ヘリコプターを多用した贅沢な番組

メリカ横断ウルトラクイズは、印象としてスケールの大きさを上げる方が多いですね。
その役目を果たしたのは、1つにはヘリコプターを多用したという事が上げられるでしょうね。
テレビ番組を作る人達は皆、この辺をうらやましがっていました。
何故なら、空から俯瞰の映像が入ると、視聴者にその場所の状況が良く理解できるので、ディレクターであれば誰でもそのような映像が欲しくなります。

タイトル

しかし、どの番組でも予算がありますので、そう簡単にヘリコプターをチャーターする余裕が無いのが普通です。
つまり、ヘリコプターの使用料は一般に高いというのが常識となっています。
その点、日本と違ってアメリカではヘリコプターのチャーター代がそれほど高くありません。
我々はそこの眼をつけ、ヘリコプターを多用しました。

えば恒例になっている、ニューヨークの決勝戦が有名でした。
対戦者が何故か2機のヘリコプターに乗って、別々の方角からパンアメリカン・ビルにやって来るという演出です。

ウルトラクイズ決勝1

しかも、2機のヘリコプターが並んで飛行する場面があるわけですから、都合3機のヘリコプターが飛んでいることになります。
それぞれの機にカメラマンが乗っているので、撮影状況としては大変に贅沢な配置です。
しかも、そのような状況は説明がありませんから、専門家が見れば贅沢さは理解しますが、一般には解りません。
でも、視聴者にはその様子が何となく他の番組では見られないようなスケールの大きさを感じてしまうのでしょうね。
これはニューヨークだけに限らず、各チェックポイントでそのような演出を試みました。
ヘリコプターから撮る俯瞰の映像はスケール感を出すのに効果があるのですね。

そのようなこともあって、ヘリコプターに随分助けられた番組だったので、このヘリコプターに関するクイズ問題も作りました。
第16回のサンタフェ・バラマキクイズで出題された問題です。

・世界で初めてヘリコプターの原型となるものを発案した、イタリアの画家でもある彫刻家は誰?

・レオナルド・ダ・ヴィンチ。

解説・ダ・ヴィンチは「スパイラル」というものの設計と理論を考案しました。これがヘリコプターの原型と言われていますが、彼は設計だけで実際には作られていませんでした。

今ではヘリコプターの原型はダ・ヴィンチというのが常識になっていますが、あの時代にはまだ一般的な知識として、それほど行き渡っていなかったので、問題として採用されたのでした。
クイズ問題は時代と共に変化する、当然ですね。

↓挑戦者を乗せたヘリコプター 実は前に乗っているのは私です。

決勝に向かうヘリ

「ヘリコプターを多用した贅沢な番組」への16件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >16回最後の敗者 大西肇さん
    良く問題を覚えていましたね。凄い記憶力に感服します。それにしても、決勝まで進んだ貴兄には良い体験が出来、本当に良かったですね。
    「ニューヨークの景色は空から眺めるのが最高!」と語り継いでください。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ヘリコプターの問題に誤答したのは私です。
    出題された瞬間にスパイラルの図が頭に出てきました。しかし、口から出たのがなぜか「ガ、ガリレイ」。今となっては懐かしい思い出です。
    ヘリコプターでのマンハッタン空中散歩は何物にも代えがたい体験でした。21年経った今でも、ヘリコプター内の寒さ、匂い、振動、そして上空から見たマンハッタンの風景、もちろん自由の女神、すべて憶えています。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >まんねん♂さん
    アメリカではヘリコプターのチャーター費が安いので、私はウルトラ以外の番組でも、随分飛ばした経験が有ります。TV制作の会社をやっていましたからね。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >塚本さん
    タワーリングインフェルノと比較されるとは、すごい褒め言葉ですね。スタッフはみんな喜ぶでしょう。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    ニューヨークのビルには先端の尖った建物が多いので、お尻に刺さりそうな印象でした。勿論気持ちは最高に良かったです。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >ういんちゃんさん
    そのDVDは見た事が有りませんが、製作者の目の付け所は実に良いですね。欲しい気分です。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    スケール感を強調するには、あのやり方が1番だったのでしょうね。やっぱりワクワク気分が高揚して来たものです。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    僕はヘリには乗れませんでしたが、セスナに乗せていただきました!
    あれもまた、なかなかない貴重な体験でした!

  9. SECRET: 0
    PASS:
    普段の番組…ドラマなどにおいてもヘリコプターが飛ぶシーンは、それなりに重要なもので「ここ一番のとっておき」のスタンスがありましたが、ウルトラでその先入観が見事にぶち壊されました。
    バラマキクイズとニューヨーク決戦の時はやはり圧巻でした。
    規模の大きいアメリカのスケールを絵にするには、やはりヘリコプターは外せないでしょうね。
    今考えると納得なんですが、当時はただただ圧倒されてましたね。
    アメリカだとチャーターしやすい…というのも「おいしい裏話」でした。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    映画タワーリングインフェルノの冒頭にも負けない、スケールの大きさ!!

  11. SECRET: 0
    PASS:
    子供から見てもスケールの大きさが伝わった番組でした。
    ニューヨークで飛んで見たかったなー
    挑戦者と一緒にtsutomuさんがヘリに乗っていたのは驚きでした。
    ニューヨークを飛んだお気持ちは如何でしたでしょうか?

  12. SECRET: 0
    PASS:
    そういえば、自由の女神の観覧が再開されたようですね。
    ニューヨークの上空をヘリコプターに乗って遊覧する事ができるそうですが、日本製でそういうDVDも出てますね。ちょっとしたウルトラクイズ気分です(*^▽^*)
    空撮「ニューヨーク」
    http://www.amazon.co.jp/virtual-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF-part1-day-time-%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%8C%96/dp/B0006B9ZVI/ref=sr_1_2?s=dvd&ie=UTF8&qid=1381898084&sr=1-2&keywords=%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF+%E7%A9%BA%E6%92%AE

  13. SECRET: 0
    PASS:
    何の決勝進出者のプロフィール紹介でも挑戦者が席に着いていて、司会者が読み上げるというパターンは昔も今も変わっていません。
    ウルトラではなぜ、わさわざ別撮りで摩天楼を縫うように飛ぶヘリに乗ってやろうと思った、というよりそのアイディアが浮かんだのでしょう。スゴい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください