家族の記念日の意味

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人なら当然知っているべき常識を中心に作られていました。

「知っているべき」とは言え、出題と同時に思い出せる人と、一瞬考えた後に思い付く人が居てクイズはこの両者の戦いです。

良く考えれば、誰でも思い付く問題は「易しい」と我々は分類し各チェック・ポイントに配分していました。

その代表的な問題が、第10回のモニュメントバレーで出されていました。

問・父の日、母の日、子供の日。一番最初に来るのはどれ?

答・子供の日。

解説 子供の日(五月五日)。母の日(五月の第二日曜日)父の日(六月の第三日曜日)。

今年の「子供の日」と「母の日」は既に済んでいますね。残るは来月の「父の日」だけ。

でも、一家の大黒柱である「父の日」が何故一番最後なのでしょう? 納得出来ないお父さんもいるのではないでしょうか?

それに対しては、重要な人は「トリを取る」との寄席や会合での挨拶の日本の習慣だ、と考えると納得がいくように思います。

例えば、結婚式の挨拶でもトリを取るのは「主賓」である一番大切な人、と日本の仕来たりでは決まっていました。

この順番を間違えると、昔は怒って帰ってしまう人が居たくらいで、式の幹事さんは大変気を配ったくらいです。

最近の若い人は、この様な日本の古い習慣を知らずに、適当に挨拶の順番を決めたりしているようです。

とは言え、結婚式ともなると両家の長老的な年配者も参加しますので、挨拶の順番は仕来たりを守った方が良いと思いますよ。

もっとも、その様な苦言をいう年配者は少ないのが現実です。何故なら「年寄りの冷や水」との諺があるからです。

余計な事をべらべら喋るお年寄りは、昔から嫌われる条件でしたからねえ。

本日の裏話は、家族の記念日のクイズ問題に関連して「父の日」が一番後になる理由のお話でした。

日本には「余計な事は言わない」との文化があります。平和に暮らすには「他人の事は気にしない」のが一番。

結論として、会社でも学校でも「他人の噂話はしないこと」。これは面白いけれど仲間に嫌われる最高の要素ですからね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください