「長幼の序」が合言葉

メリカ横断ウルトラクイズでは、100人近いスタッフが凡そ1ヶ月近い旅を共にします。
テレビ制作の現場というものは、一般的に個性の強い人間の集まりでもあり、自己主張をすればキリが無いくらい、それぞれが言いたい事を主張します。
テレビの番組を作る、という目的は一緒ですが、仕事の内容は全く異なる人達の集まりですから、普通なら意見の衝突も在れば、喧嘩になるような緊迫した状態になるのは日常茶飯事といっても過言ではありません。
意見が噛み合わなければ、当然衝突が起こると言うべきでしょう。
ころが、ウルトラクイズの旅の歴史を振り返ってみると、スタッフ同士が喧嘩をしたり、いがみ合ったりという記憶が無いほど、全員が和気アイアイと毎年旅を続けて来ました。
このような大所帯で、毎年揉め事も無く、旅が続けられた理由は奇跡とも言えますが、実はスタッフ全体に浸透していた、ある言葉のお陰なのです。
れは「長幼の序」という言葉です。
辞書でこの言葉の意味を引くとお分かりでしょうが、孟子の教えで、年長者と年少者の間にある秩序の事なのです。
即ち、子供は大人を敬い、大人は子供を慈しむ、という有り難い教えです。
つまり、この精神を第一条件にして事に当たれば、無駄な揉め事で衝突をする必要はない、という意味なんですね。
いって、年長者が常に威張って自分達の意見を下に押し付けるような事ではありません。
むしろ年長者は年少者を慈しむ気持ちで、若者の意見も良く取り入れ、話合いも良く行なわれていたのです。

ウルトラスタッフ3

論、毎日が団体行動ですから、先輩が後輩に教えることも沢山有ります。
言い方を変えると「後輩を仕込む」という言葉になりますが、何時の時代も先輩の教えには、しごきが付き物で、そのようなしごきがあったからこそ、毎年立派なスタッフが育ったものと言えるでしょうね。

ウルトラスタッフ2

た、ウルトラクイズのスタッフは、毎年同じメンバーが参加するようになっていました。
ですから、いちいち言葉で説明しなくても「長幼の序」の伝統は守られていて、自然に長老の意見には従うという伝統が出来上がっていたのです。
もっとも誤解の無いように言いますと、長老といっても、せいぜい四十代の後半くらいが、長老と呼ばれる年代でした。
つまり、まだ皆が若く、長老達にも力があったので、若者たちは長老の顔を立ててくれたものと思われます。

ウルトラスタッフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください