自由の女神の身体検査

メリカ横断ウルトラ・クイズでは、自由の女神が番組の象徴的な存在でした。

back3

イズの第1問が自由の女神に関する問題だったのがその理由です。
番組に出たい挑戦者は、これをクリアしなければ参加出来ないので、皆さんが自由の女神の情報を集める事に専念していたのでした。
クイズ問題としては出題されていませんが、我々は自由の女神様の情報を沢山収集していましたので、その1部として、今日は女神様の身体に関するデーターをご紹介してみましょう。
その前に、閉館されていた自由の女神が、再開されたそうですね。
それにしてもこの騒動で、1日に600万円も管理費が掛かるという事がニュースで流れ、びっくりしました。
内訳は解りませんが公園の管理って、本当にお金が掛かるのですね。

もそもこの女神像は、アメリカとの友好関係を記念して、フランスから贈られたもので、献呈式は1,886年に行われました。
この式典に日本人が招待されたという記録は残念ながら残っていませんでした。
これはクイズの問題になりましたので、記憶にある方もいるでしょうね。
また、この式典は日本の新聞で報じられていました。

の制作はフランスの彫刻家バルトルディで、モデルとなったのは彼の母親だと伝えられています。
像は右手を高くかざし、自由への道を照らす松明を持っています。
一方、左手には独立宣言を表す本を抱え、独立宣言の日付け1,776年7月4日が刻まれています。

像の台座はアメリカ国民の献金で作られ、台座から松明までの高さは約92メートルです。
更に細かく言えば、手の長さは約5メートル、人差指の長さは約2・4メートル、鼻の長さは約1・4メートル、口の幅約91センチ、そして左手に持つ本は長さが約7・2メートル、幅約4・1メートル、という数字でした。

また、特筆したいのは像の内部の骨組みは、エッフェル塔で有名なエッフェルさんが設計した巨大な鉄柱で支えているのだそうです。

エッフェル塔

この資料は、当時我々がアメリカ観光局から入手したもので、一般にはあまり知られていませんでしたが、途中で自由の女神に関する書籍が沢山出版されたので、その中には当然書かれていたでしょうね。

1つの銅像が数々の本になり、そのデーターを細かく記憶する人達が沢山いた、これも女神様ならではの珍しい現象でしょうね。
今的に表現するならギネス認定物かも知れません。

「自由の女神の身体検査」への14件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    除幕式の日時は、10月28日。その日のニューヨークの天気は雨でした。これは第10回の番組でご紹介しています。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    慌てて問題集を読み返しましたが、14回・東京ドームで出た「自由の女神の誕生日は10月25日…」は完成した日であって、その3日後に除幕式が行われたワケですか?

  3. SECRET: 0
    PASS:
    先程ZIP!で紹介されました。
    今日10月28日が「自由の女神」の除幕式が行われた日なんですね。
    日付までは流石に知りませんでした。
    奇しくも、ウルトラを終了した1993年の「ドーハの悲劇」と同じ日でした。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    確か、昔のように王冠の部分には登れないけれど、その手前までは内部も解放されていたと記事で読んだ記憶が有りますが。
    でも、私の不確情報ですので、行く場合は調べてください。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >城明日華@TeNYさん
    段々とウルトラクイズに似てきたようですね。オリジナリティーを大切にしてほしいのですが。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    確かに「像」ではなく「女神」と訳した人は凄いですね。確か、最初に報道した新聞が、その様に紹介していたのを思い出しました。センス抜群ですね。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >まんねん♂さん
    最初からアメリカ観光局の協力は大変助かりました。我々のリクエストは100%叶えてくれた印象です。アメリカのお役所は我が国とは随分違うのを実感し、益々アメリカ・ファンになりました。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    維持費がそんなにかかるとは驚きでした。
    女神様のお膝元でクイズ撮影を許可するなんて、アメリカの懐の広さ、ウルトラスタッフさんの情熱が通じたんでしょうね。
    ニューヨークへ行って、女神を拝見したいものですが、女神の内部には入れないんですよね‥‥ 確か9.11以来だったような
    いつかは女神の内部の観覧も自由です。となるように平和になって欲しいですね。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    古い洋画の邦題にもいえると思いますが、直訳すると味気ない『自由の像』を『自由の女神』と訳すなど、日本人が持つ語感のセンスは素晴らしいですね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    スタッフロールが流れる1番最初に、
    「協力:米国商務省観光局」
    …とあって、なるほどあれだけの事をやるには、まずは舞台であるアメリカ本国の許可がないと無理やろ…なんて考えながらエンディングまで見送ったのを思い出しました。
    番組のスケールもそうですが、それを許可するアメリカの懐の深さも垣間見たものでした。
    世界の市場・摩天楼はともかく、自然豊かな景色が残る場所、決勝戦のパンナムビル、リバティ島、プリンセス号の上…など、特にリバティ島に関しては今回の1件で図らずとも大きくクローズアップされてしまったが為に、当時とはいえよく使わせてくれたなぁ…とまで思いますね。
    しかし、それもこれもがあったから、「自由の女神」がウルトラの象徴的存在となったのでしょうね。
    今でも何かの映像で自由の女神を見ると、頭の中を例のテーマソングが流れます。
    ほとんど病気みたいなものです(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>