クイズ問題を創る人達

イズ番組ですから、クイズの中味が面白くなければ、視聴者の興味が薄れる事になります。
番組がスタートした当初は、我々企画に参加した放送作家が手分けしてクイズ問題を創っていました。
しかし、思った以上に問題を消化するので、段々と手に負えなくなって来たのです。

こで、放送作家志望の若者を募集し、彼らに問題創りを手伝ってもらう事にしました。
毎年50人近い若者を集めて、彼らにクイズ問題を創る仕事を発注したのです。

たった1行か2行の文章の中に、視聴者が興味を持てる内容を詰め込む作業ですから、放送作家になるための勉強の場としては、最適と言えます。

しかも、安いとはいえ基本給与があった上に、1問採用されれば高い原稿料が支払われるのですから、こんな割の良いアルバイトは無かったと思います。
それでも、途中で脱落する人も多く、最後まで続くのは毎年20人~30人といったところでしょうか。
この経験を経て、現在放送作家として活躍している人も大勢います。
れはさて置き、彼らには毎度厳しい注文を付け、アイディアを絞り出させたものでした。
何故かと言えば、最初は皆さん、作家という職業を軽く考えているのです。

例えば、雑学辞典、雑学百貨、雑学王、といったような雑学本をそのまま引き写して、「私が作りました」という顔をして提出してくるのです。

これは物を書く人間として最低の行為です。
盗作と言われても仕方がありません。
そうした物書きのいろはから教え、数々の楽しい問題を生み出して来ました。

イズ会議では、単なる知識は「教科書問題」と呼ばれて、採用はされません。
そこに「作者の発見」や「意図」或いは同じ知識でも見方を変えて、新たな切り口を見つけることによって、視聴者の興味を促すテクニックが加えられて、初めて採用となるのです。

論、作家だけではなく、ディレクターも、プロデューサーも番組に関わる人間はみんな、クイズ問題を考えて問題会議に提出するようになっています。
そんな会議での出来事をご紹介しましょう。
「王選手の血液型はO型である」
という問題が創られました。
これはアメリカ横断!ウルトラクイズの歴史に残る名問題だと思います。
何故なら、当時の王選手は756号のホームランを打ち、時の人です。
しかもスポーツ・ニュースでは毎日のように取り上げられる人気スターでした。

↓全盛期の王選手

全盛期の王選手

の人気者の王選手O(オー)を掛けて問題にするとは、憎いテクニックと言えましょう。

クイズの挑戦者にすれば2つの見方が発生します。

1つは、王選手がO型だったから問題が成立したのだ、という意見。
クイズ研究会の人たちは大体そんな見方をするでしょうね。
残る1つは、「おー」という言葉遊びで、これは引っ掛け問題であろうと言う意見です。
挑戦者は迷いに迷って、正解者と不正解者が丁度半分に分かれたのです。
これこそ○×問題のお手本となるような問題です。
る時、私はクイズ制作者を集めて、この話をしたのです。
すると次の会議の時に、同じような問題が沢山提出されました。

曰く
「永六輔の血液型はA型である」
「佐藤B作の血液型はB型である」
これは笑い話ではなく、本当の話なのです。
会議では、「ボツ!(没)」と大声で却下されたのは言うまでもありません。
う1つ忘れられない問題がありました。
「マラソンの瀬古利彦選手の前世は飛脚だった。○か×か」
という問題が提出されました。

↓マラソンランナー 瀬古利彦選手

瀬古利彦選手

題会議では爆笑となりました。
当然、問題としては「ボツ!」なのは言うまでもありません。
ところが、作者は納得しません。

「何故ですか? 面白いから皆が笑ったんでしょ。東京ドームでも受けますよ」

自信満々
「キミねぇ。前世の裏付けをどうやって証明するんだ?」

とこちらも冗談の積もりで聞いてみたのです。

すると

「そんなの簡単。霊能者に見てもらえばハッキリします

「クイズ問題を創る人達」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ひろゆきさん
    コメント有難うございました。
    桑田選手の問題は、確かにお友達の言うように○でないと問題として成立しないかもしれません。でも、そこまで残れたのですから良い思い出になりましたね。クイズに強い人は、問題の作られた経緯を直感的に解る人のようです。また、ご意見をお寄せください。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    「王選手の血液型はO型」の問題の記事を見て、これと似た傾向の問題で落ちたことを思い出しました。
    第13回の東京ドーム、残り約200名のところで出題されたのが、「巨人の桑田真澄選手の車のナンバープレートは、無四球にちなんで『6499(6490だったかも…)』である」という趣旨の問題でした。
    「そんなことはない」と友人たちと分かれ、迷わず『×』へ行き、あえなく敗退。この問題で全体が半々に分かれたので、『○』へ行けば、かなり確実に成田空港へ行けたはずでした。
    とても悔しい思いをしたあとに、更に追い撃ちをかけたのが、友人の「『○』でないとクイズとして成立しないよ。」という一言でした。
    桑田さんには悪い話ですが(笑)、アンチ巨人の僕は長い間桑田さんのことを嫌いになってしまいました。今は、桑田さんのことは人間として好きになりましたが、それでも桑田さんの顔を見ると、あの日の苦い思い出が生々しく思い出されるのです。
    長文にて失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>