特別待遇の「鞄」

メリカ横断ウルトラクイズは毎年何万キロもの旅をします。
以前も書きましたが、撮影のための機材や美術のセットなどを入れた大、中のジェラルミンのケースが、120個~130個
それにスタッフの私物のスーツ・ケースが70~80個と膨大な量の荷物が飛行機やバスに載せられて移動します。
ういった荷物の中で1つだけ、絶対に手元から離せないケースがありました。
飛行機の中でも、バスの中でも必ず手元に置いて、絶対に荷物として預ける事はしません。
ホテルに着いても真っ先にこの鞄が部屋に運ばれ、それから荷物運びなどの作業にかかるのです。
↓問題担当チーム

ウルトラ_問題チーム

真の3人はクイズ問題を担当する放送作家ですが、左のH君が腰掛けているジェラルミンのボックス型の鞄がそれです。(因みに中が私、右がO君)

問題ケース

鞄の中には番組で使う全てのクイズ問題の原本が収められているのです。
ならパソコンにデータを入れておけば済む話でしょうが、当時はそんな便利なものはありませんでした。
従って、若しこの鞄が途中で紛失してしまうと、クイズの旅が出来なくなってしまうのです。
それこそクイズ問題を担当する私達にとっては、命よりも大切な鞄だったというわけです。
リバートン製のZEROの鞄ですが、なぜZEROかというと頑丈にして、例えば海に落ちても水が沁み込まないという神話から、この鞄が選ばれました。 
また、この鞄は他のスタッフが勝手に蓋を開けることが出来ないように、ロックされています。
真でもお判りのように、H君が何気なく腰掛けているようですが、実は番犬のように、リハーサルの間も手元から離さないように守っているのです。
そして中には1万問を越える問題が詰め込まれていました。
故そんなに沢山の問題が入っているの?
と不思議に思われるでしょうが、実は放送されるのはほんの一部分で、実際のロケでは誰も答えられずに、延々と問題が読み上げられる事があるのです。
どい時には、10問15問と誰も答えずにだんまりが続く事もありました。
しかも、1回読み上げられた問題は、2度と日の目を見ることがありません。
まり、挑戦者がお手付きを恐れて、慎重になり過ぎると起こる現象で、問題を作成する人間の立場からすると、涙が出るくらいもったいない話だったのです。
故ならば、前にも書きましたが、作られた問題に誤りが無いか、2重3重の調査が行われ、それで「大丈夫」となったところで初めて採用となります。
実に何人ものチェックマンが足を使い、時間をかけて完成させるわけで、それが一瞬の内に消えてしまうのですから、悲しくなります。
それほど、クイズ問題は大切な財産であり、だからこそ旅の間中、絶対に手元から離れる事が無かった特別待遇の荷物だったのでした。

「特別待遇の「鞄」」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    …とすると、反対に第13回の準決勝・ボルティモアで行われた、長戸・永田・秋利・田川の激戦の時は…「問題製作者」として冥利に尽きるものだったんじゃないでしょうか。

  2. SECRET: 0
    PASS:
     ブログのタイトルに惹かれて開いたら、ブログ著者名を見て驚きました。ウルトラファンには興味をそそられて堪らない、このようなブログを開かれていたことを今の今まで知らなかった自分が情けないです。
     一気に昨日更新分までを拝見させていただきましたが、トマト戦争の場所が選ばれた背景にこんなことがあったのか、爆走エアボートかるた取りクイズの裏側にそんなことがあったのかと、本放送を見ていたときのようなワクワク感を感じながら夢中になって読みふけってしまいました。ウルトラクイズの裏方のお話に関しては13回ロスの前、14回アーチーズやトメさんの著書などで知る機会は多少ありましたが、それとは違った角度からのお話はとても興味深いです。
     なにぶんウルトラクイズが誕生したその年に私は生まれたので、いつ頃から見始めたのかは記憶が定かではないのですが、記憶に残る最古回は第7回デスバレーの石の上で焼いていた目玉焼きです……今の今まで固く信じていましたが、アレが演出だったことを知り驚きました……視聴後29年目にしての新事実。
     当時小学生だった私には勿論出題される問題なんて全く理解不能な問題ばかりでしたが、それでもピンポンブーの正誤判定と共に泣き笑いする挑戦者たち、圧倒的なスケールで行われるさまざまなクイズ形式、そして何よりも広大なアメリカという舞台に目を奪われ夢中になってテレビを見ていました。社会科の教材で配布される地図帳でウルトラクイズで訪れた場所を探したりして、この番組を通じてアメリカの地名にはかなり強くなったと思います。小学6年生の時の12回放送の時には始めてVHS録画ができたので、担任の先生の許可を得て給食の時間ごとに教室で放送してクラスのみんなも巻き込んで夢中に見てた事もありました。その後、高校の英語の教科書の題材として12回アラスカ鉄道・最初の置き去りクイズで出題された三角ポールについてそのまんま取り上げられたりもしてニヤニヤしたことも。(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください