アメリカ大陸の歴史を覗くと…

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日本人の一般常識を基本に創られていました。

日本人の一般常識を知っていれば、それだけで勝ち進む事が出来る訳ではありません。

クイズ番組は日本に限らず、世界中の森羅万象から問題が創られるので、より多くの知識を蓄積しなければなりません。

例えば、世界の常識と思われている事象でも、真実は別にある場合もあり、我々はその抜け穴を見つけて問題を創っていました。

第5回のサイパンで行われた「泥んこクイズ」で、その抜け穴的な問題が出されていました。

問・あのコロンブスは死ぬまでアメリカ大陸をインドだと思っていた。①正しい ②誤り

正解 ①

解説 アメリカ大陸が、何故「コロンブス大陸」呼ばれていないのか? クイズ問題作家が疑問に思い調べて見たのです。

アメリカの名はどこから付いたのか? 実はこの時代の探検家アメリゴ・ベスプッチが南アメリカを探検し新大陸であると発表。

その為、彼の名に因んでアメリカと呼ぶ事になったのです。

最初の移住者は1620年、メイフラワー号に乗ってイギリスから渡ったWASP(ワスプ)と呼ばれる人達です。

これは白人・アングロサクソン・プロテスタントの頭文字を取った命名でアメリカ社会の中核となったのです。

また、ヨーロッパ各国の国民が、それぞれが自分の国の植民地にしようと競って中南米に渡りました。

現在のメキシコは16世紀初頭にスペインのコルテスが兵を率いて上陸し、植民地化したのです。

それまでは、古い歴史と文化を持つ「アステカ帝国」の土地を力ずくで奪い取ったのです。

その後、300年もの間スペインの植民地でした。しかし、18世紀を迎えアメリカの独立戦争を皮切りに独立ブームが起こります。

ブラジルはポルトガルの植民地でした。従って、現在の公用語はポルトガル語です。

また、アルゼンチンはスペインやイタリア系の民族が移住し文化と言葉を持ち込みました。

スペイン語が公用語ですが、イタリア語、英語など故郷であるヨーロッパの言語が通用するようです。

我々は南米の国を数カ所回ってクイズを行いましたが、英語はどの国でも通用したので、旅をする方は参考にして下さい。

本日の裏話は、アメリカ大陸を発見したはずのコロンブスの名が何故無いのか? クイズ問題で判明した歴史のご紹介でした。

南北アメリカ大陸は、昔から無人の大陸では無かったのです。アメリカ・インディアン、アステカ帝国など先住民が居たのです。

それを、大航海時代にヨーロッパの白人が分捕ってしまったという歴史があり、日本は植民地にされずに良かったですね。

当然ですよ。日本人は大和魂あるから強いですよ~。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください