陽の目を見なかった珠玉の問題

メリカ横断ウルトラ・クイズのクイズ問題は、厳しい選考を経て採用が決まるので、知って為になる、あるいは楽しい、といった問題が多かったと思います。
その多くはテレビ番組で放送されるので、視聴者の皆さんもご一緒に楽しめたと思いますが、そうでなく陽の目を見る事もなく消費されてしまうクイズ問題も沢山有りました。
成田からグアムへ向かう飛行機の機内で出題される機内ペーパー・クイズの問題がそれに相当します。

にもこのブログで書きましたが、早押しクイズ、あるいは○×クイズとして作られた問題の中から、捨てがたい問題を3者択一問題に書き換えて採用していました。
だから、狙いも問題点も的をえている問題が沢山有りました。
今日はその様な中から、第1回の機内ペーパー・クイズの、最初の5問をご紹介してみましょう。
どれも、納得がいく問題だと思いますよ。

機内クイズ

1 エルビス・プレスリーが死んだのは42歳。ではエルビスの母親が死んだのは?
    ① 32歳              ② 42歳            ③ 52歳

2 航空機の出発時刻とは次のどの瞬間を基準とする?
    ① 航空機のドアを閉める時  ② 車輪が回転を始める時  ③ 離陸許可が下りた時

3 アメリカから日本へハガキを出す場合、その料金はどこの国の収入になる?
    ① アメリカ             ② 日本              ③折半
 
4 上野の山の西郷像、彼が履いている履物は?
    ① 裸足               ②下駄               ③草履

5 あずさ2号は新宿を何時に発車する?
    ① 午前7時             ②午前8時            ③午前9時

今思うと、早押し問題としても遜色は無いし、何故これらのクイズが問題会議で通過しなかったのか、不思議なくらいです。

機内クイズ2

正解は以下のようになります。

  1、②  スーパー・スターらしい数奇な運命というところが問題として面白いですね。
       2、②  クイズ問題の急所を突いた点が優れています。
       3、①  誰でもが疑問に感じる、身近な生活の盲点と言えるでしょう。
       4、③  知っているようで、確証がない、迷う問題です。
       5、②  「あずさ2号」は狩人のヒット曲として、当時の若者に大人気だった。お蔭で、あずさ2号に乗る若者も多かったという。

古い資料を見直して見ると、初期の頃はまだ、みんなが慣れていなかったせいもあって、良い問題の処理が下手だったなあ、と反省材料になります。

「陽の目を見なかった珠玉の問題」への12件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    この噂は私も知っていましたが、来週のブログで詳しくご説明いたします。それまでお待ちください。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >KAYZさん
    クイズ問題は時代と共に正解が変わる運命ですね。
    また、日本語の誤りも最近話題になっていますが、解釈で誤りではない、と言う例が結構あるのを知りました。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    改めて、本題に入ります。
    これは2代Q王の北川さんの証言で知ったのですが、実は、初期の機内ペーパーQの正解は、問題数が多いことから採点しやすくする為なのか、次のようなパターンだったのです。
    問題集(単行本)を持っている人は確認できると思いますが、まず、初回の800問のうち、冒頭の20問の正解が順に、
    ②②①③② ②①①①① ②①③②③ ①①①②①
    そして、次の20問の正解は、
    ②②①③② ②①①①① ②①③②③ ①①①②①
    と20問ごとに正解が同じ並びなのです。(一部印刷ミスがあるのかな?)
    勿論、800問すべてではないですが、幾つかのパターンが20問ごとに並び続いています。
    同様に、2~4回の正解順も見てみると、40問ごとに同じ並びが続きます。
    4回が行われた1980年に、問題集をまとめて3冊出すまで、公にしていないからか、何故、初期の頃は「徹底」していなかったのですか?
    真相を教えてください!

  4. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    あずさ2号、現在は松本発東京行となっています。
    というのも、現在は奇数号が下り、偶数号が上りとなっているからです。
    問題出題当時とは状況が変わってしまいました。
    あと「的を得た」ですが一概に誤りとは言えないようですね。
    「的を得た」「的を射た」などで検索してみるとわかると思います。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    間違いやすい日本語でしょうね。文章を書くときは注意しないといけませんね。今後気を付けます。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    ブログにあった問題は、ウルトラの電子ゲームやボードゲームにもある問題なのでとても懐かしいです。特に2・3問目は答えがこれでなきゃ面白くないだろ! というタイプの問題ではなくどれももっともらしい選択肢で、答えを知って『へぇ~!』と得した気分になる三択らしい優れた問題と選択肢だと思います。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    ウルトラの本を見ると、1回大会の問題は全体的に難しい気がします。
    当時は1回きりの予定の番組だったと聞いてますので、3択でも難しくなったのではないでしょうか?

  8. SECRET: 0
    PASS:
    tsutomuさん
    「的を得(え)る」ではなく「的を射(い)る」ですよ!
    弓矢をイメージしてください。
    やはり、よく間違いやすい日本語なのですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください