や商標等を共有しながら、円満な形で独する事を暖簾分けと言いました。

互いに、相手を信頼する人間関係で結ばれ、江戸時代に盛んに行われたもので日本人独特の美しい習慣でした。

処が、明治維新で世の中は大きく変貌、小売業だけに限らず、製造業からサービス業に至るまで、暖簾分けの言葉は残りました。

しかし、特許や商標登録など、権利に関する法律が細分化され、単純に人間関係では済まない世の中になってしまったのです。

現代の暖簾分けは、フランチャイズ制度と名を変えましたが、性質も大きく変貌しました。

こちらは本部のサポートを受けながら、独立する制度でリスクの少ない開業方法と言えます。

そのため本部との契約に逆らう事は絶対に出来ないのです。

そもそも暖簾とは、商号、技術、格式、伝統、顧客、仕入先などの有形、無形の財産を指します。

従って、一頃問題になったチェーン店の店員が、店内で悪ふざけの写真をSNSで公開するなどは許されない違反行為です。

勿論、契約解除で閉店になった店舗もある位です。

日本に根付いた、暖簾分けという人間同士の美しい習慣も、心無い若者によって危機に瀕しているのが現状です。

中には、暖簾分けで全国的に広まったラーメン店のように、連日行列の続くお店も有り、頑張って欲しいものです。

本日の裏話は、日本に古くから存在した暖簾分けの習慣も、現代では大きく姿を変えてしまったとのお話でした。

昔からの屋号で、蕎麦屋さん、すし屋さんなど全国的に同名のお店がありますね。

こちらは、元祖、本店などの看板を抱えて頑張っています。果たしてこの看板、本当なのでしょうか?迷ってしまいますね~。

 

3種の神器は奥が深い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の誰でもが知っている常識が中心に作られていました。

常識なので、義務教育で学習した事柄が多いので、記憶力が確かならば正解する確率は高いと言えます。

今年は平成から令和に元号が変わりましたので、天皇家に関する報道がテレビで盛んでした。

この事によって、今まで知らなかった知識を増やす事が出来たし、また学習した事を思い出した方も多かったと思います。

そんな天皇家に縁の問題が、第15回のニューヨーク決勝戦で出されていました。

問・天照大神の姿を映したため、その御霊として祀られるようになった鏡は何?

答・八咫鏡(やたのかがみ)

解説 義務教育では、勾玉(まがたま)、鏡、剣を3種の神器と習い、歴代の天皇が継承する伝説の宝です。

令和元年の5月1日、継承の儀が行われテレビ中継もありました。この時は宮内庁の係管が神器のケースを運んでいました。

従って、中味の勾玉、鏡、剣は映像として披露されていません。それどころか、3種の神器を見れる人は存在しないのです。

実は、歴代天皇の寝室の隣の部屋に置かれているものの、天皇ご自身もこれを見る事が出来ないのが皇室の伝統なのだそうです。

理由は割愛しますが、神世から続く天皇家の伝統で、3種の神器を持つものが「天皇である証」という事になります。

日本神話では、天照大神が岩屋に閉じこもり、闇夜になってしまい、扉を開けてもらおうと神々が大騒ぎをしました。

何事か? と天照大神が扉を少し開けたところ、鏡を差し出しご自身の顔を映し出したのが八咫鏡だったとの伝説です。

従って、八咫鏡は天照大神の御霊として祀られるようになったという伝説でした。

本日の裏話は、3種の神器の「鏡」にまつわる伝説を少々覗いてご紹介しました。

それにしても、あの有名な3種の神器の実物を見た事のある日本人は一人も居ないのだ、とは驚きでした。

となると、日本神話をもう一度読み返したくなりませんか? なんせ日本一古い物語ですから、面白い事間違いありませんよ~。

 

菌の中にも有用な菌も多い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は老若男女誰でもが答えられる問題が中心でした。

テレビを観ている視聴者の皆さんが、全員クイズに参加出来る番組を目指し、全員参加の精神で問題創りをしていました。

第16回のハワイで、医療の専門家でなければ知らないようで、実は誰でも答えられるような問題がありました。

問・母乳で育てられた乳児の腸から発見されたもので、老化を遅らせ、ビタミンBなどを作り出す体に良い菌は何?

答・ビフィズス菌

解説 世の中では、健康食品が一種のブームになっていますが、その中心的な菌がビフィズス菌でしょうね。

この菌は、1,899年にフランスのパストゥール研究所で発見されました。

母乳で育った赤ちゃんは、ビフィズス菌で免疫が出来るため丈夫になるとの研究発表です。

この事によって、世界中の母親達は母乳で我が子を育てる傾向になったのです。

また、それ以外にも健康食品にビフィズス菌が利用され、その代表的な例がヨーグルトでしょう。

腸内環境を整え、腸内フローラという言葉が使われ、腸の中をお花畑のようにすると便秘が防げるとの事です。

また、ヤクルトのように特徴的な小型の容器で、会社や個人宅などを毎日回り配達、販売し販路を広げた成功例もあります。

販売員はヤクルト・レディーと呼ばれ、健康への効果などを直接説明出来るし、客も安心し世界的な市場となっているようです。

健康で長生きしたい、誰でもが願う事だけに、そんな要素を持ったビフィズス菌は頼みの綱とも言える存在かも知れません。

我々は「菌」と聞くと病原菌だけを想像しますが、味噌や醤油などを作る酵母、キノコ類など有用な菌も多いのです。

本日の裏話は、人々が忌み嫌う病原菌とは別に、人間の健康に役立つ「菌」も沢山あるとのお話でした。

そう言えばスーパーへ行くと、ヨーグルトだけでも実に多くのメーカーから多種の製品が出ています。

日本の高齢化は社会問題ですが、有用菌ファンがこれだけ多いとの現実は、益々高齢化が進むのですね~。ウン、頑張ろう!

 

 

歴史に残った泥棒達とは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、森羅万象の知識を問うので、知識の幅が広い人ほど有利なのは当然です。

見たり、聞いたり、読んだりと知識を得る方法は様々ですが、その知識を記憶しなければ役に立ちません。

そんな中で、日本史や芝居の知識が混在した問題が、第12回のパシフィカで出されていました。

問・大泥棒・石川五右衛門が「浜の真砂」より数が多いといったのは何?

答・盗人(ぬすっと)

答・石川五右衛門は安土桃山時代に実在した泥棒で、1,594年京都の三条河原で釜茹の刑で処刑されています。

幼い息子も同時に処刑! との判決でした。

この時の様子が、あまりにも壮絶だったので、後世の芝居などで取り上げられ広く知られるようになりました。

辞世の句は「石川や 浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」と詠んでいます。

日本の歴史で、泥棒の処刑の状況が残されているのは珍しい事で、大泥棒の元祖と言えるでしょう。

因みに泥棒で有名な人物は、日本駄衛門をボスに弁天小僧菊之輔、忠信利平、赤星十三郎、南郷力丸の「白波五人男」。

尤も、こちらは歌舞伎の演目で架空の人物です。

実在の大泥棒としては、江戸市中を賑わせた義賊「ねずみ小僧治郎吉」がいます。

彼は、大名や武家屋敷で盗みを繰り返し、貧しい庶民に施していたとの伝説があり、墓も両国の回向院に実在します。

彼が長年捕まらなかった「幸運」にあやかろうと、墓の前にある石を削ってお守りにしている人も大勢います。

鼠小僧次郎吉は、義賊だけに人間的な魅力があったのでしょう。

芥川龍之介、大佛次郎、吉行淳之介、直木三十五、菊池寛など日本を代表する作家が小説に書いています。

また、彼を主演に映画化やドラマ化の作品も多数あり、泥棒の人気スターと言ったところです。

本日の裏話は、日本の泥棒列伝になってしまいました。

石川五右衛門も、鼠小僧次郎吉も犯罪者には違いありませんが人間的には憎めない魅力があったのですね~。