古墳の変わり種といえば?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本だけに限らず、世界の森羅万象に目を向けこれ等の事象を理解すれば、更に知識量が増え鬼に金棒と言えるでしょう。

尤も、この段階はクイズ問題のランクで表せば、難問或は超難問となり、決勝戦に近い段階で出題されていました。

第15回のニューヨークでの決勝戦で出された、難問をご紹介しましょう。

問・ムガール帝国皇帝のお妃の墓で、大理石で作られた世界名建築の一つとは何?

答・タージ・マハル

解説 ムガール王朝は十六世紀にインドの中央部にあった国で第五代王シャー・ジャハーンの妃ムムターズ・マハルの墓です。

インドのタージマハルは外せない美しさ! アクセスや注意点などまとめ ...

彼女は一六三一年に死去。彼女の遺言は一つ、後世に残る墓を作って欲しいとの事でした。

夫のシャハーン王は一六三二年に着工し、一六五三年に竣工。大理石で城のような立派な墓が完成しました。

この墓は世界の建造物の中でも、一際目立つものとして現代のインドでは観光の名所として知られています。

正解者も、恐らくムガール王朝の事は兎も角、大理石の建造物として「タージ・マハル」を知っていたのではないでしょうか。

昔から、世界中で権力者の権力の象徴として、立派な墓を後世に残す風習がありましたが、この墓は中でも別格でしょうね。

本日の裏話は、今は消滅した古い国「ムガール王朝」に関するクイズ問題から、貴重な建造物のご紹介でした。

目を我が国に向けると、古墳・陵墓の宝庫と言えば奈良県ですね。これは飛鳥・奈良時代から中央政府があったからです。

勿論、当時の権力の象徴として作られた物で、因みに大きさでは第一位は仁徳天皇陵で、世界文化遺産となっています。

但し、国によって風習も異なるので、ピラミッドなどと大小を比べるのは何の意味もない事を付け加えたいと思います。

暑い日も次第に収まり良い季節になりました。今年は記憶に残る異変の年でした。

総理大臣も変わり猛暑、災害、コロナ騒動、嫌な事は忘れましょう。これからは希望の持てる日がやって来ると良いですね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください