第12回を数字で見ると!

メリカ横断ウルトラクイズが、現在史上初となる再放送されています。
放送局はCSの「ファミリー劇場」で、第12回を放送しています。
そこで今日は第12回のデーターを数字で振り返ってみたいと思います。

★東京ドーム参加人数は20,744人、北は北海道から南は沖縄まで、交通費自前で参加して頂きました。たった1問で惨敗なさった方もいらっしゃるでしょうが、クイズのお祭りに参加した、という満足感に浸っていたと我々は感謝しています。

★移動距離、55,000km。ウルトラクイズ史上一番の距離でした。

★飛行機の搭乗回数は何と18回、地球一周が4万キロですから、一周して更に15,000kmもおまけが付いたので、乗っている時間だけでも相当なものでした。但し、その数字は残っていないのが残念です。

★最低温度、氷点下12度(バロー)北極圏で人類の住む最北端でした。

★最高温度、摂氏37度(モハーベ砂漠)、この猛暑の中でばら撒きクイズが行われたのです。但し、熱射病にかかる人は0でした。目出度し、メデタシと言えるでしょう。

★北の果て。北緯71度17分(バロー) 寒さに負けず、挑戦者も頑張りました。遥か彼方に野生の白熊が肉眼で見えたり、すごい体験が出来ました。

★南の果て。南緯54度50分(フェゴ島) 人類の住む最南端の街で、マゼラン海峡に面し、世界一周のヨットマンは必ず通る港がありました。

★クイズ問題作者64名。この人達が約半年間、頭を絞って、クイズ問題を作りました。東京ドームで敗者になった皆さん、いや、どこでも敗者になった皆さんが口惜しさをぶつけるなら、標的はこの64名の皆さんと言えるでしょう。徳光和夫さんの頭をピコハンマーで殴っただけでは、収まらなっかったでしょうね。

★番組制作にかかった日数。248日でした。

★番組制作に関わったスタッフ。169名、一番組のスタッフとしては、ケタ外れの大所帯です。これだけ多数の人間を投入して作られた番組だったので、視聴率が常に求められました。

★この回を見た人の数。噂では日本人の3人に1人が見たというのですが、実態は霧の中のようで、掴みどころがありません。

でも、このブログを書いて知った事ですが、老若男女多数の皆様からコメントを戴き、本当に多くの方々に親しまれた番組だったのを改めて知らされています。
第12回の再放送は今夜8時から、第2話です。
             ご期待ください

ファミリー劇場

「第12回を数字で見ると!」への28件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >リハパンさん
    あの早く寝た方が復活する、というアイディアはウルトラの名作の一つだったようですね。反響もすごかったのを思い出します。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    介護で多忙中の息抜きに懐かしいネタを発見。
    じっくり読んでないので話題として前後するかも知れませんが、私が一番ウケたのは、どの回かの敗者復活戦で、「一番最初に寝た人が復活」という闘い(笑)。
    脳波測定機をつけて「さぁ寝てください!」って! そして、入眠が確認された瞬間に「おめでとう」と起こされる。このアイディア思いついた人最高~!と、大爆笑したのを覚えてます。毎回楽しみに観てました。いい時代でしたね~。
    勝手にコメント残し逃げ失礼しました。
    さぁ、おばあちゃんのトイレの時間だ。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ちゃんさん
    テレビは編集をして放送しているので、その過程でカットされている人が、再び登場する事も起きてしまうのです。でも、不正はありませんので安心してご覧ください。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    久しぶりに中2に戻れて良かったですね。音楽やテレビにはその様な効果があるので、多くの人に親しまれるのでしょう。今週もまた、昔にタイムスリップして楽しんでください。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    グアムまで勝ち残った挑戦者の中に、Yさんという年配の女性がいて、この人もバローまでいってたら面白かったのになあと思ってたら、その女性がパシフィカまで行ったUさんの奥さんと勝者席でハイタッチしていたのでアレッと思いました。
    この回の優勝者の瀬間さんは、ドームの最後の問題で敗れて悔しがっているシーンが映っていますよね。当時の木曜スペシャルの前にやっていた追跡という番組でウルトラクイズの裏の裏という特集でも敗れて帰って行くシーンが映っていて、この人本土に上陸しているのになんでって当時疑問に思って見ていたら優勝しちゃいました。
    何年も経ってから、ネットで辞退者が出たために繰り上がったという事を知り、納得した覚えがあります

  6. SECRET: 0
    PASS:
    放送を拝見しました。
    また中2に戻って見てました。
    12回大会は初のドーム予選、徳光さんが挑戦者としての初参加と敗者の味方の交代、年齢制限の引き上げと、初代チャンピオンの復活
    と、記念すべき大会だったんですね。
    改めて番組の偉大さを感じます。
    早く続きを見たいです。
    早く来い来い金曜日!!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >ちゃんさん
    人数の絞り込みは通常編集でカットというのは無いのですが、その様な疑問を視聴者に与えたのはまずいですね。今となっては原因の調べようがないので、ご了承ください。
    アメリカの景色が今と変わっているのは、時代の流れで、昔を懐かしむ人にとっては淋しい現象でしょうね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >マル51さん
    テレビ放送にはそれぞれ局に都合というものが有るので、編集、カット、は仕方のない事なのです。黄色いハットの立たない事件は、その内ブログで書きましょう。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >S&Tさん
    納得頂けて有難うございます。何時の時代でもプロの職人は、仕事が凄いという事でしょうね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    ウルトラクイズで好きな回は3回、4回、11回、そして再放送されている12回なので楽しみに見ています。
    グアムのどろんこクイズの正解者の席に座っていた方で、バローには行っていない方がいたのですが、正解者が20人を超えたために絞りこみのクイズをやったけど、放送ではカットされたという事でしょうか?ちょっと気になりました。
    大人になってからサンフランシスコとラスベガスは訪れた街なので感慨深いものがありました。
    ラスベガスのダウンタウンのフリーモントストリートでのクイズがプラザホテルをバックに景色がきらびやかでよかったです。
    今は、あの通りは、電飾ショーのためにアーケードがついたので、あの景色の写真は撮れないんですよね。(その電飾ショーも素晴らしいんですが)罰ゲームのアラジンホテルも爆破解体される前の古いホテルでした。今は、プラネットハリウッドホテルになりました。
    26年前のラスベガスの様子がわかって興味深かったです。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    再放送をご覧になったウルトラファンは既にお気づきだと思いますが、当時の木スペで流れた「提供バック」はカットされていました。
    正直、あそこで流れる曲もあって欲しかったですね。
    最近のドラマの再放送では提供バックも流しているだけに、何か物足りなさを感じたファンも多いことでしょう。
    参考に、1週目はアラスカ鉄道、2週目はグアム・泥んこQのプール作成の模様でした。
    そして、3週目はサンフランシスコでケーブルカーに乗ってきた挑戦者が降りてくるシーンでしたが、その直前の福留さんがこの事を語っていた所までも編集で落とされていました。
    地方局での当時の再放送でもそこまでは流石にやっていたのですが…
    冒頭でオリジナルを尊重して…と言いながら、別に支障のない本編もしっかりやって頂きたかったです。
    あっ、ごめんなさい。
    折角のCS初再放送なのに苦言を呈してしまいました。
    ファミ劇さん、それだけウルトラファンはこだわっている事をご理解ください!
    ところでtsutomuさん、丸秘証言集②での「黄色のハットが立たない事件」(14回・ソルトレークの列車タイムショック)について、今後のブログで詳細を語って頂けますよう、お願い致します!!

  12. SECRET: 0
    PASS:
    BGMについて回答して頂きありがとうございます。
    なるほど、ロケ隊とは違えどここにもプロの仕事あり、なんですね。本当に素晴らしい。
    番組作りの奥深さを垣間見たような感じです。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    >浜崎さん
    重箱の角を突っつく人がいるから、細心の注意が必要なのです。テレビには責任がある事をみんな十分に心得ているのに、失敗がある。人間は不完全なのでしょう。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    >浜崎さん
    スーパーの間違いはいけませんね。担当者は注意深くチェックしているのですが、人間のやる事ですから時には誤りもあります。多分放送当時、関係者から指摘を受け、誤っていると思いますよ。ご勘弁を。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    >naotaroさん
    その頃の小学生さん。
    確かに素人がスターになれる唯一の番組と言えました。チャンピオンなどはいまだにお名前を憶えている方が沢山いるので、直ぐに消えてしまう1発屋の芸人さんなどより凄いのは確かでしょうね。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    >S&Tさん
    番組のBGMは音楽効果という専門職が担当します。我々は希望を意見として述べる事はありますが、ウルトラの場合、第1回の担当者がその道の巨匠的な大御所でしたから、最初からセンスは抜群でした。それが歴史の始まりで、問合わせも音楽に関しては多かったですね。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    >匿名希望さん
    敗者の味方の引き渡しが今回ありましたね。
    他の回も放送されると良いのですが、結構ハードルは高いようです。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    >月舟さん
    異例だらけの回でしたから、数字で表すと他の回は敵いません。それだけ12回は特殊な回だったのでしょう。

  19. SECRET: 0
    PASS:
    >ういんちゃんさん
    福留さんは番組の顔でしたから、存在感はありましたね。多分、今度の放送も見ていると思いますよ。

  20. SECRET: 0
    PASS:
    アトランティックシティでのメイン「ギャンブルクイズ」終了後の勝者リストが
    「ニューヨーク行き7名決定!」となっており(ギャンブルクイズで勝ち抜けた
    のは6名です)、7人目の表示はそのあとの「スロットマシーン」で勝ち抜けた
    Kさん(第9回の優勝者)でした。やはりこれも最初に見た時は気づかず、改めて
    見返して「あれ?」となったのを覚えています。一種のネタバレになって
    しまったんですね。この時の表示は「ニューヨーク行き、まず6名決定!」と
    すべきだったと思います。重箱の隅をつついてしまって、申し訳ありません。

  21. SECRET: 0
    PASS:
    第2週・第3週もとても楽しかったです。ところで、その中の第2週・アラスカ鉄道の
    勝ち抜けクイズ「空席待ちクイズ」終了後の「アンカレッジ行き8名追加!」の
    リストの中に、そのすぐ前「また宙ぶらりん決定!」のリストに出てきた
    方が混じっていました。ラスベガスまで進んだHさんです。そしてモハーベ
    砂漠まで進んだTさんは、8名追加のリストに載っていませんでした。表示されて
    いる時間はものの数秒なので、初めて見る時はあまり気にしていませんでしたが、
    録画してあらためて見直てみると、こうやってけっこう気づくものなんですね。

  22. SECRET: 0
    PASS:
    再放送していただきありがとうございます!
    第12回放送当時、私は小学生でした。秋頃に放送されるウルトラクイズ、毎週木曜日が楽しみでした。
    録画したビデオテープ何度も見てました。
    今再放送している第12回を見てウルトラクイズにはまったと思います。
    素人がこんなに主役になれてドラマティックな番組は、後にも先にもこのウルトラクイズしかないと思います。
    できたら第1回から再放送していただけると、大変嬉しいです!!!
    よろしくお願いいたします!

  23. SECRET: 0
    PASS:
    最近このサイトを知りました。ウルトラクイズのスケールの大きさは今でも印象に残ってます。
    ところで番組のスケールの大きさに一役、いやそれ以上買っていたであろう番組のBGMについてはtsutomu氏はどのくらい携わっていたのでしょうか。
    OP、機内ペーパー、勝ち抜け時、決勝のヘリ等センスの良さが感じられるBGMについて何かエピソードがあればお聞かせ下さい。

  24. SECRET: 0
    PASS:
    敗者の味方は11回までが徳光さんでしたが12回からはコント赤信号の渡辺さんでしたよ。
    たしか、12回には徳光さんが参加して第1問で負けて渡辺さんにヘルメットを渡してピコハンでたたいていました。
    本日の第2・3週目の放送が楽しみです。
    これを機に他の回も放送してほしいです。
    特に9・10・13回は見た回の中でおもしろかったものです。

  25. SECRET: 0
    PASS:
    ウルトラクイズにおける、進行役であり出題者である福留さんの功績は偉大なるものでしょうね。
    確か、この時は徳光さんがフリーになってしまって、ズームイン朝の司会が福留さんになった時ですから、さぞかし大変だったのでしょう。
    しかも、高校生クイズの司会もやってましたから、1人3役ですね。
    今はテレビ出演を控えているそうですが、機会があれば、この再放送を機会に、福留さんの今の気持ちを聞いてみたいですね。
    再放送はご覧になっておられるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください