国歌誕生の地・ボルチモアの戦い

メリカ横断ウルトラクイズでは、我々はロケハンと称し、アメリカ中を周ってクイズ会場となる場所を探しました。
条件はその場所が、アメリカという国にあって、どのような歴史的な意味合いを持っているか、というのも場所選定の大きな要素となっていました。
アメリカを旅行すると、アメリカ人ほど愛国心の強い民族は無いような気がしてきます。
何故かと言えば、何処へ行っても星条旗を目にする事になりますし、何か事あるごとに国歌を歌い「強いアメリカ」「偉大なる国民」を強調しているように感じます。

々日本の場合は、国民の祝日でもない限り、めったに日の丸の国旗を見るような機会はありません。
ところがアメリカでは、役所のような公共施設に限らず、会社の建物などには星条旗が掲げられ、「常に我々アメリカは‥‥」と主張しているように見えるのでした。

星条旗


そんなアメリカの中でも、一年365日、雨が降ろうが槍が降ろうが、毎日国旗を揚げて居る場所があったのです。
しかも、これは大統領命令で、一時たりとも星条旗を降ろす事がないように、法律で定められているというのです。
それはメリーランド州ボルチモアにある
Fort McHenry要塞で、実はここが、あのアメリカ国歌「星条旗よ永遠なれ」の誕生の地なのだそうです。


我々はこの情報を得て、星条旗を見に行って驚きました。
何しろ、その星条旗の大きい事、それもそのはず、この国歌が誕生した裏側には以下のようなお話が潜んでいたのです。

は1814年と言いますからアメリカでは、独立戦争の真っ只中の事です。
9月13日から14日に掛けて25時間もの間、イギリス艦隊はこのボルチモアの要塞を目がけて1500発もの砲弾を撃ち込んだのだそうです。
ところが、何処にでも知恵者がいるもので、この時ジョージ・アーシステッドという名の大佐が、部下に対して
「敵に我が国旗が良く拝めるように、特大の国旗を揚げろ!」
と命令したのだそうです。
これを聞いた部下は、横42フィート、縦30フィートという馬鹿でかい国旗を砦の上に揚げたのだそうです。
これを見たイギリス海軍は、
「いくら砲弾を撃ち込んでも、ビクともしない、こりゃあ駄目だ!」
諦めて引き上げて行ったのだそうです。

丁度この時、イギリスの艦上には、捕虜交換の手続きをする役目で、弁護士のフランシス・スコット・キイと言う人が乗り込んでいて、いくら攻められてもビクともしない星条旗を見て、敵ながら偉く感動してしまったのですね。
で、戦場であると言う事も忘れて、その場で詩を書いたのだそうです。
それが「星条旗よ永遠なれ」つまりアメリカ国歌だったのです。

そんな激戦の地だった事もあり、我がウルトラクイズでも、ここでの戦いは過去13回の中で最も激しい戦いになりました。
ここは、準決勝の地だっただけに、定番となっていた「通せんぼクイズ」
強豪4人の挑戦者が、事実上の決勝とも言えるような、激しい攻防戦を繰り広げました。
この時にオンエアされたクイズ問題は63問。
でも、これは編集されているので、実際に使われたクイズ問題は100問から120問くらいあったように記憶しています。
このような時に、一番ドキドキするのは問題担当の私で、決勝に使うために用意した問題を次々に出題し、急場をしのいだという思い出があります。

さすがアメリカ独立戦争の激戦地だけに、ウルトラクイズでも最高の激戦地でした。

「国歌誕生の地・ボルチモアの戦い」への18件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >りささん
    コメント有難うございました。小学生の時から番組を見てくださったそうで、嬉しいです。
    我々スタッフは、このような思い出に支えられて仕事が出来た事を、誇りに思います。
    今後もブログをお楽しみ下さい。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >maestroさん
    コメント有難うございました。
    昔の事を良く記憶していただいて嬉しいです。
    一番面白いのはノーカット版ですが、テレビの番組はそのように出来ないのが、残念です。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    第6回から観ていましたが、通せんぼクイズは準決勝に相応しいクイズ形式だと思います。この形式を考えた方は素晴らしい!
    特に13回は今でも忘れられません。今でも100~120問のノーカット版で観たいと思っています。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    私の中では13回の準決勝が一番思い出に残っています。当時小学生でしたがビデオテープを繰り返し見ていました。そのビデオテープはまだ実家にあるんですよ。これからもblog楽しみにしています。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >HIDEさん
    コメント有難うございました。
    あの勝負はウルトラの歴史に残る名勝負でした。あなたの言うように、誰が優勝しても可笑しくない人達で印象深い番組になっていました。時間が延びたのは、仰る通りの理由だったと記憶しています。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    当時録画していたビデオを何度も観てましたがいつ観てもいいものですね。初めてビデオに録画した回が第13回でした。
    4人とも魅力的な方々でどなたが優勝しても不思議ではなかった印象があります。
    5週目の放送時間が1時間半から2時間に延びたのもこの闘いがあったからだそうですね。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    コメント有難うございます。
    一般視聴者がどんなクイズ番組を求めているのか、私にも解りません。
    芸能人が出ている今のクイズ番組は、私達のクイズと言う認識から言えば、?ですが、そんなことは言っても、何も始まらないのでやめて置きます。
    時代が変われば、趣向も変化するという事でしょうね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >ベトナムの縫製工場を巡るさん
    コメント有難うございました。
    テレビ番組で、これだけ年月が過ぎても記憶に残る場面がつくれたのは、嬉しい経験でした。
    主演した挑戦者の皆さんに、感謝です。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >かとけんさん
    コメント有難うございました。
    あの場面は、ウルトラ史上一番の激戦だったと私は思います。出題者として、こんなにもクイズに強い人間が居るものか、と驚きの決戦でした。
    クイズ番組の鏡みたいな場面でしたね。
    これって、手前味噌!

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >ryiさん
    コメント有難うございました。
    私もあの時の問題は結構記憶に残っています。
    ウルトラ史上一番の戦いだったかもしれませんね。それだけクイズに強い挑戦者が、あの場に集まった記念するべき、場所でした。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >makotong1712さん
    コメント有難うございました。
    あの回の細かい実況中継を有難うございます。
    これほどのファンに支えられていたと思うと、今さらながら感激です。
    本当に嬉しいコメントでした。これからもブログを宜しくお願いします。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >ういんちゃんさん
    コメント有難うございます。
    ウルトラクイズのアメリカ版は確かにありました。しかし、これを見て参考に成る様な斬新なアイディアは何も無かったと記憶しています。
    また、著作権のような付録も無かったので、関心も薄かった記憶があります。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    tsutomu様
    いつも楽しくブログを拝見しております。
    こんなニュースを発見しました。
    http://www.narinari.com/Nd/20130421371.html
    日本テレビで放送された「DERO!」のアメリカ版が制作されたようです。
    ウルトラクイズが誕生した1970年~1980年代のクイズ番組は、アメリカから輸入したものが多かったと思いますが、ウルトラクイズは、今回のDERO!のように、輸出されたそうですよね。
    当時、スタッフさんがそのアメリカ版ウルトラクイズの番組を見たそうですが、その感想もお聞きしたいです。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    13回の大激戦は今でも覚えてます。
    長戸さんが通過席に行ったと思ったら永田さんが阻止したり、早押し席に戻った長戸さんが3連続正解で再度通過席に行ったり、田川さんが通過席に行ってボタンを押し「こりゃ田川さんか?」と思ったら不正解で早押し席に戻ったり、結局8回目の通過問題で「ガリア戦記!」で長戸さんが抜け、その後6回目の挑戦で永田さんが「冬虫夏草!」で決勝進出。
    これを「手に汗握る」戦いというんですかね。
    「ウルトラクイズ史上におけるベストバウト」と自分では思ってます。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    クイズの方式ではなく、クイズそのもので一番印象深いチェックポイントでした。未だに鮮明に覚えています。最後の「冬虫夏草!!」は耳について離れません。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    結果的に上位勝ち抜けをしていた二人が
    残りましたが、誰が勝ってもおかしくない
    激戦だった記憶があります。
    個人的にいつもギリギリ抜けしていた
    Tさんがあそこまで残るなんて、
    と、いうのが一番の驚きでした…

  17. SECRET: 0
    PASS:
    第13回はウルトラチルドレンによる集大成といえると思います。
    私が初期ウルトラで引き込まれたようにこの第13回によってウルトラに憧れた方も多いと思います。
    クイズ王ブームの火付け役となって、その後クイズファンの私にとって楽しい時期を過ごすことになります。
    そんな中で本家のウルトラクイズは終了してしまい、ほどなくクイズ王番組も全て終了してしまいました。
    クイズ王を決める番組なのである程度の難易度は必要ですが、視聴者が『頑張れば自分もなれるかも』と思えないとクイズ王も所詮見せ物で、始めのうちはその珍しさに振り向いてくれますが、やがては参加者も視聴者も離れていってしまいます。
    ありがたいはずの熱狂的ファンが先鋭化させ世界を狭くしてしまうのはなんとも皮肉な話です。
    同じファンといってもかなりの温度差があるようですね。
    今、一般視聴者はどんなクイズを求めているのでしょう? 私には全く分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>