特典は幻の如く、ウルトラ伝説

メリカ横断ウルトラクイズは、クイズに勝って駒を前に進める、これが大原則でした。
しかし、17回の歴史の中で、この原則が破られそうになった事が1度だけありました。
それは第7回(83年)の時に発生したのです。

あの通過するのが難しい第一次予選の○×クイズ
成田でのジャンケン
更に機内の難関ペーパークイズ
これ等を戦わずにグアムまで進む特典を持った人物が、この回に参加して来たのです。

「ええっ。そんなバカな!」

と思われるのは御尤もです。
一体何の権利があって、そのような人物が出てきたわけ?
実は、その前の年82年の大晦日に放送された「ウルトラクイズ史上最大の敗者復活戦」で、7万人の敗者の中から、見事優勝した「クイーン・オブ・敗者」のSさんが、その人だったのです。

しかも、この権利は番組内で優勝賞品として、全国に放送されていたのですから、約束を反故にする事は出来ません。
尤も、敗者復活戦の優勝賞品にそのような特典を与える方が、可笑しいという意見も当然あります。
確かに、この賞品に関しては、賛否両論ありました。
会議では激しい攻防戦がありましたが、最終的に、敗者の中の最高の敗者なのだから、その位の特典はあっても良いと、訳の解らない理屈が通って、採用されていたのでした。
し、このSさんがグアム以降もどんどん勝ち進んで行くと、それまでの番組の伝統が崩れる事になります。
何故って? ウルトラクイズは全てのチェックポイントを勝ち抜いた人が頂点に立つ、というのが売り言葉になっていたからです。

そんな我々の心配を吹き飛ばしてくれたのは、グアム空港での出来事でした。

内ペーパー・クイズの勝者は40名、それにグアムから参加する「クイーン・オブ敗者」のSさんを加えて、41名が飛行機から降りる事になります。
しかし、次に用意されていた「グアム名物の○×泥んこクイズ」に、参加出来るのは40名ポっきりです。
と、いう事はは1人人間が多いのです。

そこで、対策として機内クイズの得点最下位の人と、Sさんの二人で勝負をして頂き、勝った方がグアムの地を踏んでもらうという案が出てきました。
(これは、最初から計画されていたのですが)
しかし、やっぱり思い通りにはいかないもの。
機内クイズの最下位は同点で2名いたのです。
結局は3名での○×クイズです。

グアム上陸作戦


その時の問題は、しつこくも再び、自由の女神に関する問題が2問でした。

問① 

アメリカの人々が贈ったパリ、セーヌ河に有る自由の女神は、ニューヨークの方を向いている。

グアム上陸作戦2


問② 
ニューヨークの自由の女神の台座には、メードイン・フランスと書かれている。

グアム上陸作戦3


答え、1は○ 2は×

この対決では、Sさんが敗れてしまい、哀れ機内の人となり、即日帰国して行ったのでした。
これで、ウルトラクイズの特典は幻の如く消え去ったのでした。

天国への階段

「特典は幻の如く、ウルトラ伝説」への12件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >昔虎徹今清麿さん
    コメント有難うございます。
    私も古い記憶で書いていますので、私の記憶違いがあるのかも知れません。
    謝られることもないので、又気が付いたことをコメントしてください。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >tsutomuさん
    私もウルトラ好きですので色々なコメントをしていたのですが、いささか出過ぎたマネをしてしまいました。
    数時間実施したものを編集で圧縮するのですから、大変な事だと思います。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    ウルトラクイズは、常識を裏切ることを是としていたので、あのような賞品もあったのです。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ノゾミ♂さん
    コメント有難うございました。
    確かに彼女は強いひとでした。若しかしたら、敗者復活戦と、本戦のダブル・チャンピオンになったかも知れませんね。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >昔虎徹今清麿さん
    コメント有難うございました。
    ご質問へのお答え。
    もう1つ敗者復活、という意味がわかりません。番組で放送された事が全てで、但し編集がありますので、実際よりは大分短くなっていますが、それ以外の予選などは存在しません。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >M.Aさん
    コメント有難うございました。
    史上最大の敗者復活戦は、確かに短期間で良く完成したものだと思います。
    でも、若かったから出来た事なのでしょうね。
    若いと言う事の有り難さを、今頃になって、気が付くなんて、私もだいぶ抜けているのかも知れません。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    コメント有難うございます。
    確かに彼女は強かったですね。我々も、もしグアムを通過すれば、決勝まで行ける実力を持っていたと、当時話した記憶があります。
    しかし、予想を裏切るウルトラクイズですから、もし?
    は中々当てになりませんね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    史上最大の敗者復活戦……当時は二年生でしたが、座禅クイズ、スタジオの上にクイズ王がいる
    シーンは覚えています。
    数年前に拝見する機会があったんですが、クイーン・オブ・敗者は強かった。
    機内ペーパークイズ後の〇×サドンデスからではなく、二次予選までパスで、1チェックポイントからのスタートだったら、ニューヨークまで行けたんではないでしょうか?

  9. SECRET: 0
    PASS:
     「史上最大の敗者復活戦」と第7回ウルトラクイズの放映時、私は小学生でした。敗者復活戦の優勝商品が次回ウルトラクイズのシード権であることには、優勝者決定までの道のりを見て納得しましたし、歴代クイズ王との対戦も乗り越えてグァムまでのシード権を獲得した方がペーパークイズの敗者達と一緒に帰国した場面は、「世の中、そううまくはいかないな」と思うと同時に、ウルトラクイズにふさわしい痛快な展開に笑いました。今でも、史上最大の敗者復活戦の優勝商品はこれがふさわしいと思っています。
     それよりも、OAまでのわずかな準備期間で番組を作り、プロデューサー業を務めたtsutomuさんに敬意を表します。テレビ番組は大勢のスタッフ・出演者による総合芸術ですが、当時のtsutomuさんの奮闘ぶりが綴られたブログを読むたびに、過酷な状況が想像され、同情してしまいます。私が同じ立場だったら、確実に職場放棄しています。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    やはりウルトラは甘くなかった、という事しか語れません…。
    かといえばその「史上最大の敗者復活戦」は高校3年生も参加できた大会だったそうで、それにいた挑戦者の中にも、翌年に本戦として初参加で予選通過された方もいたと聞きました。
    ところで30年間、今の今まで気になっていました事があります。その復活戦チャンピオンの主婦を最後で破った当時国鉄職員(以前触れましたあの急病脱落者の後輩)だった方ですが、成田の男女ジャンケン敗者復活戦で映っておりました。もう一つ、復活戦も行っていたのでしょうか。(前後の6,8回もやっていたという話もありますが。)

  11. SECRET: 0
    PASS:
    佐藤さんがグァム空港で負けなかったら、2人目の女性チャンピオンも夢では無かったなぁ~と今でもたまに思います。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    『史上最大の敗者復活戦』、面白かったなぁ。敗者復活戦でスペシャル番組を作ってしまうところもやはりウルトラスタッフですね。
    最終的な結末も、あまりにもあっけない幕切れで『あー、やっぱりウルトラってこういうものなんだ…』と同情していいものやら何やらで、世の中の厳しさを子供ながらにしみじみと感じてしまいました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>