自然発生的に生まれる言葉

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、日本語に関する言葉の意味や語源、方言、諺など一般常識を問う問題がありました。

誰もが毎日使っている日本語の事ですから、易しい問題と安心する人が多いかも知れませんが迷うクイズもありました。

通常使い慣れた言葉であれば、即答できるでしょう。でも滅多に使わない言葉の場合は、迷うのが当然かも知れません。

第12回のサンパウロで、一寸迷いそうな次の問題が出されていました。

問・足元に点くのは火。では、足元から立つのは何?

答・鳥

解説 「足元から鳥が立つ」という日本語の表現があります。これは身近に突然意外な事が起った時の、驚きの表現です。

この言葉の語源を調べると、草むらを歩いている時に、足元から急に鳥が飛び立ったら、誰でも驚きますね。

そんな情景を思い浮かべて、誰かが使い出した言葉でしょうね。同じように「寝耳に水」「晴天の霹靂」との言葉もあります。

言葉の中には、最初に誰が考えたのか分からないけれど、聞いた人が「上手い表現」と思い日本語として定着したのでしょう。

言葉は人間だけが持つ、意思の伝達方なので、昔の人達が長い年月をかけて、多くの言葉を作り上げた文化と言えるでしょう。

本日の裏話は、普段使われない日本語の盲点を突いた、諺の問題をご紹介しました。

昔の人に限らず、現代でも新しい言葉や造語等が毎年生まれていて、年間の流行語大賞に選ばれる事があります。

今度のコロナ騒動でも、小学生が喋った新しい日本語がありました。それは「ぼっち」という言葉です。

インタビュアーが小学生に質問「学校が休みで何をしてるの?」「毎日ぼっちでゲーム!」との応え。

遊ぶ相手が居ないので「一人ぼっちでゲームをした」との表現だとのこと。テレビのニュース番組で紹介されていました。

最初は小学生がルーツらしく、兄弟を通して次第に上の年代に広まったとの説が有力との事。

これは小中学生の間では、通常使われているそうで、その他若い女性達も結構流行している新語なのだそうです。

「ぼっちカラオケ」「ぼっち鍋」など、独身女性の淋しい生活状況が思い浮かぶ言葉ですね。

正に「言い得て妙」。小学生らしく感受性が豊かで素晴らしい発想ですね。こんな「ぼっち」の生活、早く終わりにしてぇ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください