スタッフの半分近くが熱中症で倒れる

メリカ横断ウルトラクイズは毎年1ヶ月近い日程でロケを行っていました。
その間に移動する距離やロケの回数を考えると、物凄い強行軍であるのは間違いありません。
例えば朝4時起床で、夜は打ち合わせが終わって解散が0時などという日も別に珍しくはありません。

タッフは慣れたもので、バスであろうと飛行機の中であろうと、ヒマが出来ればグッスリと眠って鋭気を養うように訓練?されています。
お陰で17年間、急病で脱落する人もなく無事に番組は収録されました。

でも、ヒヤヒヤするような出来事は何回もありました。
私自身も当事者になったマイアミでの、アクシデントを書いてみたいと思います。
れは第11回で、メキシコカンクーンからマイアミに移動した時の事でした。
マイアミは陽光溢れるアメリカの熱海といった人気の観光地です。
すぐ近くにはエバー・グレーズと呼ばれる広大な湿地帯があります。
東京都がすっぽりと入るほどの広さの、葦の湿原でなんとアリゲーターの故郷です。
アリゲーターとはアメリカ産のワニの事で、あっちこっちにワニが泳いでいるという恐ろしい湿地帯なのです。

↓エバーグレーズ国立公園

エバーグレーズ国立公園

↓アリゲーター

アリゲーター

この名物は「エアボート」と呼ばれるボートで、扇風機の親分みたいな大きなプロペラをボートに取り付け、湿原の中を爆走して移動するのです。
音は凄いし、スピードは出るし、若者たちの遊びとしては最高の迫力です。
ここでのクイズは、爆走エアボート・クイズ
↓エアボート

エアーボート

クイズが出題されます。

直線で1キロほど先に、あ・い・う・え・お、と51枚の文字が書かれた大きなカードが浮いていて、正解の頭文字を拾ってきて答えなければならない。
回答者6人が乗ったエアボートが、轟音を発しながらエバーグレーズの水上を走り回るというダイナミックな演出だったのです。
イズが出題されるステージも水の上。
水深は20~30センチと浅いので、スタッフもジャブジャブと水の中を歩いて、セッティングが行われます。
勿論、ワニに襲われるような事がないように、パークレンジャーのおじさん達が警備をしてくれています。
そんな中で、会場の準備からリハーサル、本番、撤収までと、ほとんど1日中湿原の中で作業が行われました。
暑くなれば水の中に足を入れられるので、それほど苦にはなりません。
飲み物もたっぷりと冷やしたジュースやコーラなどの飲料水が大量に用意されているので、のどが渇くようなことはありませんでした。

1人気分が悪くなるような事もなく、無事に撮影が終了して、ホテルに戻りました。
シャワーを浴び、みんなで食事に出ましたが、私は食欲が全くなくて気分が悪いので早く部屋に引き揚げて、休もうと思いました。
ところが、身体が熱っぽいので計ってみて驚いたのです。
何と39℃近い熱があるではありませんか。
その日は、私はたまたま同行するドクターと同室でした。
だから夜中に苦しくなっても診てもらえるものと安心して、先にベッドに入ったのです。
何時間かして、症状は益々悪くなりドクターの手当てを受けようと思ったのですが、ドクターは部屋に帰ってこないのです。
晩中苦しんで、夜が白々と明ける頃にやっとドクターが戻ってきました。
見ると彼も疲れきった表情です。
聞けば、スタッフの半分以上が身体に異常を訴え、次から次へと部屋を廻って手当てをしていて、今ようやく開放されたとの事。
その頃には私も大分症状が安定し、普通に話が出来る状態に戻っていました。
クターの話によれば、我々はほとんどが熱中症に罹っていたのだそうです。
というのも、熱中症は高温、多湿下で発症する病気で、水を飲んだからといって安心できません。
一緒に塩分を補給しないといけないのだそうですが、そこまでは気が付かなかったのが原因でした。
当時は現在ほど「熱中症」は騒がれておらず、あまり一般的では無かったんだと思います。

幸いにして、頑強なスタッフが多かったので、翌日にはみんな回復しましたが、今だから話せる危機一髪の出来事でした。

「スタッフの半分近くが熱中症で倒れる」への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。第11回当時は中1だったシャングリラです。
    当時シャングリラは木曜日は塾に通っていまして、ウルトラクイズはビデオ録画で視聴していたのですが…この年はこのマイアミの部分だけ録画に失敗して見逃してしまい、非常に悔しい思いだったのが思い出されます。
    OPでの『マイアミ湿原大爆走』というナレーションにわくわくして楽しみにしてたのに…再放送で見られたからいいんですが。
    あれは悲しかった。
    柳井さんと一緒に帰っていったワニのクーパー君は元気にしているんでしょうか?
    てか、ドライバーのスタンさんとかジェイソン・クロンショーさんとかも今どうしているんでしょうか。お元気だといいですね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >tsutomuさん
    ご多忙の中レスポンス頂きましてありがとうございました!挑戦者を予備に一人多く設定されてたのは初耳でした。てっきり当初から確定している人数だとばかり思っておりました。やっぱり携わっている方からの話は非常に関心が沸きます。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >S.Kさん
    ブログのチェック有難うございます。おっしゃる様に古い記憶なので、飛んでいた話です。
    ご指摘のように第7回で、バンクーバーでクイズが行われた後、当時国鉄に勤務していた金子
    正志さん(33)が急病のため急遽帰国、というハプニングがありました。この事によって翌年から、予備に一人多く挑戦者を連れて行くようにルールが改正されたのでした。
    私の記憶違いでした。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    このようなブログが開設されてたのを知ってファンとしては感涙ものです。自分は1998年の復活版にも高校生ということで参加できませんでしたが・・w。
    ところで・・・、17年間急病の方が出なかったとのことですが、第7回のバンクーバーにてドクターストップにて帰国された方居らした気がしますが・・・?番組自体がかなり前の話ですし100%の記憶って難しいものですから少し記憶が飛ばれたんでしょうねw
    横から口を挟んでしまい申し訳ありません。以後貴重なお話を知ることのできるこのブログの更新を日々楽しみにしております!!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >インフィールドフライさん
    いつもブログを見て頂き有難うございます。
    いつもながら、細かい観察にただ驚くばかりです。
    あなたのような視聴者が、居たということは制作者の一人として、とても嬉しいです。
    今後とも宜しくお願いします。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    いつもブログ読んでいます。
    この頃は確かに塩分の重要性はあまり言われてなかったです。
    第11回の25年前は中学1年だったんですが、熱中症になったのですが…
    ウルトラクイズのスタッフさんみたいに、水を十分取っていれば大丈夫と指導されていました。
    今考えると恐ろしいです。
    確か第11回のこのチェックポイントで、唯一の敗者復活をしていなかった『鉄人27才』さんが脱落したところだと思います。
    (厳密には、敗者決定戦に回って完全な敗者になったと思います。)
    この第11回は敗者復活の方が健闘した回だと思います。
    決勝進出した3名の方は、名古屋・グアム・ハワイ(順位順)で復活してますし…
    準決勝・ワシントンで敗れた方も、グアムで復活していましたし…
    あと個人的には…
    後楽園予選・名古屋ミニトラクイズ・グアムでのトレードと復活して、グアムの泥んこの餌食になった『歯医者に縁のない』女性の方。
    グアムでも敗者復活したら結構面白かったかも!と思いました。
    またブログの更新楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください