スタジオ・パートの思い出

メリカ横断ウルトラクイズは、クイズ・サバイバルをしながらアメリカ各地を旅をする、これが基本路線でした。
しかし、番組としては収録されたVTRを見ながら、スタジオで高島忠夫さん石川牧子アナの掛け合いで、番組を盛り上げる役目をしていました。

スタジオ

今回は、読者の方から、スタジオ・パートのご質問を戴き、エピソードがあれば、それも紹介して欲しいとのメッセージを戴きましたので、お答えしたいと思います。

ず、ご質問でスタジオ・パートの台本は別の構成作家が担当していたのか、とのご質問なのでお答えします。
番組のエンドロールには、構成として私の他、数人の放送作家の名前が出ておりましたが、スタジオ・パートもロケの部分も我々が全部書いて台本を作り、それに沿って進行していました。但し、ロケには台本など有りません。
でも、ナレーションはすべて、台本に沿って録音されていますので、アドリブのナレーションというものは有りませんでした。
その台本は名前の出ていた放送作家が手分けして書いていました。

て、皆さんの興味は高島さんと石川アナの絶妙な会話にあったようです。
あの場面は台本通りですか、或はアドリブですか?とのご質問にお答えします。
石川アナはベテランのアナウンサーですから、普段はアドリブもお得意です。
しかし、高島さんは元々映画の大スターですから、台本を大切にする習慣が身に沁み込んでいて、すべて台本の通りにおしゃべりをしていたのです。
それも、大変几帳面な方なので、一字一句、間違いなくお話したいという希望でした。

のため、マネージャーの女性が大きな模造紙にカンニング・ペーパーを書き、カメラの横でそれを掲げて収録していたのです。
高島さんはベテランのスターだけに、カンペを見ながらも、その様な事を感じさせない明るい演技で、アドリブのようにおしゃべりをしていたのです。
石川アナもその様な状況を楽しみながら、明るい雰囲気を出していました。
それが結果的に、明るいウルトラクイズのイメージを盛り上げてくれたのだと思います。

に石川アナは、ウルトラが大のお気に入りで、第7回には進んでロケに参加して、若いスタッフに混ざって荷物運びや、ロケの後片付けなどを、積極的にお手伝いしていました。
あの頃を思い出すと、画面に出る人と、裏方で作る人が一丸となって作業をする。
その様な熱気が視聴者の皆さんに伝わる、それがウルトラ・クイズだったような気がします。

「スタジオ・パートの思い出」への19件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >11 ゆうのすけさん
    曲名ありがとうございました。早速検索して初めてのフルバージョンを楽しみました。
    過去ブログやコメントの中でも何度も言われていますが、インターネットの威力は、TV放送当時と比べて目をみはるモノがありますね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >マメさん
    そうですね。高島さんは日本人離れのスマートな俳優さんで、スタッフにも大変評判の良い方でした。
    元気でご活躍の頃が懐かしいです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    スタジオパートの話題をリクエストしたマメです。
    記事をアップしていただき、ありがとうございました☆☆☆
    司会のお二人の進行は、そんな風になってたんですね!
    あれがすべて台本だったなんて…驚愕です。
    本そのものが面白いし、お二人のコンビネーションも素晴らしい!!!
    高島さん、80年代は番組のホスト役としてたくさん拝見しましたが、
    全部カンペだったのかしら…? と思うと「すごい」のひと言です。
    わたしの中では、高島さんもどこか西洋風というか
    遠い外国、アメリカを感じさせるたたずまいで大好きでした。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    そうです。前にもブログで触れましたが、高島さんは芸能界では珍しく気配りの人でした。だから仕事が遣り易かったです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    テレビマンは料理を作るシェフと同じで、どのように仕上げたらお客さんが気分良く見られるかを知らなければなりません。多分これは感性でしょう。ウルトラの場合は、最初から素晴らしい演出メンバーが担当していたので、伝統的に受け継がれたのだと思いますよ。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >ゆうのすけさん
    音楽にはそのような思い出の効果があるから、素晴らしいのでしょう。好きな曲には何らかの思い出がダブって来る、これぞ音楽効果というヤツです。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    高島忠夫さんに対するせまさんのコメントや、北川さんがウルトラ後に劇場で偶然再会した時のお話を聞くと、ウルトラクイズのチャンプという以外は全くの市井のド素人なのにも関わらず、東宝の銀幕の大スター(私、東宝特撮の大ファンです 笑)がこんなにも気さくに、しかも敬意を持って接してくれるなんて、画面通り本当に素敵な方ですね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    16+1年の歴史で、よくぞ貫いたと言えるのが、テレビの主流であるVTR中にスタジオ出演者のリアクションを映した「ワイプ」を一切やらなかった事ですね。
    いくらスタジオの尺が短いとはいえ、ウルトラでやられたらホント邪魔で感情移入が出来なかったでしょう。
    同様に「(スタジオの)観客の声」も一切入れなかった事も高く評価します。
    ロケ現場では、アメリカ人(など)が拍手やブーイングなどで場を盛り上げていた事はいいんです。
    ただ、そこにスタジオの観客の声を過剰に挿入したら、そっちに気がちっちゃいますよね。
    最近の番組は特に解説後に「へぇ~」の声ばっかり入れたりしますからね。(出演者ならまだしも)
    ひょっとしたら今世紀最後でやりかねないと思ってました。(衛星中継のやり取りは別にして)
    あくまでもスタジオはスタジオだけでやってましたから、こんな所にも「徹底」していたんですね!

  9. SECRET: 0
    PASS:
    スタジオパート、これもウルトラクイズには欠かせない存在でした。そしてもちろん高島忠夫さんと石川牧子アナウンサー、この2人なくしては完成しないものでもありました。
    ルート紹介においては電飾セットももちろんですが、その時の曲、サルソウル・オーケストラの「Magic Bird Of Fire」も忘れてはならないと思います。僕もつい最近、動画サイトで聞くことができ、曲名を初めて知ったのと同時に当時を懐かしむことができました。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    また資料のない今世紀最後の事ですみませんが、ご病気されなければ高島さんがスタジオ司会をする予定があったのですか?
    また、伊東四朗さんを起用したのは日テレ側の都合(裏ワザがヒットし始めたから)ですか? それとも実はトーク番組で高島さんとは「因縁」があったと語っていた(内容は忘れました)からなんですか?

  11. SECRET: 0
    PASS:
    第12回の5週目のスタジオパートの出演者ですから。
    もし売れば高値がつくのかな?手放す気はありませんが…
    5回行われたスタジオ収録には、1週目と5週目の2回参加しました。と言っても、決勝進出の2人は、一般客と一緒のスタジオ観戦でなく、副調整室に「隔離」されました。そこで新人アナだった永井美奈子さんにお茶をいれてもらったのですが、失礼ながら「バイトのネエちゃん」だと思ってました。
    高島さんは収録開始前に「ロバの金〇」の笑い話をされるなどで、スタジオの雰囲気を和ませていました。
    収録終了後、スタジオを出てきた高島・石川両氏に挨拶させていただくと「この2人のどっちかが優勝したんだね、楽しみだよ」と気さくに応じてくださったことを覚えています。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    スタジオパートのお話、有り難うございます。
    13回からスタジオパートがなくなってしまい、寂しい思いをした事をふと思い出しました。
    15回、今世紀最後でスタジオパートが復活しましたが、やはり、高島さんと石川アナウンサーの掛け合いが私は今でも一番好きです。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    初回から12年も番組を盛り上げ続けてきた、高島・石川コンビのテンポよい進行の裏側には、そんな完璧主義の演出があったのですね!?
    お二人は他に「人文字コンテスト」も担当してましたが、ここでも「勝てば天国、負ければ地獄…」のフレーズを息ピッタリに言っていたぐらい、やはりウルトラクイズのイメージが強かったです。
    しかし、平成に入った途端に「大人の事情」があったのか、スタジオパートが廃止された。
    これって何か理由があってリニューアルされたのでしょうか?

  14. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。
    毎年1週目のルート紹介が非常にワクワクしながら観ていました。高島さんが「チェックポイントが多いので酸素が足りなくなる」とよくおっしゃってたり、さりげなく新曲のレコード(笑)の宣伝を入れてくるのを思い出しました(笑)。
    あの掛け合いが12回で終わってしまったのがなんともさびしかったです。そのあとの「google Earth」の先駆け的な地球のCGルートもカッコよかったですが、壁一面の電飾ルートとお二方の掛け合いは今でも印象に残っております。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    高島さんと石川さんのやり取りは台本半分アドリブ半分かと思ってました。
    スタジオで司会をしたのではなく、司会の役を演じてらっしゃったんですね。
    台本の台詞をアドリブのように自然に喋る技術は流石です。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    ウルトラクイズは「本編」と「スタジオパート」があっての番組であったように感じています。スタジオパートでは高島さんと石川アナの掛け合いが本当にツボでした。福澤アナが司会の回で1回だけスタジオパートはありましたが、高島さんと石川アナにはかなわなかったと感じています。
     あと、スタジオパートといえば、ルートを示した電飾セット。スタジオパートがなくなった頃からのCGでのルート紹介は味気なかったです(当時としては斬新ではありましたが)。
     電飾セットを使ってのルート紹介は掛け合いも含めてテンポ良い紹介で忘れられません。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    スタジオパートの掛け合いはお二人のお人柄も相まって、とても楽しかったです。
    特にルート紹介のチェックポイントのコメント、トメさんのナレーション、最終週最後のナレーションなどはメリハリが効いて、ワクワクさせたり名残惜しさを感じさせたり最高の台本だと思います。そしてそのセリフも高島さん、石川さん、トメさんのキャラクターがとても活きていました。
    長年の積み重ねが、この人ならこういいそうというセリフの台本になったのでしょうね。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    スタジオパートに台本があるであろうと言う事は推測していましたが、まさかそこまで緻密な台本を忠実に演じていらっしゃったとは思いませんでした。
    昔の放送(第11回)を引っ張り出してみたのですが……ルート紹介やエンディング(これは絶対に台本が必要)、小道具が出てくるところ以外、高島さんの動きはアドリブにしか見えない……(石川さんはチラッとカンペに目を向けるしぐさがわかってしまいました^^;)。
    そういう視点で改めて見てみると、高島さんの偉大さってのがよく解りますね……もう一度、そういう視点を加味して録画を見てみたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください