幻の罰ゲームとは?

メリカ横断ウルトラクイズでは、数々のキツイ罰ゲームをやってきました。
その中で、最初から候補に上がっていながら、実現出来なかった罰ゲーム案がありました。
それはニューヨークの摩天楼を象徴するエンパイアーステートビルを一気に駆け上ると言う罰ゲームです。

Empire_State_Building

は我々のウルトラクイズが始まった年を第1回とする「エンパイアーステートビル駆け上りレース」と言うイベントがあります。
このビルはニューヨークの象徴であり、高さ381メートル、地上102階で世界一高いビルとして有名でした。
そのような知名度を利用した、このレースは毎年ニュースになるくらい過酷な競争だったのです。

ューヨークの罰ゲームとしては、格好な候補と言えるでしょうね。
しかし、ニューヨークの敗者は決勝戦の敗者で、そのような頑張った人にこんなキツイ罰はそぐないと言う理由で、罰ゲームは省略していました。
また、視聴者の興味も勝者インタビューや賞品の方に向いているので、罰ゲームは無し、という作りになっていたのです。

ころでこのエンパイアーステートビル、階段駆け上りレースですが毎年世界中から参加者が集まり、開催されています。
当時の最高タイムは12分19秒でしたが、今年は600人が参加し、記録も2分以上更新して、10分12秒というものでした。
1階のロビーから86階の展望台まで、1,576段の階段を1気に駆け上るのですから、こんなキツイは無いでしょうね。

も調べてみたら第9回にこれに近い罰ゲームがありました。
その時は決勝の地がパリだったので、ニューヨークの敗者にも罰ゲームが与えられたのです。
敗者は山登りを趣味とするYさんでしたが、彼の趣味に合わせて、重いリックを背に、高層ビルの階段を1時間かけて上るというものでした。
しかし、上り詰めた屋上が悪かったのです。
そこはアスレチッククラブで、1周100メートルのトラックがあったのです。
そこで、スペシャル罰ゲームという理由をつけて、なんとこのトラックでフルマラソンに挑戦して頂こうと言う事になりました。
と、いうことはトラックを422周回るというわけで、これは限界に近い罰ゲームでした。
やっぱり、摩天楼の街は油断大敵ですね。

摩天楼

「幻の罰ゲームとは?」への16件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >tsutomuさん
    ビル登りの罰ゲームを受けたのは、ニューヨーク(屋上のフルマラソン付き)が横村さんで、下村さんはアトランタ(登るだけ)のほうでしたよ。城明日香さんはニューヨークのほうを言ってる気がしますが。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >796さん
    お答えいたします。
    スタッフの狙いは1部ファンの方の見る通り、敗者に声を掛ける事もなく、冷たく放置する事が罰ゲームという認識でした。それを感じてくれたファンは番組を良く理解していた方達だったのですね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    決勝戦の敗者へは罰ゲームが行われていない、ということですが、
    番組のファンの一部では、「罰ゲームが無いことが罰ゲーム」だとか、「特に声をかけられることもなく、早押し席で表彰式や勝者インタビューを見ていなければいけないのが罰ゲーム」だという認識を持っていた人もいたようですね。
    これがスタッフさんの意図通りだったかどうかはわかりませんが。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >KAYZさん
    長くやっていると、似たような罰ゲームも出てきます。でも、味付けはそれぞれ変えていましたので、ご勘弁ください。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    同じような罰が確かにありました。でも、16回の時はご褒美付き、という味付けがありました。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    ニューヨークのスペシャル罰、良いネーミングですね。きつければきついほど、印象に残るのも皮肉なものです。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    物好きはアメリカだけではありません。このエンパイアビルの早登り競争は、世界中から毎年沢山の人が参加していますね。ホノルルマラソンみたいなものでしょう。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    初書き込みです。
    高層ビルの階段をてっぺん目指して登る…という罰ゲームは第16回のアトランタでもありましたね。
    MOOさんが受けた罰ゲームでした。
    ニューヨークの罰ゲームは登り切ってからフルマラソン、という二重(?)の罰ゲームだったので衝撃的でした…。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    階段を登る罰ゲームは、16回・アトランタでもありましたね。
    おそらく、敗者本人のコメントがありそうですね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    これも記憶に残る罰ゲームでした。
    16回大会アトランタでの罰ゲームはビルの最上階まで登った御褒美でステーキが登場ですからすごい違いですね。
    ニューヨークまで来たからにはスペシャル級の罰ゲームが似合いますね。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    エンパイヤステートビルを上る競争はニュースの海外トピックス等で取り上げられることがあるので知っていましたが、まさかウルトラクイズと同じ年に始まったとは!
    アメリカにもウルトラの挑戦者のようにキツ~いことが待ち構えているのを承知で参加するモノ好きがいるんですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください