最初はたったの404名

毎年10万人以上の応募があり、5万人もの人が東京ドームに集まって来たクイズの祭典「ウルトラクイズ」

でもね、記念すべき1977年の第一回大会の時は・・・

集まったのは、たったの404名でした。

彼らはパスポートを胸に、王選手の世界記録756号のホームランで沸いた後楽園球場の1塁側スタンドに集まってきました。

↓756号ホームランを打った王貞治選手
今だから話せるウルトラクイズ裏話-王貞治756号ホームラン

まだ、予算もなく、番組のためだけに球場を借りる事はできませんでした。

そこで、ジャイアンツの試合が始まる前、少しだけスタンドを借りて撮影が始まったのです。

球場ではジャイアンツの選手が試合前の練習をしていて、

「今日は何がはじまるの?」

と声をかけてくるような、そんな長閑(のどか)なスタートでした。

そして記念すべき第一問

「上野動物園のパンダ夫婦の名はリンリンとランランである、○か×か」

というものでした。

今なら携帯やスマホでインターネットにつないで、アッという間に正解を探す事が出来ますが、その頃は携帯もなく、知識がなければそれまでです。

因みにこの問題は×が正解で、パンダ夫婦の名前はカンカンランランが正解です。

↓はじめて日本にやってきたジャイアント・パンダ カンカンとランラン
今だから話せるウルトラクイズ裏話-ランランとカンカン

だけど、その頃リンリンランランという双子姉妹の人気アイドルがいて、彼女たちが歌うCMソングでよくテレビから「リンリン、ランラン…」という歌声が流れていたので、勘違いした人もいたのでした。

↓香港からやってきた双子デュオ リンリンとランラン
今だから話せるウルトラクイズ裏話-双子デュオ リンリン・ランラン

北海道や沖縄から、交通費自腹でやってきて、この1問を間違えて帰った人もいたわけですから、罪な番組と言えないこともありません。

でも、それを承知でみんなフィーバーしたんですから、日本もとても平和な時代だったんですね。

この時は、404名中80人が第一次予選を通過して、羽田空港に駒を進めました。

という事は、5人に1人が予選を通過したわけですから、ムチャクチャ確立が高いですよね。

このブログを読んでくださっている方の中には、東京ドームまでやって来て、あの5万人の中でクイズに挑戦した方もいると思うのです。

あれを勝ち抜いて、成田まで駒を進めるのが、どんなに大変だったかを思い起こすと、最初の頃はホントに甘かったんですよ。

「最初はたったの404名」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。
    Facebookから飛んできました。
    子供の頃からワクワクしながら見ていたウルトラクイズに関するブログという事で、その胸踊る感覚のままに読ませていただきます。
    栄えある第一回…懐かし過ぎます。
    福留さんの掛け合いもどこかソフトな感じで(笑。
    過去に前例のないクイズだけに、参加者だけでなく、福留さんやスタッフの皆さんも正に「手探り」だったんでしょうね。
    しかし、後年はとてつもない怪物番組になった訳ですが、それはただ単にクイズ番組という括りではなく、1つのドキュメンタリーのような存在になったからではないでしょうか。
    クイズを通して普段は見られない参加者達の素顔を見られる所が、知られざるアメリカという国を垣間見るのと合わせて、全くの別物扱いだったように思います。
    一回も参加出来ませんでしたけど、やはり「福留さんと旅がしてみたかった」ですね。
    恐らく、皆さんも同じような心境だったのではないか…と思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください