ご遠慮申し上げます。。。

メリカ横断ウルトラ・クイズでは、毎年の事ながら、航空機やホテルを数多く利用します。
ロケでは飛行機は全員平等にエコノミー・クラスです。
ホテルは中級以上のホテルで、原則は2人部屋。
ロケ場所担当のディレクターは心身共に負担が大きいのでその地に限り1人部屋、と言うのが大まかな決まり事でした。
 
かし、航空会社やホテルの配慮で、時々ボーナスのような特別待遇がプレゼントされる事がありました。
例えば飛行機で、グアム~ハワイ。ハワイ~アメリカ本土といったように長い距離の時には、ビジネス・クラスのチケットが10席とか15席特別にプレゼントしてくれたりします。
普通ならこのような場合は、年齢の高い順とか、身分の高い人が優先的に権利を獲得するのが当たり前、というのが日本人の美学です。

↓シンガポール航空のビジネスクラスのイメージです

ビジネスクラス

も、ウルトラクイズでは違っていました。
何時の頃からか、全員が公平にクジを引いて、当たった人間が権利を獲得するようになっていたのです。
このような場合、職域の1番下であるアシスタントが当たってしまうと、仕方がないので、自分の先輩に譲る事もありました。
でも、先輩が素直にもらってくれれば良いのですが、中には遠慮して「お前が座れ」と命令される事もあります。
そんな場合は、みんなの冷ややかな視線を一身に浴びながら、居心地が悪そうにビジネス・クラスの席に座っていたものです。
15回だったと思います。
グアムのホテルで、ちょうどその日、部屋が空いていたのでしょう。
「ロイヤル・スイート・ルーム」を我々ウルトラクイズ・チームに提供してくれたのです。
一日中自由に使ってください、との事です。
そこで全体会議をやるために全員が、部屋に入って驚きました。
↓グアムヒルトン_スイートルームのイメージ

ヒルトン_スイート

流石にここは別世界
幾つかのベッドルームの他、控えの間、会議室など豪華な装飾で飾られた部屋が並んでいたのです。
シャワー・ルームだけでも3つはありました。
会議室は40人近いスタッフが全員座っても、まだ余裕があります。
普段は1つの部屋に入りきれないほど、ギューギュー詰めの状態で会議を進めていましたので、みんな落ち着きません。
それに部屋に合わせたサービスを提供してくれるので、メイドさんが次々と飲み物や果物を運んでくれたりします。
そっと調べたところ、当時は1泊100万円以上の部屋だとの事です。
会議が終るとホテルの支配人が挨拶に現れ、
「今夜、どなたかこのお部屋にお泊り下さい」
との有り難いお言葉。
早速、泊まりたい希望者を募ったのですが、流石に自ら手を挙げるほど図太い人は居ませんでした。
そこで、ウルトラ名物ジャンケン大会でもして、勝者が泊まろうか、との意見も出ましたが、旅の最初にこんな贅沢を経験したのでは、この先苦労する、という理由でこの案も没。
結局、慎み深いスタッフは全員が
「ご遠慮申し上げます」
と夢のような体験をご辞退してしまったのです。

チキショー! 今度あのようなチャンスがあれば絶対手を挙げるぞ、と心に決めたのですが、2度と同じような事は起こりませんでした。

「ご遠慮申し上げます。。。」への7件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >アラサーさん
    コメント有難うございます。
    薄れ掛けた記憶を頼りに書いていますので、中々面白いエピソードが出てきませんが、今後とも宜しくお願いします。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >MOOさん
    普段スタッフが何処にいるのだろう、というコメントは良いですね。
    そのくらい目立たずに、しかし、本当は働いていたのですよ。中には要領よく遊んでいた奴もいたようですが……。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ういんちゃんさん
    コメント有難うございました。
    思えば楽しい思いでも沢山あったのですが、なかなか思い出せなくて、苦労しています。
    今後ともブログを宜しくお願いします。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    スタッフの皆様のご苦労を、多少なりとも間近で垣間見た挑戦者の一人として、あの頃横で遊んでてすいません(汗)と、今更ながら恐縮しきりです(笑)
    おかげさまで、20年以上が経った今でも、宝物のような思い出として、今でも初めて会う人に話すとすごく驚かれます。たまにクイズ大会に行くと声をかけられることも。
    それもこれも、あのすごい番組を作り上げてくれた皆さんのおかげです。
    当時、スタッフの人は普段どこにいるんだろう?と思ってましたが、こんなこともあったんですね(笑)

  5. SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しく拝見しております。
    何度か紹介されてますが、第6回大会では、福留さんをはじめ、スタッフが病気になったり、強盗に遭ったり、災難がいろいろと起きた事は有名ですが、まるで天国にいるような話題もあったんですね。
    せっかくのデジタル放送なのですから、福留さんのアメリカ横断の旅みたな番組が出来ればと期待しています。
    昨年末で話題になった、マヤ文明の遺跡は、ウルトラクイズファンでは有名な場所でしたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>