酔狂なアメリカ人

メリカ横断ウルトラクイズで、アメリカ各地を走り回って楽しいネタを探すロケハンでは、奇妙な物を見つける事があります。
ニューメキシコ州にサンタフェという素敵な街があります。
宮沢りえさんのヘアヌード写真集で一躍有名になったこの街は、メキシコの文化が色濃く反映されていて、アメリカでは芸術の街として知られていて、街のメイン通りはメキシコ風の建物が多く、インディアン系の手芸品なども多く売られていました。
↓サンタフェ

Santa_Fe

Santa_Fe2

サンタフェは広い平原の中に忽然と現れたような街ですが、この街で聞き込んだ話で、近くの畑にピンクのキャデラックがズラリと埋められている場所があるというのです。
がどんな目的でそのような行動に出たのか、理由は解りませんが、何はともあれ実物を確かめようと現地に向かいました。
不確かな記憶ですが、サンタフェから車で2~3時間は走ったように思います。
見渡す限り畑のど真ん中とも言うべき場所に、目的のキャデラックがありました。

かにピンクのキャデラックが10台ほど、立てかけるような形で土の中に埋められていました。
ピンクのキャデラックと言えば、或る時期アメリカでは成功者の象徴のような存在でした。
例えば、あのエルビス・プレスリーが歌手として大成功した時に、大好きだった母親へのプレゼントとしてピンクのキャデラックを贈った話は、当時の若者の間では有名なエピソードとして伝えられています。
その車はプレスリーの豪邸に今でも展示されていますので、多くのプレスリー・ファンにはお馴染みの車と言っても良いでしょう。
しかし、埋められていたキャデラックは誰が何のために埋めたのか、近くに説明の看板でもあるかと思って探したのですが、手懸りはありません。
近くに住宅でもあれば調査もできるのでしょうが、見渡す限りがでその場で働いている農夫らしき人も見当たりません。

キャディラック

通は何かの宣伝のためとか、話題になって取り上げて欲しいとか、芸術的な目的があるとか、何か理由があるとは思ったのですが、私達の限られた日程の中では真実を掴むことが出来ませんでした。
とても面白い光景だとは思ったのですが、この場所をクイズ地にすると言うほどのアイディアも浮かんで来ず、残念ながらロケ地としてはパスとなってしまったのです。
確かその頃、不要の長物を「トマソン現象」と呼んで流行語になっていましたが、まさにアメリカ版のトマソン現象だったのかもしれません。
※トマソン現象は、巨人に元大リーガーの大砲として、期待されて入団したトマソンという選手が、期待外れだったところから、不要の長物としてそのように呼ばれたのです。

「酔狂なアメリカ人」への8件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >hmzkさん
    コメント有難うございました。
    あなたの記憶力の良さには驚きました。確かにご指摘の事実はありました。
    第5回のコラムを書いたのは私ですが、それを出展にした問題が14回で出題された事には、気が付きませんでした。
    毎年1万問以上の問題が用意されていたので、このような事も起きたのでしょう。
    すごい観察力に脱帽です。これからもブログを宜しくお願いします。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ウルトラクイズの本で書かれたことが、後日ウルトラクイズで出題されたことがありましたね。それは、コラム「びっくりアメリカ!」です。第5巻にポテトチップの誕生秘話が書かれていましたが、それが第14回タヒチPart2の「ゲリラクイズ」で出題されたことに気づき、すごく驚いた記憶があります。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >睦月さん
    コメント有難うございました。ウルトラクイズの本を全巻お買いくださったそうで、有難うございました。あの本は毎年帰国後にすぐ書かなければならず、私的には大変な作業でしたが、あなたのお買い上げのお陰で、印税は戴き助かっていた時代が懐かしいです。私の所有する本の背表紙の色、確かにそうですね。でも原因は出版社の気の迷いではないでしょうか?
    細かい指摘を有難うございました。
    ブログの方も今後とも宜しくお願いします。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    「ウルトラクイズ」の本、全16巻は全巻所有しており愛読書となっております。放送・発売当時にお小遣いで買っていました。問題とその解説やクイズ形式、罰ゲームの詳細は勿論のこと、「ビバ!!アメリカ」「ビックリアメリカ」のコラムも大好きです。この本、著者名が記されていなかったので不思議に思っていたんですが、まさかtsutomuさんが書かれていたとはビックリしました! 前々から素朴な疑問だったんですが、14巻の背表紙だけなぜ(14)の所が紫色なんでしょう?

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >睦月さん
    言い忘れましたが、日本テレビ出版から毎年「ウルトラクイズ」の本が出版され全16巻出ていまして、番組で放送されたクイズ問題が全問掲載されています。実はこの本を書いたのは私で、クイズ形式、罰ゲームなど、記録として残す意味で出版しました。但し、番組の記録なので著作者名は、私の会社(株)トマホークの名前で出しました。
    もう古い本なので絶版になっていますが、アマゾンで調べると手に入るかも知れません。
    別に自慢しているわけではありませんので、誤解のないようにお願いしますね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >睦月さん
    こんにちわ。長いコメントを戴きまして有難うございました。
    最後の締めのコメントには責任感を感じてしまいます。月、水、金を何となくブログのアップの日に決めましたが、あなたのように、楽しみにしている方がいるというだけで、大変な励みになります。ネタがどこまで続くか見当が付きませんが、まだしばらくは頑張れると思いますので、楽しみにしてください。
    今後とも宜しくお願いしますね。

  7. SECRET: 0
    PASS:
     今世紀最後のときには初めて参加資格を得られて挑戦しましたが、第1問敗退という結果で終わってしまいました。それでもあの夢にまでみたウルトラクイズの東京ドームという舞台で「ニューヨークへ行きたいか~?!」「オ~!!」の応酬ができたことは私の大事な宝物となっていますし、あの時の参加はがきと○×パネルは今でも大事に飾っています。私はその98年からネットを介して、電子上最大アメリカ横断ウルトラクイズなるネットクイズ企画を3回ほど決行したことがあるのですが、問題作成、特に第1問となる自由の女神の問題作りは非常に難しいですよね。日本テレビ発行の各回のウルトラクイズ本には、そんじょそこらの資料では探しきれないような問題を厳選してくると記載されていました、そんな所のお話も是非とも聞かせていただきたいなとも思います。
     ブロフに出会えた嬉しさでこんな長文を書いてしまいましたがゴメンナサイ。これからもブログの更新を楽しみに待っています。更新日から推定するに、最後はこの言葉で閉めようと思います。
     「早く来い来い!月・水・金曜日!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください