科学の発展に大貢献した学者

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、森羅万象の知識を競うため数多くの知識を持つ挑戦者が優勝していました。

森羅万象の知識は、幅も深さも広いので学校で習う知識だけでは収まらず、中には専門家の知識まで幅を広げる人までいました。

そんな難易度の高い問題でも、競って早押しボタンを押す挑戦者が多数いました。

第16回のレイクパウエルで出された、難問をご紹介しましょう。

問・今年、没後三五〇周年を迎え、太陽の黒点の発見でも知られるイタリアの科学者は誰?

答・ガリレオ・ガリレイ

解説 一六〇九年にオランダで発明された望遠鏡を改良し、これを天体望遠鏡とし太陽の黒点を発見しました。

その他、月面の凹凸を発見、そこは海との考えを示した他、木星の衛星を三つ発見。天文学の父と称されています。

この事によって、コペルニクスの地動説を認めたため、一六三三年に宗教裁判にかけられたのです。

学者の考えも、時の権力に逆らえば裁判にかけられ有罪になってしまいます。

ガリレオ・ガリレイは「それでも地球は回っている」との自説を変えず「名言」となって後世に伝えられました。

一方のコペルニクスは「天動説」に代わって、地球が太陽の周りを回っているという「地動説」を唱えた天文学者です。

宗教上の教えから、これは神の考えに反するとし1616年にローマ教皇庁は「地動説」を禁じました。

コペルニクスのように、従来の考え方を完全にひっくり返す画期的な考えを「コペルニクス的発想」といいます。

現代の文明、文化の世界ではこの「コペルニクス的発想」が重要視され、産業界でもそうした人材が求められていますね。

そう言えば、地球が丸いとの発見があったからこそ、大航海時代がやって来てコロンブスのアメリカ新大陸発見があったのです。

その結果、アメリカ合衆国が誕生黒船が下田にやって来て日本の歴史も大きく変化しました。

という事は、ガリレオ・ガリレイとコペルニクスは世界の運命を大きく変えた大科学者という事が解りました。

本日の裏話は、天文学者のクイズ問題に端を発し、世界の運命は進化・発展しているとのお話でした。

「コペルニクス的発想」実に素晴らしい言葉ですね。この発想で世界が抱えている「コロナ騒動」を解決出来ないでしょうか?

本日も又、同じ問題に辿り着いてしまい、困った時代で~す。

 

 

家族の記念日の意味

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人なら当然知っているべき常識を中心に作られていました。

「知っているべき」とは言え、出題と同時に思い出せる人と、一瞬考えた後に思い付く人が居てクイズはこの両者の戦いです。

良く考えれば、誰でも思い付く問題は「易しい」と我々は分類し各チェック・ポイントに配分していました。

その代表的な問題が、第10回のモニュメントバレーで出されていました。

問・父の日、母の日、子供の日。一番最初に来るのはどれ?

答・子供の日。

解説 子供の日(五月五日)。母の日(五月の第二日曜日)父の日(六月の第三日曜日)。

今年の「子供の日」と「母の日」は既に済んでいますね。残るは来月の「父の日」だけ。

でも、一家の大黒柱である「父の日」が何故一番最後なのでしょう? 納得出来ないお父さんもいるのではないでしょうか?

それに対しては、重要な人は「トリを取る」との寄席や会合での挨拶の日本の習慣だ、と考えると納得がいくように思います。

例えば、結婚式の挨拶でもトリを取るのは「主賓」である一番大切な人、と日本の仕来たりでは決まっていました。

この順番を間違えると、昔は怒って帰ってしまう人が居たくらいで、式の幹事さんは大変気を配ったくらいです。

最近の若い人は、この様な日本の古い習慣を知らずに、適当に挨拶の順番を決めたりしているようです。

とは言え、結婚式ともなると両家の長老的な年配者も参加しますので、挨拶の順番は仕来たりを守った方が良いと思いますよ。

もっとも、その様な苦言をいう年配者は少ないのが現実です。何故なら「年寄りの冷や水」との諺があるからです。

余計な事をべらべら喋るお年寄りは、昔から嫌われる条件でしたからねえ。

本日の裏話は、家族の記念日のクイズ問題に関連して「父の日」が一番後になる理由のお話でした。

日本には「余計な事は言わない」との文化があります。平和に暮らすには「他人の事は気にしない」のが一番。

結論として、会社でも学校でも「他人の噂話はしないこと」。これは面白いけれど仲間に嫌われる最高の要素ですからね~。

 

熱戦の難問は面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、チェックポイントを重ねる毎に難しい問題になるように配分していました。

特に、決勝戦や準決勝ともなると、強い挑戦者の戦いになるのでテレビの視聴者も分からない難問が結構ありました。

そこまで進んだ挑戦者には、優勝は誰?の興味も有り、ファンも付いている人も多くいました。

「映画」「スポーツ」「文学」など得意分野を持っている場合もあり、細部の知識も豊富で正解には驚きの声が上がりました。

第13回の準決勝は、番組史上一番の接戦で当時話題になりましたが、映画の難問に答えた強者がいました。

問・映画「ミクロの決死圏」で、体内に入った乗組員が出てきたのはどこから?

答・目

解説 この映画は1,966年に制作されたアメリカのSF映画で、世界的な大ヒット作品でした。

体内には頸動脈から入り、涙腺から脱出しました。

映画の内容は以下の通り。物質をミクロ化する技術が研究されミクロ化は成功。但し一時間を超えると元に戻ってしまいます。

この限界を克服した科学者が東側にいました。彼をアメリカに亡命させますが、敵側の襲撃を受け意識不明になります。

当時の世界は米ソ両国に2分され、東側と言えばソ連で、事ある毎に競い争っていました。

科学者の生命を救うには、医療チームを乗せた潜航艇をミクロ化し体内に注入。脳の内部で治療するしかありません。

果たして、一時間のタイムリミット内にチームは任務を遂行し体内から脱出出来るのか?

奇想天外なアイディアに加え、人間の体内を移動する潜航艇の特殊撮影。更にスリルとサスペンスで映画ファンを沸かせました。

本日の裏話は、番組史上一番の準決勝と言われた第13回のボルチモアで出された、映画問題の超難問のご紹介でした。

一般に「SF作品」は、宇宙人やUFOと思いがちですがサイエンス・フィクションなので、この種のアイディアも面白いですね。

昔はSF小説と思っていた事柄が、次々と実現し人々の夢が実現しているのが現代です。だから…

現代の医学では、実際に心臓や脳までステントを運び、傷んだ血管を補修するのですから、これもSFの世界かも知れませんね~。

 

外来語の漢字表現の時代

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本語に関する常識問題が多数出されていました。

その中には外来語もありますが、同じ意味を持つ日本語も当然存在します。

例えば、第2次世界大戦中には、外来語は敵国の言葉なので使用禁止との法律があり簡単な言葉も日本語で表現しました。

例えば、スポーツでもサッカー、バスケットボール、バレーボールなどは使用禁止の言葉でした。

日本語で言えば蹴球、籠球、排球などの言葉で表し、学校のクラブ活動でも昭和30年代までこの名前で呼ばれていたのです。

そんな時代ですから、楽器なども日本語で表現しており、クイズ問題でも時々出されていました。

現代では洋楽器は世界共通の名称ですが、そんな懐かしい日本語の楽器名を問う問題がありました。

第3回のグランドキャニオンでの早押しクイズで出された問題です。年配の方なら必ず答えられる問題でした。

問・アコーデオン、日本語では何という?

答・手風琴(てふうきん)

解説 オルガンは風で音を出す琴なので「風琴」。アコーデオンは手で風を出すので「手風琴」でした。

また、ハープは「竪琴(たてごと)」など結構苦しい日本語表現もありますが、戦争中は外来語は使えませんでした。

因みに国名、都市名も漢字表現をしなければ、国賊扱いを受けて逮捕されることもあったのです。

サンフランシスコは「桑港」。ニューヨークは「紐育」。ロサンゼルスは「羅府」。ワシントンDCは「華盛頓」。パリは「巴里」

何れにしても苦しい当て字で、すでにほとんどの漢字表現の都市名は死語ですが、クイズの素材としては生きていますね。

本日の裏話は、戦争中に外来語が禁止されていた時代の、日本語表現の面白さのお話でした。

クイズは森羅万象の知識を競うゲームなので、普段の社会生活では不要の知識でも、知っている人が勝つゲームです。

という理屈で、クイズマニアはあらゆる事象に興味を持ちましょう。とは言え知ったかぶりの蘊蓄(うんちく)博士は嫌われます。ご用心を~

異常気象の先にあるのは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本人の昔の習慣や言葉など、歴史的な事象が出される事がありました。

お年寄りが「昔はねえ」と歴史的な出来事を若者に語り継いだのが、一般常識となり現代に残っている事がほとんどです。

そんな昔の人が普通に使っていた言葉の問題が、第5回のアカプルコで出されていました。

問・筑紫二郎とは筑後川の愛称。四国三郎は吉野川の愛称。では、坂東太郎とは何という川の愛称?

答・利根川

解説 利根川は群馬県の水上町にある大水上山(おおみなかみやま)を水源として赤城山と榛名山の間を流れています。

群馬、埼玉、茨城などを経て千葉県の銚子市から太平洋の鹿島灘に注いでいます。

長さは約322Kmで、信濃川に次いで日本第2位。日本屈指の大河川といって良いでしょう。

また、問題にあった九州の筑紫二郎、四国の四国三郎と並んで、日本の暴れ河として多くの災害を出していました。

近年の記憶でも、2015年9月台風18号の時、鬼怒川の大水と合流し茨城県常総市で大災害が発生しています。

床下浸水約6,600戸、床上浸水約4,400戸。しかも新興住宅地だったため新築間もない家が流され痛々しい映像が涙を誘いました。

このような洪水を防ぐために、近代国家日本では各地にダムを建設し莫大な費用を投じていますが、それでも被害があるのです。

特に近年は、世界的に異常気象が問題化しており、今年の「コロナ騒動」もそうですが、人類の危機的状況と言えるでしょう。

本日の裏話は、日本の川に関するクイズ問題から、洪水→台風→異常気象→コロナ騒動へと結び付いてしまいました。

結論は毎度お馴染み!「コロナを早く退治してくれ~」です。