自由の女神の問題は予測不可能なのか?

メリカ横断ウルトラクイズの象徴とも言って良いのは「自由の女神」でしょうね。
ウルトラクイズの第一声が
「ニューヨークへ行きたいかーッ!」
で始まるように、ニューヨーク自由の女神はあの番組と切っても切れない関係にありました。

自由の女神2

2回目から、ウルトラクイズの第一問は自由の女神に関する問題に定着したため、挑戦者の皆さんも自由の女神を徹底的に研究するようになってしまったのでした。

それだけに、問題を制作する我々も、地獄のような苦しみを味わう事になってしまいました。
即ち、或る頃から、スタッフと挑戦者の自由の女神を巡る知恵比べになってしまったのです。
前にもこのブログで触れた事がありましたが、全国の大学にクイズ研究会が誕生していたので、彼等だって自由の女神の情報は集めているはずです。
そんな中で最も加熱したのが、第12回の年だったのではないでしょうか?
故なら、この年には東京ドームが完成し、ウルトラクイズの第一次予選が、それまでの後楽園球場から東京ドームに移ったのです。
となれば、割と思いつきやすいのが、
自由の女神はこのドームの中に建つ事が出来るか?
という問題でしょうね。
それは東京ドームの天上の高さが解れば、自由の女神の身長と対比すれば、答えは簡単に割り出せます。
そんな単純な問題で、ウルトラクイズの第一問が突破出来るなんて考えたら、「甘い甘い」という戒めの意味も込めて、福留アナの第一声が挑戦者の予想を打ち壊したのです。
「東京ドームの天上の高さが61・69メートル。自由の女神の足からトーチまでが46メートル、スッポリ入ってしまうのです。
自由の女神が、この東京ドーム、ビッグエッグの中に立つと、天上につかえる、○か×か、まさかこんな問題を予想してないだろうね」

といった挨拶で、予測問題を冒頭で一機に吹き飛ばしてしまったのです。
因みにこの時の第一問の問題は
「自由の女神を、日本語で『自由の女神』と訳したのは、第二次大戦の後である。○か×か」
と言う問題でした。

自由の女神

解説
問題は出来たものの、その確証を掴むのに我々は大変な苦労をしました。
現代のように情報過多の時代と違って、戦前の資料で自由の女神という記述が中々見当たらないのです。
やがて訳知りのオジさんが、戦前は「自由の女神」なんて呼んでなかった、と言い出したり調査も混乱したのです。
その内に昭和3年に発行された「大日本百科全集」の中に、ニューヨークには「自由の女神」の像が建っているとハッキリした記述があったのです。
更に調査を進めると、明治19年11月26日付けの新聞に、自由の女神の建造の第一報を知らせる記事があり、既にこの時から「自由の女神」と記されていたのでした。
従って、正解は×でした。

「自由の女神の問題は予測不可能なのか?」への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    いつもblogを楽しみにしております。
    今日、いよいよQuiz Japan創刊号が手に入るかと思うと、ワクワクします。
    何年経っても忘れられないあの夏から25年、今年こそは第13回の同窓会をやりたいものです。
    1989年末にやったきりですから…

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >九州のベンさん
    コメント有難うございました。
    ウルトラクイズは、問題作者と挑戦者の真剣勝負、と言う気持ちで、永年関わってきましたが、それが間違いでなかったのが、最近の皆さんからのコメントで証明された気持ちです。
    私自身は、やってて良かった、という番組です。
    これからもブログのチェックを宜しくお願いします。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >アルトさん
    コメント有難うございます。
    クイズ問題が番組の生命であるという精神が、問題作者に浸透していたのでしょうね。
    そこまで鍛えるのには、苦労もありましたが、それが永く皆さんの支持を受けている理由だと思います。
    その辺をご理解いただき、有難うございます。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    ○×クイズと言えばやはり第一問。第1問と言えばやはり
    自由の女神問題が印象に残っていますけど、どちらかに
    極端に人数が偏った回と言うのは第2回と第15回以外
    あまり記憶がありません。ウルトラクイズファンなら
    人工芝は是非踏みたいところですから、第1問は何と
    しても勝ち抜けたいところ。東京ドームがらみの問題なら
    多くの人が勝ちぬけていた事も十分にありえるかなと
    思いますが、実際にはそうなっていません。問題を
    作成する人たちの凄さと言うものをここに感じます。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    ただのクイズ番組ではないと、改めて驚きと感動があります。
    こういうエピソードを聞くと、いかにアメリカ横断ウルトラクイズの復活が難しいかがわかります。
    クイズ作家の頭の回転が素晴らしく早いことも。憧れますね。単純に、すみません、オチが無くて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>