名人芸の職人集団

メリカ横断ウルトラクイズのスタッフは、テレビを作る上での各業種の人達が40名近く集まっていました。
何か突発的な出来事に出会っても、自分の職種に関する限り、全部自分達で解決しなければなりません。
例えば撮影のためのカメラの調子が悪くなったとします。
日本の国内であれば、メーカーに修理に出せば済む事ですが、外国で、しかも砂漠の中で調子が悪くなったら、普通はお手上げでしょうね。
しかし、そんな甘えは通用しません。
カメラマンたるもの機械の仕組みに精通し、自らの手で修理をしてしまうような技量が求められます。
↓業務用のビデオカメラ

業務用ビデオカメラ

も実際に目撃した事がありますが、カメラの調子が悪いので、分解して修理するという事がありました。
彼らはベッドの白いシーツを床1面に広げ、作業に取り掛かりました。
なぜ、シーツの上なのか? 
という疑問は直ぐに解けました。
細かいネジをはじめ、部品を分解するのですから、もし紛失でもしたら取り返しが付きません。
そんな配慮の中で、修理は行われ見事に成功させていました。
のような場面を見せられると、私達の仕事でも油断が出来ません。
例えば、クイズ問題の中で、スタッフの誰かが疑問点を指摘したとします。
「それは解りません」では納得してくれません。
だから、どのような疑問にも答えるだけの準備をしておかなければ、私達の存在価値が問われてしまうのです。
在なら、パソコンですぐ調べが付くようなものですが、当時はそのような便利なものは無いので、辞書に頼るしかありません。
そのため大型のジュラルミンケースに、広辞苑、日本国語大辞典、学術用語集、
大辞林、日本風俗史大辞典など、分厚い辞書の類を一杯詰め込んで持っていきました。
る時は、誰かの思い付きで、水戸黄門様の印籠を出そうという話になった事がありました。
このような場合、美術担当者に「明日の本番までに作るよう」注文が出されます。
東京の局ならば、小道具の部屋で探せば済む様な話しですが、周囲に街もないような砂漠の真ん中にあるようなホテルでの事でした。
らは、プラスチックの石鹸箱をベースに、黒のペンキで色をつけ、葵の御紋章を金色の塗料で描く事になったのです。
そこで我々の出番がやってきました。
「葵の家紋はどのような形だっけ?」
これを正確に描ける人なんて、そうそういないでしょう。
そこで用意していた辞典の登場です。
日本の家紋一欄という頁を発見、これでそのような無茶なリクエストにも応じる事が出来たのでした。

印籠

うした名人芸の美術さんに助けられた事があります。
或る時、若い作家がモーテルの洗面台の上で、お湯を沸かそうと携帯の電熱器のスイッチを入れたのです。
しばらくすると部屋1杯に焦げ臭い匂いが漂ってきたのです。
あわてて駆けつけると、電熱器が逆さまに置かれていて、下の化粧版の台が黒く焦げて燃え出す寸前でした。
 
うく火災になるところです。
焦げた洗面台は綺麗に拭いても、くっきりと跡が残っています。
「困った事になった」と頭を抱えたところへ、美術担当のTさんが顔を出し、それを見て、
「私に任せなさい」
と胸を叩くではありませんか。
げた洗面台は、大理石を模した化粧板だったのです。
そこに白いペンキを塗った後、丁度私が吸っていたパイプのやにを少し混ぜ合わせて、大理石の色感を調整して、模様を描いていったのです。
間もなく、新品同様のピカピカの化粧板が出来上がり、そこにコーティングの塗料を吹き付けて完成させてしまったのです。
「毎日、水拭きをしても、半年や1年はバレませんね」
Tさんのお蔭で事無きを得ましたが、モーテルの皆さん、本当に申し訳ありませんでした

「名人芸の職人集団」への15件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >d'yh@loさん
    シャングリラさんでしたね。
    いつもコメント有難うございました。
    ウルトラクイズは、沢山のスタッフが参加していますので、音楽効果さんも、確かに素晴らしい職人さんでした。番組はこうした無名でも力のある人達に支えられて、永年やってきたのです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    名前を打ち間違いましたシャングリラです。
    d'yh@loは私でございます。
    こんなおっちょこちょいな私には名人芸職人芸への道は遠いかも…。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    職人芸、今日「ジェームス・ディーンに捧ぐ」を買ってきて、「ジャイアンツのテーマ」(第13回チムニーロックの曲、これ目当てで購入)聞いたところなんですが…。
    見事すぎるBGMの編集に改めて脱帽しました。
    第13回チムニーロックのあの爽快な決着は見事な編集なしにはありえなかったと思います。
    本当に、見事でした。
    素晴らしいものをありがとうございます。
    …敗者決定~チムニーロック空撮の曲も探そっと。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >HIDEさん
    コメント有難うございました。
    古いお話を良く記憶しておられて、感謝します。皆さんのような熱心な視聴者に支えられて、番組を作れた事を嬉しく思います。
    今後ともブログを宜しくお願いします。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >まちゃぞうさん
    コメント有難うございました。
    現代は便利で良いですが、私たちの経験したアナログの時代の方が、人間の結びつきは強かったように思います。顔を合わせる事無く、キーボードを叩くだけのお付き合いは、人間として一寸淋しいのでは、と思います。
    これも年寄りの戯言かも知れませんがね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >あーくさん
    コメント有難うございました。
    私も凄い連中と何年かに亘り、仕事が出来た事を、本当に幸せだったと思います。
    人間のめぐり合わせは大切にしたいものですね、と最近思っています。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    コメント有難うございます。
    確かにこのメンバーで生活していると、何でも出来そうな信頼感がありましたね。
    今はばらばらで会う事もありませんが、懐かしの戦友見たいなものです。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >かとけんさん
    コメント有難うございました。
    我々は2重3重の進展を予想しながら準備していたわけで、それだけでも結構キツイ作業だったのですよ。当たる番組はそれだけのスタッフが揃っていたという事でしょうかね。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >ういんちゃんさん
    コメント有難うございました。
    私たちは仰る様クイズ番組であると同時にドキュメンタリーとして、番組を考えていました。
    ですから構成は旅、クイズ、ドキュメンタリーの3要素で作り上げていたのです。
    また、近い内に打ち上げのお話も書いてみる積りです。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして、いつも興味深く拝見させていただいております。
    第14回の石鹸箱の印籠は覚えております。途中で敗れたら出そうとしてましたが、優勝されてから出されてましたね。
    あれを受け取ったときの表情や印籠を持つ手の震えは今でも印象に残っております。
    ああいう場だからこそ生まれた画なのかと感じております。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    時間がかかっても、みんなで知恵を出しあって解決した時代。
    便利なパソコンを使えば、すぐに解決する現代。
    それぞれのよさは、当然あると思います。
    両方の時代を駆け抜けてきたtsutomuさんは、どちらに魅力を感じますか?
    また理由もあったら知りたいです。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    お初にお目にかかります。少し前にたまたま検索して発見して以来、愛読させて頂いています。
    印籠は14回のお話ですね?
    しかし、こんなものがすぐに作れるというのが…なんとも驚嘆です。
    また楽しいお話をまっております。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    技術を本来の仕事の時だけでなく、いついかなる場面でも活かすことができる機転のよさといいますか、フットワークの軽さは敬服します。
    このチームでしたら、どんな困難が立ちはだかっても必ずどなたかが解決方法を見つけだしそうですね!

  14. SECRET: 0
    PASS:
    美術さんの技術って、
    すごいなぁっていうのが、
    記事を読んでいるだけでも
    伝わってきますね。
    印籠は14回の優勝者の方に
    送られたものですが、この回は、
    数年躍進していた大学のクイズ研がおらず、
    ほぼ一般の学生や社会人が多かったですね
    誰が優勝するか解りませんでしたから、
    よもや、ニューヨークの決勝後にお披露目なんて
    作られたスタッフの方も予想しなかったのでは
    ないでしょうか?

  15. SECRET: 0
    PASS:
    tsutomuさま
    いつも楽しく拝見しております。
    私はウルトラクイズ番組そのものよりも、その裏側や秘話などのお話が好きです。
    ウルトラクイズは、東京を出発してニューヨークまでの一ヶ月の旅ですが、放送では、ほんの数時間しか見られない訳ですから、テレビには映らないスタッフさんの努力には頭が下がります。
    そういえば、アメリカのテレビ局に取材された事もあったようですね。
    ニューヨークでのスタッフの打ち上げのお話とか、ギャラクシー賞受賞の事なども聞けたらと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください