スタッフと挑戦者の距離について

メリカ横断ウルトラクイズは全部で17年間に渡り放送されました。
この番組に挑戦した方は、相当数にのぼります。
第1次予選を通過して、空港まで行った方だけでも、単純計算して1,700人の皆さんが、ジャンケンに挑戦したわけです。
その内の半分の方が飛行機に乗ってニューヨークを目指したことになります。
我々スタッフはそれらの方達と一緒に旅をしました。

のブログを書き始めてから、一緒に旅をした挑戦者を初め、沢山の方からコメントを頂いています。
普通の番組ならば、一緒に外国を旅した仲間ですから、お互いにもっと親しい間柄になってもおかしくは無いはずです。
しかし、ウルトラ・クイズの場合はスタッフと挑戦者が仲良く、或いは親しく言葉を交わす事を意識的に避けてきました。

の理由については、以前にもこのブログで書いた事がありますので、割愛しますが、最近ウルトラクイズはドキュメント番組を目指して作っていたというお話を書きました。
すると沢山の方たちからコメントが寄せられました。
なぜ、ドキュメントだったなどと書いたかと言いますと、それには訳があります。
というのは、このブログの読者の方のコメントで、挑戦者が或る時スタッフを困らせてやろうと、同じ色のTシャツを着たという話がありました。
つまり、着る物が同じだったら、我々が挑戦者を区別出来なくなるだろう、という意味だと思いました。
つまり、挑戦者と私たちはいつも一緒に旅をしていますが、顔も覚えていない間柄と思っていたと言うわけです。
それに対して、我々は挑戦者に対し、そのような無関心な気持ちでは無かったと言う事を言いたくて、あの記事になったわけです。

まり、挑戦者の皆さんはスタッフの顔と名前が一致しなかったでしょうが、我々スタッフは、挑戦者の名前と顔どころか、性格や特技、趣味に至るまで情報はみんな掴んでいたのです。
それで無ければ、人間ドラマを描くことなど不可能です。
そのような意味も兼ねて、あの記事を書きました。
皆さんのコメントは、殆んどが好意的に受け止めてくださったので、胸をホットなでおろした所です。

識的に微妙な距離感を作り出していたのです。

微妙な距離感

々の反省点は、最初の外地グアム、或いはサイパンあたりで、
「これから一緒に旅をするスタッフです」
と言うような名前、役割紹介を兼ねた簡単な食事会をやるべきだったのでしょうね。
でも、旅の初日は翌日の準備が忙しかったので、そのような余裕が無かったのも事実でした。

何はともあれ、読者の方のコメントのおかげで一本書けました。
ありがとうございます。

「スタッフと挑戦者の距離について」への14件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >tsutomuさん
    はい、だからこそ、時折福留さんが挑戦者の方に「頑張れ!」とか「勘で来い!」、「○○さん、潰せ!」といったセリフが、よりリアルに聞こえてきていたのだと思います。
    …そんなセリフ、出題者が回答者に言う番組も…他にはありません。
    それだけ「心地よい熱さ」を感じる事が出来る番組だったんです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >まんねん♂さん
    我々が挑戦者との距離感を、頑固の守ったのは結果的に良かったのですね。「えこひいき」が少しでも感じられたら、番組はあのように続かなかったと思います。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    あれだけの緊張感が決勝まで持続したんでしょうし、回数も長く続いたのだと思います。
    また、番組に携わった皆様が最も嫌がるであろう「えこひいき」などのデマが出なかったのも、その距離感の賜物だったんでしょうね。
    本当にお見事でした!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    最高齢の漫画家、やなせたかしさんが亡くなりました。享年94歳です。
    今年のアンパンマンの映画公開時も元気な姿を見せていただけに、突然の訃報でショックです。
    ウルトラクイズでは、13回にやなせさんが手掛けた「手のひらを太陽に」と「アンパンマン」の問題を出してました。(14回・タヒチ奇襲の罰ゲームでも。)
    「手のひら」問題は、あの長戸さんを苦しめましたね。
    奇しくも、今月でアンパンマンのテレビ放送が25周年を迎えたばかり。
    現在、地上波・BS・CSのいずれかで毎日やっている国民的アニメ。
    やなせさん亡き後も、子供たちに愛され続けていくでしょうね。
    やなせさん、今までありがとうございました。安らかにお眠りください。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >越谷市民さん
    プロの仕事としてカッコイイ、は嬉しい褒め言葉ですね。他のスタッフもきっと喜ぶ事でしょう。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    そうです。クイズを公平に進行させるために、距離を置いたのは間違いありません。それが効果的だった、という事でしょう。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    今だからその様に思えるので、スタッフと挑戦者が親しくなる機会が無かったのも、計算だったような気もします。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    子供の時には気づきませんでしたが、大人になって改めて見直してみると、司会の福留さんが挑戦者のパーソナルデータを話していたので、スタッフの方が事前に情報を聞き出していたのかなと思っていました。
    でも、向こうは裏方さんと交流する事はないし、顔も覚えていないけれど、こちらはしっかり覚えているというのは、プロの仕事としてカッコイイと思いました。
    私も願わくば東京ドームを突破してスタッフにパーソナルデータを見てもらいたかったです(笑)

  9. SECRET: 0
    PASS:
    挑戦者とスタッフさんの距離を保ったからこそ
    クイズでは客観的に公平に進行できたのではないでしょうか?
    でなきゃ、奇襲や罰ゲームは出来なかったと思います。
    13回大会でのL.A.と14回大会での罰ゲーム中のスタッフさんは厳しく接していらっしゃった様な記憶がありますが、徹底した罰ゲームをして、良いドキュメンタリーを作るんだろうなと感じておりました。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    挑戦者のみなさんはクイズのない時は空き時間かもしれませんが、スタッフのみなさんはクイズの時以外もすることがたくさんあったでしょうから、最低限の交流さえ生まれにくかったかもしれません。
    ですからtsutomuさんのおっしゃるようにちゃんと時間を作って顔合わせをしたほうがよかったかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください