犬が西向けば尾は東

メリカ横断ウルトラクイズで、沢山のクイズ問題を作りましたが、正解の解説を更に詳しく調べようと百科事典で確認する事があります。
すると、解説の文章の方が日本語としてややこしく、分かり難いというような説明になってしまうのです。
つまり、百科事典の説明の方が、難解な文章で分かり難いという事なのですね。
そこで、この説明文を問題として、答えを求めるという手法で沢山の問題が作られました。
第4回のソルトレークシティーでのばら撒きクイズで次のような問題が出されました。

リハーサル_バラマキクイズ

・足の保護、歩行走行、労働能率などの向上のための働きをし、衣服とつりあった美観を保持し、足を包み込む閉鎖性の履物を何という?

解説
文章でゆっくりと読めば誰でも正解に辿り着くことが出来る易しい問題でしょうね。
履物と言えば、靴か下駄か、草履というのが子供でも知っている常識です。その中でわざわざ閉鎖性と断わっているのですから、通常の意識であれば間違える人などいないはずです。
ところが、ばら撒きクイズのように、走って問題を拾って戻り、更に次の問題を拾いに走らなければならない、体力と時間に迫られて頭がパニック状態になっていると、このややこしい説明が何のことやら判断が付かなくなってしまうのです。
正解は単純な
なのですが、それも思いつかないような状況なのですね。
正解を聞いたお茶の間の皆さんは大笑いなのでしょうが、挑戦者にとっては真剣に悩んでしまうような問題だったのです。

ハズレ

他にも百科事典の説明文を読んで見ると、この様な記述がありました。
空間を二分した時の一方の側。その人が北を向いていれば、東に当たる側。
その答は何でしょう?
ややこしくて、難しい説明ですね。この答えはなのです。
同じようにを辞書で引けば、文章は途中まで同文です。
違うのは、その人が北を向いていれば、西に当たる側。東が右ですから反対の西が左になるので、説明に間違いはありません。
事ほど左様に、辞書の説明文はややこしいのですが、この様な単純な問題が多く使われたのが「ばら撒きクイズ」でした。
視聴者は子供でも解る。でも、パニック状態の挑戦者の頭の中は混乱する、その様な問題は辞書の中に沢山隠されていたのです。

百科事典

「犬が西向けば尾は東」への12件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >まささん
    その通りでウルトラクイズは意地悪な形式が多かったですね。視聴者はそれが楽しかったようでした。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    この手の問題はバラマキクイズに多かったですね。
    答えが腐敗、砂漠なのを辞書から出したようなのや、五段活用、〇〇〇を逆から読むと?
    等、挑戦者には思い出せなくてもどかしかったでしょうね。
    ウルトラクイズは意地悪な番組ですねー
    視聴者側は楽しかったですよ(^-^)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >ノリさん
    そうなのです。一度パニックになると思考回路が滅茶苦茶になってしまうのが人間の弱さです。ばら撒きクイズはその様な性格のクイズでした。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ツーポールさん
    実行して放送カットという事はありませんでした。でも、面白味に欠ける形式は自然淘汰される運命かも知れませんね。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >うえつじラスカルさん
    クイズの好きな理想的な家族に囲まれて小学生時代を過ごした訳ですね。
    ウルトラクイズを家族で楽しんで下さった皆さんのお蔭で、長い事放送を続けられました。
    今は家族で楽しめる番組が少ないので、視聴者にとっては受難の時代かもしれません。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    映画化もされた辞書編纂を舞台にしたベストセラー小説がありますが、その中でもやはり普段気にせず使っている言葉は説明が難しいようですね。右なんてのも箸を持つ方じゃNGですよね。なので各社とも、より的確でさりげなく他社と違う個性を匂わせる語釈を当てるのに悪戦苦闘しているようです。
    辞書編纂もクイズの問題作成も、見出し語や答えに別解のないよう説明する、あるいは導くということでは方向性は逆ですが、互いはとてもよく似ていますね。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、ノリです。
    第10回のダラスでこんな問題もありました。
    問題:「古くからモンゴルには五畜、五つの家畜があります。
    五畜とは、馬・牛・羊・山羊とあとひとつは?」
    答え:ラクダ
    確か川幡さんは豚と答えて不正解になり、
    その後もミスを連発して敗退となりました。
    そして罰ゲームはウルトラライトプレーンから
    投げられる粉末弾の標的になることでした。
    最後は川幡さんが粉まみれになったのを
    僕は覚えています。
    確かに答えられそうな問題でも
    頭の中が混乱して答えられない、
    これがバラマキクイズの恐ろしさですね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    第6回ではモニュメントバレーで「パチンコ」、塁ビルの敗者復活戦で「けん玉」と2度のバラマキでどちらも挑戦者が拾ってきており、印象的な問題パターンでした。
    シリーズの後半ではあまり見かけなくなったような覚えがあるのですが、ネタ切れだったのでしょうか。それとも、挑戦者がことごとく間違えるので放送ではカットされていたとか・・・?

  9. SECRET: 0
    PASS:
    はじめてコメントを残します。
    ウルトラクイズは小学生の頃に楽しみにしていた番組でした。
    小学校の卒業文集の「将来の夢」は、「ウルトラクイズで優勝すること」。
    中学校の卒業文集の「将来の夢」は、「日本テレビに入社して、ウルトラクイズを復活させること」でした(苦笑)。
    我が家では、兄2人・父・母と私の5人で、木曜スペシャルにかじりついて見ていました。
    家族で早押しならぬ、早答え(わかったら誰より先に、声に出して答えを言う)をしていました。
    ばらまきクイズは、テレビの前でのんびり見ている分には「なんで、こんなの分からないの?」「こんなの簡単すぎるよ~」と思うんですが、実際には、おっしゃるとおり、冷静さを欠くんでしょうねぇ…。
    私が記憶している中では、第15回・モハベ砂漠で、M大学のAさんに出された問題、
    Q:37×3は111、37×6は222、では、37×9はいくつ?
    という問題に、Aさんが「8888!」ととんでもない答えを言っていたのが印象的です。
    …、と長くなりました。また、おじゃまします。お体、ご自愛くださいまし…。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    大声クイズも、自分の決められたフレーズを絶叫すると…頭の中が一瞬真っ白になる傾向を巧く利用した形式ですよね(笑)。泥んこ、バラマキ、大声クイズはウルトラの名物形式になったのがよく判る気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>