コンピュータ時代の幕開け

メリカ横断ウルトラクイズが始まった頃には、今のようなIT時代が来るなど、予想も出来ない事でした。
今では、小学生でもパソコンを使っていますし、携帯電話も小学生の低学年から持っているような子もいるので、将来は機械に人間が使われてしまうようなSF小説が現実味を帯びてきました。

google_glass

にも書いたかもしれませんが、現在のようにパソコンや携帯電話が発達した時代には、あの我々が作っていたウルトラクイズは、制作不能のような気がします。
その、片鱗とも言える出来事が、すでに8回の時に起こっていました。
84年の事ですから、29年前の成田でのジャンケンでの時でした。
普通、ジャンケンは自分の勘を頼りに、グー、チョキ、パーを出して勝負をする。
この原始的な勘で勝負するのが、面白いゲームなのです。
しかも、日本人なら誰でも、このジャンケンで遊んだ経験があるのですから、実に公平で公正な勝負が出来ますよね。

ころが、この年成田で、ストレートで勝ち抜けた人物が現れたのです。
この人物は、どのような人だったのか、私の記録には残っていないのが残念ですが、兎も角ジャンケンの勝率をコンピユーターにインプットして、その通り勝負をしたら、ストレートで勝ち抜けた、と語っていました。
おそらく、今的に表現すると、典型的なパソコン・オタクといった人物なのでしょうね。

い翌年以降、そのような人が出てこなかったので、忘れられたのだと思いますが、皆がみんな、このようにコンピューターに頼ってジャンケンをはじめたら、多分面白さも半減してしまう危険性があります。
つまり、ジャンケンの魅力を忘れて、パソコンの知識を競う方向へ、目的がスライドしてしまうかも知れません。

京ドームの第一問にしても、パソコンや携帯電話が今ほど発達していたら我々クイズを作る側も、多くの制約に縛られて思い切った勝負は出来難いと思います。
このように考えると、ウルトラクイズは、世の中がまだアナログ時代だったからこそ、通用した番組だったのかも知れません。

今のこの時代だと、世界中のニュースが、瞬時に個人に伝わってしまいます。
また、ツィッターのように、個人の意見が瞬時に拡って行く仕組みも出来ていて、このような要素を、番組に組み込んだとしたら、どのようになるのでしょう?
もう、アナログ人間の私などには、企画に加わる能力さえ持ち合わせていません。

老兵は死なず。
ただ、消え去るのみ、マッカーサーは良い言葉を残しました。

マッカーサー

「コンピュータ時代の幕開け」への10件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    ジャンケンは、日本に根付いた文化かもしれませんね。だからこそ毎回皆さんが熱狂したのでしょう。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >おがわさん
    コメント有難うございました。
    この回は印象が強かったのか、内容を記憶している方が多かったのに、ビックリしています。
    これからも、懐かしい話しを書いて行きますので、お楽しみ下さい。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >makotong1712さん
    コメント有難うございました。
    当時の事を良く記憶していて、感謝します。
    挑戦者の方達も、多分同じ気持ちになられる事でしょう。
    テレビマン冥利につきます。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ノゾミ♂さん
    コメント有難うございました。
    古いお話しを良く記憶しているのに驚きです。
    私は全てのVTRを数年前に処分してしまったので、記憶を確かめるスベさえ失っています。
    だから、思い出すのに苦労しているのですよ。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    コメント有難うございました。
    私も、説明書を読むのが苦手なので、買った機械をいつも完璧に使いこなしていません。
    機械は、便利なのに惜しいですね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    当時はびっくりしました。
    やはりジャンケンは人間の頭でやるのが一番です。
    心理戦、緊張感、一回負けて涙ぐんだり、神頼み
    と、楽しいです。
    一泊分くらいの荷物しか用意してない人に限って勝ってしまうから不思議です。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    ジャンケンを脳みそを使わずコンピュータで勝ち抜けた人は、その回ラピッドシティまで勝ち残って、罰ゲームで北北西に進路を取らされた挑戦者です。ただ、8回は初めて後楽園で1名敗者復活があり、その人の対戦相手がスタッフが準備したコンピュータだったので、スタッフはあせったのでは?とその場にいた自分はよく覚えてます。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    ラピッドシティーのリレークイズまで行った『慶応のマイコンボーイ』落合さんですね。
    ジャンケンで落合さんに3タテを食らって負けた方は「これからは機械の時代でしょうか」と言っていました。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    第8回でポケコン(懐かしい名称w)を持ち込んでジャンケンをストレート勝ちしたと言えば、ラピッドシティで負けた落合さんですね~。
    ジャンケンで負けた相手が対戦前は「(ジャンケンは)人間の頭でやるから面白いんです!」って言ってたのに、負けた後に言った「これからは機械の時代なんでしょうか?」というセリフに爆笑しましたw
    翌年、あの後楽園球場で敗者復活戦を勝ち抜いた宍戸さんも確かジャンケンの時にポケコンを持ち込んでいましたよ~。そして見事に勝ち残って(さすがにストレートでは無かったけど)、確かアルバカーキまで行ったんじゃなかったかな~?

  10. SECRET: 0
    PASS:
    私もテレビを見ながら「凄い人がいるな~!」と感心しきりでした。
    運の悪さを自認している私は早速お小遣いを貯めてポケコンを購入。
    しかし! どうプログラムを組んだらいいのか分からず、ただボタンの数が多いだけの電卓で終わってしまいました…(泣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください