常識の盲点に注目しよう

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、一般常識と思われている事の盲点を突いた問題が時々出されていました。

人々が当然の知識と思っている事が実は誤りで、正しい知識を知って欲しいとの観点から創られた問題です。

誰でも知っているようで、実はそれが誤りの典型的な問題が、第10回のモニュメントバレーで出されていました。

問・日本で一番高い活火山は何?

答・富士山

解説 富士山は日本一高い山は、誰でも知っています。しかし、休火山、或は死火山と思っている人が多いようですね。

処が、いつ活動が開始し爆発を起こしてもおかしくない、現在も活火山である事を忘れている日本人が多いようです。

実際に富士山が噴火した場合、昔は江戸の街まで灰が降ったとの記録もあるそうで、東京まで灰の被害が及ぶ可能性も大です。

現実に、花崗岩が流れる範囲を想定した場合、すそ野の村落を超え新幹線まで被害が及ぶとの意見もあるとの事。

近年の「大地震」や「季節外れの台風」など異常気象を考えると何があっても驚かないのが現代です。

来年は「2020年東京オリンピック」が正式に決まり、外国人が大挙我が国へやって来ます。

外国人に日本のイメージを尋ねると、「フジヤマ・ニッポン」との印象が強いのが現実です。

その富士山が噴火してしまったら? オリンピックどころの騒ぎでは収まりません。

日本には「困った時の神頼み」との諺があります。この際、日本人がみんなで神様にお祈りした方が良いかも知れませんね。

本日の裏話は、常識の盲点を突いたクイズ問題から、来年のオリンピックが無事に開かれるか? の余計な心配でした。

日本神話にもあるように、日本には「八百万の神」がいらっしゃいます。我々は心配無用、神様が守ってくれますよね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください