恐怖の罰ゲーム

メリカ横断ウルトラクイズを全部で17年間に亘り関わってきました。
ロケ、ロケハンで世界各地を歩いて、訪れた地は数知れず、日本人が滅多に行かないような場所にも行ってきました。
私は番組の構成作家ですから、当然訪れた場所の資料は沢山買い集めました。
本やパンフレットだけでも可成りの量になっていました。

れらの資料は当然番組に生かすため、その頃は整理して保管していました。
ところが私は物を集めて大切に保管するような事が苦手だったのです。
今思えば残念な事ですが、何年か経過した資料は、片っ端から廃棄していたのです。
そうでもしないと棚や資料庫が一杯になって、他の資料が置けないからです。
ウルトラクイズの放送テープにしても膨大な量が有りましたので、10年位前に全部廃棄処分にしてしまったのです。
従って私の手元には一本の映像も残っていません。
つまり、昔を懐かしんで、いつまでもヒット番組の事を思っていたのでは、新しい企画の邪魔になってしまう、と強がっていたのでしょうね。
その他にも、ウルトラの資料を残さなかった理由があります。
私が放送作家の後輩や、会社の社員にウルトラの話をすると、明らかに嫌な顔をするのです。
つまり、彼らには私が関わったヒット番組の自慢話に聞こえるのでしょうね。
年寄りが若い頃の自慢話をしている、その様な図式でしょう。
それを感じてからは、私は身内にさえウルトラクイズの話はしないように暮らしていました。

在ブログを書いていて、それらの資料が残っていればどんなに役立つか、後悔していますが、当時はそこまで気が回らなかったのです。
資料が少ない上に、日記を付ける習慣が無いのですから、思い出すのに苦労をします。
そこで、今日は私がロケハンで味わった恐怖体験を書いて見たいと思います。

々はロケハンで罰ゲームの案も探していました。
例えば第13回のニュージランドで、バンジージャンプを発見しました。

バンジージャンプ

しかし、私も同行のk氏も、l氏もこれに挑戦する事が出来ませんでした。
数十mの釣り橋の上から、谷底目がけて頭から飛び込むなどという冒険は、恐怖心が高まって、とても出来るものではありません。
私達が出来ない事を敗者に押し付けるなど、テレビの制作者がやってはいけません。
従って、この罰ゲームは、実行直前の恐怖心をたっぷりと描き、直前にストップという、ドッキリ・スタイルで収めました。
敗者は恐怖で失神寸前、大いに笑える罰ゲームでした。

ところで15回のロスで、恐怖の罰ゲームがありました。
当時人気のドッグファイトを体験させるという罰ゲームです。
ドッグファイトとは、軽飛行機が2機、上空で空中戦を行い、どちらかを撃ち落とすというゲームです。

ドッグファイト

勿論、本当に飛行機が墜落するわけではありません。
2機の飛行機が空中戦を演じ、ミサイルを撃ち合って命中させるというお遊びです。本物のミサイルではなく、レーザー光線を撃ち合って、3発当てられると錐もみ状態で墜落してしまいます。
上空何千mで行うゲームですが、私はこれを体験する事になったのです。
私は演出のk氏と、2機に分乗して体験しました。
軽飛行機とはいえ、上空で空中戦が始まると、恐怖心が高まってきます。
特に錐もみ状態で落下する場面ではGがかかり、体中が押しつぶされそうな圧力を感じます。
勿論、顔はひきつって、後で写真を見ましたが情けない状態でした。

の罰ゲームは我々が体験し、安全を確認しましたので当時最年長(50歳)の会社の部長さんNさんが体験させられました。
Nさんにとっても生涯忘れられない恐怖体験だったでしょう。
でも、これも過ぎてしまえば良い体験でしょうね。
人生でそんな思い出が一つや二つあった方が楽しいでしょう。

「恐怖の罰ゲーム」への24件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ふぅしゃむさん
    ブログの更新はエネルギーが必要ですが、頑張ってください。又の訪問をお待ちします。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    初訪問です♪やっぱり人のブログっていろいろと勉強にもなるし刺激になります♪私のブログではまだまだ勉強中ですが、美容とかダイエット、ファッションについて自分なりに書いてます♪更新頑張ってくださいね♪私も頑張って為になる記事書いていきます!!お互いアメンバーになりたいです!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >上越狂太(仮名)さん
    ドッキリはそれだけで番組が成立するだけに何をやっても面白いですよね。罰ゲームでは良く取り入れました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    このタイトルよく見たら、ツトムさんのブログの記念すべき第1話と同じタイトルですね。そのときは12回イグアスの「ブラジル警察に捕まるドッキリのはずが、パラグアイの警備隊に本当に捕まり、スタッフが敗者を解放するのに苦労した」でしたよね。もっとも今回は「(ドッキリとしての)恐怖の罰ゲーム」ですが。私はどちらかと言うと陸上でのドッキリが好き(特に14回オレゴン)ですが、空中でのドッキリも面白いですね。あと9回ロンドンでの「トラにびびらず、失敗に終わったドッキリ」も興味深かったです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    希望者はお金を払って楽しむ遊びですから、それが出来なかった敗者がかわいそう、という理屈も成り立ちますね。でも、単にイジメるのが目的の罰ゲームでは有りませんので、適度のブレーキも必要だったのです。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    バンジージャンプはクイズ開始前に罰ゲームを紹介したのは強烈だったでしょう。
    誰もが見ること自体が初めてでしょうし
    テレビで見ていた当時は絶対にやりたくない罰ゲームでも、今となってはやってみたいし、日本に入ってきたりと、ウルトラが先駆けが多かったですね。
    罰ゲームをさせられてない準優勝者が可哀相

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    それは初期に作ったウルトラの原則に記されているウルトラの法律です。白井氏も加藤氏も優秀な演出家ですから、原則を守ったのです。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >アーチェ=ファンタジアさん
    勿論、危険な罰ゲームは必ずスタッフが体験して、安全を確認してから、実現という手順を踏んで行われていました。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >まちゃぞうさん
    あの頃、バンジージャンプは日本では未知のアトラクションでした。
    我々はこの様な新しい物を探すのも楽しみでした。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    永福(ながふく)さんか(えいふく)さんか、読み方で誤りがあったのか、ビデオで確認しなかったので、間違いならば訂正します。キャメロンパークの敗者と混同はしていませんのでご安心ください。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >とどさん
    ウルトラクイズは新しい情報も大切な番組の要素だと思っていましたから、外国で人気のアトラクションは直ぐに取り入れていました。
    テレビは何時でも新しい情報を提供する使命があるのだと思います。
    何でも2番煎じは、最悪ですよね。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    私は過去の仕事に拘らないタイプの職人でしたから、成功した作品も沢山有りましたが、資料は何も残っていません。放送の仕事って、新しい事に挑戦する場合が多く、過去に拘っていたら新アイディアが生まれないと思っています。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    >モジャくんさん
    我々は見て楽しいアトラクションを探していたので、バンジージャンプは正に、掘り出し物でした。その後日本でも流行りましたが、体験は無理にやらせるべきではないとの現場判断でした。今でもこの判断は正しかったと信じています。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    両方の罰ゲームとも強く印象に残ってます。バンジージャンプは、敗者の表情が青ざめていったのを覚えてます。
    私の感覚では、バンジージャンプが、ウルトラクイズで放送後に、一気にメディアに紹介されたように思います。
    ウルトラクイズって、影響力がすごいなと思い知らされた一場面でした。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    僕は、この番組で罰ゲームを見て、罰ゲームによっては面白かったよりもかわいそうだという想い出があります。それは15回の方は、この後「玉砕」という字が出て、50歳という高齢でもあったので何事もなく帰れたのか少し心配になってしまいました。それ以外でも当時小学生だったとき罰ゲームのコーナーの最後で「帰国?」という字が出て、一緒にテレビをみていた僕の母親に「この人本当に帰れなくなっちゃったの?」と真剣にきいてしまったことがありました。今思えば馬鹿馬鹿しいことをきいてしまいましたね。本当に敗者が罰ゲームのせいで日本に帰国できなくなったら日本の外務省や現地の日本大使館の世話をかけることになるし、今やって帰国できてもこのようなテロップを出したら抗議がたくさんくるでしょうね。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    加藤×長戸対談でもバンジージャンプの事にふれています。
    ウルトラ準備段階中に、フランスのバンジーで死者が出たからと、プロのタレントじゃない「素人」に無理やりさせて、死なないまでもケガさせたら番組が終わるだろうという「ダブルパンチ」が理由です。
    加藤氏は、テレビマンユニオンの白井氏の頃からDがやらないものやらないと言って、当時の(4週目)担当Dも跳べなかったので、出来ないなら跳ばせないなって事で直前ストップの形いいよと決めた様です。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、ノリです。
    確かに恐怖の罰ゲームでしたね。
    特に覚えているのは、第15回のロサンゼルスです。
    「ドッグファイト」で敗者が気合いの鉢巻きを締めて
    果敢に挑んだのですが、最後は「玉砕」になってしまいました。(画面上では)
    本当に無念でしたね。はい。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    tsutomuさん、訂正があります。
    15回・ロス敗者は「N」さんではなく「E」さんです。
    単行本で確認しました。
    16回・キャメロンパークで炎天下の中、道路の不要な白線を消していた方がNさん(当時40)です。
    共に飛行機がらみで敗者が最年長、記憶が混ざってしまった様ですね。

  19. SECRET: 0
    PASS:
     ウルトラクイズのアトラクション系の罰ゲームは意外と後々、「日本へ上陸!」というようなものが多かったように思います。今回の記事の「バンジージャンプ」は数年後に日本でも流行しました。日本テレビ著「ウルトラクイズ」シリーズの書籍で知ったのですが、ジェットコースター系の罰ゲームも後に日本の富士山周辺でそのジェットコースターはお目見えしていたと記憶しています。罰ゲームではないですが、クイズでも「エアロビクス」を紹介していたり…と。意外と当時の先端を走っていたのではないでしょうか。

  20. SECRET: 0
    PASS:
    私は中々モノ(主に本)が捨てられず、モノに埋もれて暮らしてます(泣)
    私がファンの劇伴作曲家も楽譜等は溜まって邪魔になるからと処分することがあるそうで、ファンからすると「モッタイナイ!!」と悲鳴を上げてしまいますが、本人は終わった仕事に未練はないようで、仕事であってコレクターな訳ではないのだからそういうものかもと思いました。
    ウルトラの罰ゲームに使われるアトラクションは大体日本で未紹介のものなので、見たこともないものを体験するロケハンスタッフにも罰ゲームみたいなものですね(笑)

  21. SECRET: 0
    PASS:
    今でこそバンジージャンプはアトラクションとして日本でも気軽に楽しめますが、ウルトラで紹介された時は衝撃的でした。(ひょっとして日本で初めて、娯楽としてのバンジージャンプを紹介したのはウルトラクイズでは?)
    なので、ジャンプ寸前にストップがかかるまでの間、敗者と同様のドキドキハラハラとした追体験をテレビの前でしていました。
    でも、今なら「なぜ飛ばさない?」となるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>