幸運の落とし穴

アメリカ横断ウルトラクイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

一般常識ですから、知っている知識を素直に行動に移せば問題は発生しません。

処が、知らないで行動すると周囲に迷惑を掛けたり、法律違反を犯し思わぬ結果を招き兼ねません。

一般常識を知っていれば問題は有りませんが、知らないと大きな損失をする事もあります。

第4回のニューヨーク決勝戦で、下手をすると損をする典型的な問題が出されていました。

問・せっかく当たった宝くじ、時効は何年?

答・一年

解説 賞金支払いの開始日から一年で無効になります。この年の無効金額はザッと二十億円にもなったのです。

宝くじを買うに付いては、何処の売り場が当選の確率が高いのか? 調べる人は多いですね。

因みに東京圏では、西銀座のチャンスセンターが長年にわたり人気第一位です。

買う時には気を配り、神棚に収めて「当たりますように」とお祈りをしたのに、発表日を忘れるとは神様も大笑いですよ。

こんな失敗を避けるために、発表日は必ずカレンダーに記入する癖を付けるのが賢明でしょうね。

あれから約四十年を経た現在の状態は? 調べて見たのでご紹介しましょう。

平成26年=161憶円。28年=181憶円。30年=127憶円。飛んでもない莫大な金額が無効で消えてしまっているのです。

でもご安心ください。宝くじの収益金や時効当選金は地域の自治体に還元され公共事業に活用されているのです。

従って「ものは考えようです」。自分の当選金は気前よく寄付したのだ、と考えましょう。気分は爽快になるでしょう。

本日の裏話は、宝くじの当選に関するクイズ問題から宝くじのシステムに関するお話でした。

「宝くじ」とは一攫千金の夢を求める買い物です。当たるも外れるもあなたの運しだい! 

長年買っているのにハズレばかり。それが宝くじの本質で~す。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください