現地の人たちの生活を知る

メリカ横断ウルトラクイズは、単にアメリカの中を移動しながらクイズをやるのが目的ではありません。
欲を言うならば、現地の人たちの生活を紹介しながら、その中でクイズが楽しめれば、これに越した事はありません。
えば第7回の時に、カナダのバンクーバーで現地の木こりの皆さんをゲストにむかえ、クイズを行いました。
この地に住む木こりの皆さんは、口では表現出来ないような優れた特技を持っていました。
例えば、高さ30メートルの樹のてっぺんまで登って、下に降りて来るまでの時間が、わずか40秒という素早さです。
また、1日に70本から80本もの大木を切り倒す仕事を毎日続けています。

↓木こりのコンテスト

lumberjack2

た、そのような木こりのプロですから、鋸を上手に使って、瞬時に椅子などを作ってしまいます。

↓木こりのコンテスト

lumberjack1

のような、現地の皆さんの特技を紹介しながら、それをクイズ問題として採用するので、見ている方も楽しみながら番組を進行させることが出来るのです。
たちは、面白いクイズ形式を考えるのが仕事でしたが、それ以上に面白い特技を持っているゲストを探すのも重要な役目と心得、常に情報の網を張っていたのです。
た、バンクーバーで木こりの皆さんの特技を拝見し、その場で敗者復活のアイディアを作り上げた事もありました。
実は敗者は1名の予定だったのに、なんと5名の人達が失格してしまったのです。
そこで、急遽敗者復活のゲームをしなければならなくなりました。
その方法は、木こりの皆さんと同じように、丸太を切ってもらうことにしたのです。
それも、自分の体重の分だけ丸太を切り離すという作業です。
丸太にして自分の体重がどのくらいの量か、これは結構難しそうです。
皆さん大体10kgくらいの差が出ていましたが、1名の女性が何と26kgもオーバーして失格となったのでした。
「タダだとどうしても多めに取ってしまう」

素晴らしい言い訳でした。
のように現地の皆さんの生活を番組の中に反映させながら、進行出来れば理想的なのですが、毎回理想のゲストを探すのは至難の業でした。
のようにインターネットが発達していれば、ネットで募集することも出来たのでしょうが、あの時代はまだまだ、情報の伝達が遅かったので、時代の変遷を感じてしまいます。
いま、このネット時代にウルトラクイズがあったら、どんな内容になったのでしょうね。
少なくとも東京ドームの第一問は成立しないような気がいたします。

「現地の人たちの生活を知る」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >tsutomuさん
    …今のTV局に通す力がない…
    非常に厳しい現実ですね。
    確かにネットにしても、限られた番組でほんの少し門が開いたかな?…って状況ですので。
    もし、何らかの形で復活するようなら、いわゆる「通信手段」を断る…今はそれしかないでしょうか。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >アルトさん
    とても面白いアイディアであると思います。
    でも、番組の企画を通すのは、大変なエネルギーが必要で、私たちのような過去の人間の出番ではないのが、残念です。また、ご意見をくださいね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >シャングリラさん
    いつも面白い意見をくださり有難うございます。本当にウルトラが復活するなら、楽しいことが沢山出来そうですが、夢のまた夢みたいな話です。また、ご意見をくださいね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >シャングリラさん
    こんにちわ。いつもブログのチェックを有難うございます。あなたの言うように、今ネットと組んでウルトラクイズを復活させれば面白い事が出来そうですね。
    でも、今のテレビ局にはそんな大胆な企画を通す力はありません。
    残念ですね。また、ご意見をください。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    ニコニコ動画とかにウルトラクイズ公式チャンネルを作って第一問を発表したら楽しいでしょうね。
    ウルトラシーズンになると午前0時の時報が福留さんの「ニューヨークへ行きたいか―!」で始まるCMになるとかもありで。
    チャンネルでリアルタイムで本編の映像配信とか、録画で敗者の敗戦の弁インタビュー(特にグアム泥んこの敗者たち)とか舞台裏映像とかも放送されるとしたら・・・是非見たいです。
    もしウルトラが復活するなら、番組がより面白くなる形でネットとリンクしてほしいですねー。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    今の時代ウルトラが続いていたら大抵のことはネットで情報が出ちゃってるからネット対策は大変でしょうねー。
    ドームの○×クイズにネット情報では分からない「2ちゃんねらー殺し」とか「ウィキペディアン殺し」とかの問題が開発されていたかもですね。放送作家さん死にそうです。
    で、ひねくれた奴もいそうなので「素直に考えてください!」「ネットで調べただけじゃ分からないぞ~ 」と○×クイズの際に叫ばれると…。
    逆に2ちゃんやツイッターで第一問を発表すると言う展開もありそうです。
    (偽スレとかそれに騙される奴とか出そうだ)
    成田脱出者、泥んこクイズの失格者一覧とかも一瞬にしてネットに出そうですし、見る側にとってはこのいたちごっこも醍醐味になりそうな気がします。
    ・・・本当に見たくなってきた、どうしよう。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    日時を決めてパソコンの前に集合、動画サイトを使って、成田行きの100人決定することになりませんか?これなら予算もかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください