常識の盲点は面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人なら当然知っている知識が基本で創られていました。

一口に日本人と言えば、子供からお年寄りまで幅は広く、全員が知っている知識は理想的な問題と言えるでしょう。

家族でテレビを観ていて、全員が答えられる問題は誰が正解しても、その問題に付いての会話が広がります。

ただ、その様な問題は難易度で分けると「易しい」に属し、この他に「中程度」「難しい」「超難しい」と分けていました。

我々は、家族で楽しめる番組を目指していたので、これ等の問題を上手く配分して出題していたのです。

「易しい」或いは「難しい」の中間に位置する「中程度」の典型的な問題をご紹介しましょう。

第4回のイエローストーンで出された次の問題です。

問・カシ・ナラ・クヌギなどの堅い実の事を何という?

答・どんぐり

解説 最近の子供は兎も角、昭和時代の子供達にとって「どんぐり」は遊びや童謡でお馴染みの木の実でした。

どんぐりころころ,どんぐりこ、 誰もが幼い頃に歌った懐かしい童謡ですね。

でも、どんぐりが何という樹の実なのかは、ほとんどの子供達が知らずに育ったのでしょう。

実は、問題にあるようにカシ、ナラ、クヌギなどの実を総称して「どんぐり」だったのです。

今、改めて知った日本語の知識だった方も、結構いるでしょう。正に常識の盲点といったところかも知れませんね。

こうした常識の盲点は、過去の書籍などの知識から得た問題ではありません。

実は、クイズ問題の作者が自分で「何故?」と思った事象を調べて結論を導き出した問題なのです。

クイズ問題には、作者名と出典を明記するのが決まりで、出典の欄に「自分の発想」と書く事になっています。

問題に新鮮味が感じられるのですね。

視聴者が「面白い問題」と感じるのは「自分の発想」の問題で、他のクイズ番組では見られないのが我々の自慢でした。

尚、樫(かし)楢(なら)橡(くぬぎ)は文字で書くと区別出来ますが、それぞれ材木として特徴を生かして使用されています。

本日の裏話は、日本人が子供の頃に親しんだ樹の実に関するクイズ問題から、常識の盲点のお話でした。

子供の頃、どんぐりの実を食べると「どもりになる」との噂がありました。

一方、どんぐりを食べると背が高くなるとの噂もあったとか……。こんな噂なんて、面白くもないどんぐりの背比べですね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください