アッと驚く言葉の問題

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、日本語に関する問題が時々出されていました。

標準語は誰でも理解していますが、方言や昔の言葉になると知らない人も多く、意味を知れば知識の幅が広がります。

特に、専門分野や特殊の業界言葉は難解な事もあって、クイズ問題には恰好の題材です。

そんな特殊の世界の言葉ながら、一般にも使われる言葉の問題が第14回のレバノンで出されていました。

問・芝居用語。ストーリーが急転し、意表をつく形で結末を迎える事を何という?

答・どんでんかえし

解説 もともとの意味は、芝居で場面転換の時、舞台の大道具を次の大道具と取り換えるため、急にひっくり返す事でした。

芝居小屋の舞台は、円形で回転出来るように作られているので、短い時間で場面転換が出来るように設計されていたのです。

この「どんでんかえし」を利用して、観客の意表をつく結末に持って行けば「面白い!」と拍手喝采になる訳です。

この精神は現代の小説、映画、ドラマでも生かされており、結末の意外性は作品の評価に影響していますね。

特に、推理小説では「どんでんがえし」のアイディアによってベストセラーにもなるようです。

また、この言葉は一般社会でも使われるようになり、例えば会社の人事異動などで使われます。

本命の部長候補が僻地の支店に移動。その分思わぬ社員が部長に昇進するなど、サラリーマン社会では良くあることです。

どんでんかえしは、こうした思わぬ結果が出た時に、周囲を驚かせたり、面白がらせる言葉となったのです。

本日の裏話は、芝居用語のクイズ問題から「どんでんがえし」の語源と活用のお話でした。

そういえばこの言葉、現代の社会状況で使いたいものですね。あの「コロナ騒動」をどんでんかえしで何とかして欲しいもの。

世界中が拍手出来るアイディアは? これは無理難題ですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください