スタッフ全員が涙

メリカ横断ウルトラ・クイズは全部で17年間にわたって放送されました。
ですから、1回から17回までが番組のリストにあります。
しかし、細かく言えば「史上最大の敗者復活戦!」という番組が1,982年に別枠で作られているのです。

自由の女神2

この、別枠の敗者復活戦に関しては、私も思い出が沢山有ったので、昨年の11月に3回に分けて、このブログで書いています。
その話と重複しない内容で、もう1つ思い出した事が有りますので、今日はそのお話を書いてみようと思います。

は、この番組は私にとってプロデューサとしてのデビュー番組だったのです。
それまでの私は、番組の構成作家として参加していましたが、全く突然に
「プロデューサーを引き受けて欲しい」
と要請され、引き受ける羽目になってしまいました。
その辺の経緯は前に書きましたので、省略いたしますが、この番組にはあまりにも悪い条件が重なっていました。
 
その1、準備の時間が少なすぎる。
その2、放送枠が悪すぎる。大晦日のNHK「紅白歌合戦」の裏番組である。
テレビ業界では、この枠で番組を制作するのは自殺行為に近いと言われている枠なのです。
その3スタッフが少ない。
この様な悪条件で番組を引き受けた訳ですから、仲間からは「お前はアホか?」と言われたものです。

だけど引き受けたからには、最後までやり抜かなければプロとは言えません。
準備の時間が少ないのは、頑張れば乗り切る事が出来るでしょう。
但し、クイズ問題に関しては全て私に任せて欲しいという条件を出し、これを了承させたので、普通よりは気持ちが数段楽になりました。

「紅白の裏番組」という問題は、実はその数年前に「裏番組をブッ飛ばせ!」という低俗番組と悪評の高かった番組を構成作家として参加していたので、驚くほどの事では有りませんでした。
問題はスタッフが少ないという点です。
ウルトラ・クイズを経験しているディレクターは、全員その年に放送される番組の仕上げ作業に取りかかっていたので、1人も参加できません。
そこで、私は高校生クイズの経験者をはじめ、日頃親しい仲間に声を掛け、参加してもらう事にしたのです。
 
ところが、彼らにも周囲からチクチクと嫌味な言葉が耳に入って来たそうです。
「ウルトラ・クイズを傷つけるような番組を作るなよ」

これは、受け取りようによっては励ましの声かも知れませんが、プレッシャーになる事だけは事実です。
そうなると、構成作家も、ディレクターも本編よりは、少しでも優れた作品を作ろうと、全員の心が1つにまとまってくるものなのですね。
「なにくそ、本編に負けるものなんてつくるか!」
という反骨精神です。
お陰で、会議では面白いアイディアも沢山出されたし、実にチームワークが良く、短い期間でロケも順調に進行しました。

そして大晦日の決勝戦生放送のぶっつけ本番でした。
我々が、サブコン〔番組をコントロールする副調整室〕に入ると、何とそこには日本テレビの幹部がずらりと顔を揃えていたのです。
大晦日ですから本来なら自宅で家族と団らんの時のはずです。
それを、我々の番組のために個人生活を犠牲にし、生放送に立ち会ってくれていたのです。
これだけで、この番組が如何に期待されていたかが覗えます。

後の決勝戦が終わり、エンディング・テーマ曲がかかると、幹部の皆さんが全員が立ち上がって、我々スタッフに向かって大拍手となり
「面白かった、有難う。ご苦労さん!」
と声を掛けてくれたのです。

それを聞いたTディレクターの目からぽろぽろと涙があふれ出ました。
恐らく、本編を傷つけるような作品になってはいけない、という緊張の糸が切れたのでしょうね。
この涙はその場に居合わせた全スタッフに、次々と伝染し、感動の涙の渦となったのです。
それまで、私は感動で涙を流した経験は有りませんでしたが、この時ばかりは、それを抑える事が出来ませんでした。
仕事で、これ程感動出来るなんて、実に良い職種を選んだものだと思いました。
その意味では、ウルトラクイズ 有難う と言いたいです。

水滴

「スタッフ全員が涙」への23件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >take-yさん
    評価を頂き有難うございます。
    日テレに限らず今の番組がつまらないのは困ったものです。業界の危機かも知れませんね。OBが余計な心配はするな!という声が聞こえそうですが。

  2. SECRET: 0
    PASS:
     裏話拝見すると 当時はホント気合をいれて真剣に製作に取り組まれていたんだなというのが判って 面白かったのは当然だなと思いました。
     日テレもウルトラクイズをやっていたころはホントどの番組も面白かったのですが、最近の作品はタレントの1発芸に頼るような薄っぺらい作品ばかり。コストダウンが必要なのもわかりますが魂のこもっていたウルトラクイズを代表とした熱い番組が懐かしいです(^_^;)
     

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >amedasさん
    有難うございます。敗者復活戦は外部の私がプロデューサーで、日テレ社員の関わりが少なかったので、本も出ませんでした。記録も今は残っていないのが残念です。スタッフは撮影関係は本編のメンバーが全員参加しています。但しディレクターは、本編以外のメンバーで、構成クイズ問題は全員本編のメンバーでした。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >Y.S.NAVYさん
    BS日テレの「それいけ!アンパンマンくらぶ」で、毎回おねえさんがジャンケンしていますよ。
    月~金曜の朝8時から1時間の放送です。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    私は歴代のウルトラクイズで「史上最大の敗者復活戦」が最もおもしろかったと思っていますが、過去のウルトラクイズを振り返るとき、敗者復活戦の話がほとんど出ないのは、これだけスタッフが異なっていたからでしょうか。本も出なかったので問題をすべて書き起こして、解説も自分で調べました。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >Y.S.NAVYさん
    じゃんけんは日本人なら誰でも楽しんだ遊びの原点でしょう。だから私たちは良くゲームで使いました。玉置さんがその様な事をラジオで紹介していたのは、初耳です。彼とは20年近い仕事仲間でしたから、私がウルトラクイズをやっていたのも知っていますので、投書が目に付いたのかも知れません。懐かしい話を有難うございます。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    クイズ問題はダブル事もあり、問題にするほどでは無いと思いますよ、但し、同じ番組の中で重複するのは視聴者に不快感を与えるのであってはならない事です。制作者の倫理感の問題ですね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    このブログを楽しんで下さり有難うございます。これからも出来る限り書いて行こうと思います。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    今のテレビが退屈なのは予算だけの問題では有りません。制作者の質が昔とは全く変わってしまったのでしょうね。局が商社化して、利益追求だけに変化してきた結果でしょう。でも、半沢直樹のヒットで、業界の体質が変わるかもしれませんよ。期待しましょう。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    野球拳をはじめ、ウイークエンダー、など世の批判を浴びた番組にも構成者として参加しました。玉石混合って奴ですね。面白いテレビ生活でした。これからは電子書籍で小説の世界で頑張る予定です。「霞が関ブラックボックス」読んでいただくと嬉しいです。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    作者様:ウルトラクイズは言うに及ばず、”裏番組をブッ飛ばせ!”にも参加されていたのですか…ジャンケンが絡む番組に何か縁でもあるのでしょうか?
     そういえば日テレはジャンケンが絡む番組を作るのがうまい。あの長寿名作アニメ”それいけ!アンパンマン”の前番組も”とんでけグッチョンパー”というジャンケンをモチーフにした子供番組でしたし。
     今はTVのジャンケンと言えばサザエさんが某事件以降のEDジャンケンで独走&長期政権状態。それに待ったをかけたAKB48やキュアピース(変身のたびにジャンケンする)が話題になるのも分かる気がします。
     特にキュアピースはサザエさんのジャンケン独走に不満がある方々が集まり過ぎて、誰が普通にキュアピースが好きなのか分からなくなるほどでした。
     予算を潤沢に使えない今だからこそ、サザエさん以外にもジャンケンの熱さでいい番組ができるといいのですが…
     昔ジャンケンの題で 、ウルトラクイズの事を書いて玉置宏さんのラジオで読まれたことがある者より。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    さて、エンドロールにありました通り、歴代Q王の長戸・田中の両氏が問題作成に参加した「タイムショック」の放送が終わりました。
    自分が観た限り、何問かウルトラクイズで出たものもありましたが、改めて、2人が作ったものも含まれる「クイズ」の評価は如何でしょうか?
    余談ですが、長戸さんは、出演者である宮崎美子さんの長年の大ファンです。著書に書かれている位、ウルトラクイズのファンなら有名な話だと思われます。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    1982年当時、大晦日恒例のあの番組は所謂21時開始で直接ぶつかる事は無くかつスピンオフ企画でしたが、並々ならぬウルトラの精神を感じました。
    礎は守りつつあらゆる変化が要りましたが、それを「18歳なら高校生も可」,「地域別予選」,そして何よりもペーパークイズの結果や前にも触れました決勝の方式での「大どんでん返し」が記憶に残りました。
    この時の高校生が翌年以降の本大会での活躍につながり、フォーマットも高校生クイズとなって現在に至りますね。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    先日は他の方のコメントに、つい頭にきて、書き込んでしまいました。
    ウルトラクイズの大ファンであると共に、今でもテレビっ子なので、心ない悪口・批判にどうしても許せなかったのです。
    自分は「うつ病」なので、こういうことにすぐ敏感になりやすい体質なんです。ご理解頂けましたでしょうか?
    それでも、ウルトラクイズの書き込みは、今の心の支えです!
    これからも、失礼なこともあると思いますが、宜しくお願い致します。
    御迷惑をお掛けしました。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    幼心に覚えてます。
    座禅クイズ、滝にうたれるところ、スタジオの上に大人達(後にクイズ王とわかりました)が並んでいるシーン‥‥
    当時の我が家は紅白よりウルトラだったんですね。
    今思うとスケールがでかすぎる(^-^)
    準決勝に時間制限のクイズを行い、決勝に1問だけクイズをして突然ジャンケンに切り替わる。
    敗者復活らしい展開だったなー

  16. SECRET: 0
    PASS:
    「何がやりたいのかよくわからない」というコメント、もう聞き飽きた!
    せっかくいいお話しているのに台無しだ。いい加減にしてほしい。コッチの頭がおかしくなる。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    しかも大晦日の生放送のウルトラクイズは本編以上の参加者が集まったと聞きました。
    翌年の高校生クイズもそうですが、当時民放局一体で制作されていたゆく年くる年もズームインのノウハウを生かした日本テレビ独特の生放送のクオリティが発揮されていたのかと思います。
    30年も前からワクワクさせてくれる番組づくりにただただ驚いております。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    大晦日の番組は『敗者復活戦』『高校生クイズ』を経て『年末時代劇スペシャル』へと移行して行きました。
    私はクイズも好きですが、時代劇(以前に日本史)も好きだったので『敗者復活戦』以降、我が家では大晦日の夜といえば日本テレビでした。
    この頃のテレビには夢と活気と情熱がありましたね。今の大晦日は何だか無意味にダラダラと時間だけが過ぎていく番組ばかりです。
    バブル絶頂期で予算が潤沢だったから作れた以外の理由もあると思うのですが…。

  19. SECRET: 0
    PASS:
    今では「ガキの使いやあらへんで!!」が、毎年民放トップの視聴率を穫る大晦日の枠ですが、この番組が、放送1ヶ月前に収録して準備する事を考えれば、大晦日のウルトラクイズは、本当の意味で「破天荒」だったんだ!
    残念ながら、放送当時の自分は園児なので「ドラえもん」を観ていました。なので、リアルタイムでは全く観ていないどころか、ウルトラクイズの存在自体をわかっていませんでした。(存在を知ったのは7回の再放送から。)
    ただ、この大晦日のウルトラクイズが好評だったから、翌年に、形式をそのまま受け継いだ、弟分の「高校生クイズ」が、同じ大晦日に産声をあげたではないですか。(ですから、記事にあるスタッフは、別のクイズ番組の方々ではないのでしょうか?)
    改めて、もっと早く生まれて、物心ついていたら、この様な面白い特別番組に出逢えたのに、悔しいです!
    ところで、あの野球拳も手掛けていたのですね、知りませんでした。

  20. SECRET: 0
    PASS:
    この敗者復活戦のちょうど1年後の大晦日に第1回の高校生クイズが放送されましたね。
    高校生クイズは、福留さん曰く「ウルトラクイズに出たい高校生からの手紙が多くて、高校生版ウルトラクイズを作った」そんな事をおっしゃっています。
    今は番組が無くなってしまいましたが、「ズームイン朝!」が築いた、日本テレビならではのネットワークがあったからこそ、この敗者復活戦も高校生クイズも出来たと思っております。
    他局では出来なかったでしょうね(*^▽^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください