有名名詞から派生する言葉

アメリカ横断ウルトラクイズでクイズ問題を作っていると、普段気にもしないような言葉や出来事が気になる事がありました。

つまり、新しく生まれた言葉や出来事はそのままクイズの問題になるので、アンテナを張っていないと、新しい情報を見逃してしまうからです。

例えば新しい言葉や出来事、ルールと言ったようなものは、次から次へと生まれ流行したり、やがて飽きられて廃れてしまうのが人間社会のようです。

特に有名な場所や建造物と言った名詞から派生する言葉は多いのに気が付きます。

具体的にニューヨークのマンハッタンを例に挙げて調べて見ました。

マンハッタン

マンハッタンは、世界中の多くの人が憧れる大都会の中心地です。

と、なればファッション、音楽、芸術、ビジネスに至るまで、あらゆる分野で「マンハッタン」と冠を付けた言葉や品物が誕生するのは自然の流れでしょう。

ニューヨーカーが好んで愛用したマンハッタン・ポーテージ。

マンハッタン・ポーテージ

マンハッタン・リュック、と言ったものからカクテル、ケーキのような飲食物、更にはビジネス用語にもマンハッタンと名が付く言葉が氾濫しています。

このような新しい言葉は、クイズ問題としては格好の素材となり、我々はいつも気にかけて調べていました。

その様な視点で出来た問題の中に次のようなクイズがありました。

第15回のモハーベで出題されたものです。

株のインサイダー取引を防ぐ経済用語「チャイニーズ・ウォール」の語源となっている中国の建造物は何?

上海

万里の長城

解説

証券会社の引受部分と営業部分の間の情報障壁をこの様に呼んで、インサイダー取引を防いでいます。

このクイズ問題は株に詳しい人か、或は経済学を学んだ人しか答えられないような専門用語です。

でも、中国の建造物というヒントでクイズマニアならばで正解すると我々は思い採用されました。

案の定、正解者が出たのでホッとしました。

Great_wall_of_china-mutianyu_4

「有名名詞から派生する言葉」への4件のフィードバック

  1. 8月15日更新「奥の深い日本の文化」の記事で、「スカパー!アワード2014」の「ココロ動いた番組賞」に
    ファミリー劇場で再放送された「第12回アメリカ横断ウルトラクイズ&今だから話せるウルトラクイズ丸秘
    証言集」がノミネートされたことをコメントしてから1ヶ月が経ちました。この賞にノミネートされている
    のは全部で86番組なのですが、9月15日時点での中間発表では投票獲得数上位20番組に入っているそうです。

    スカパー!アワード2014中間発表
    http://www.skyperfectv.co.jp/special/award/interimreport.php

    「ココロ動いた番組賞」は、10月15日までに投票された投票獲得数上位の中から、選考委員の崔洋一監督・
    石田純一さん・はるな愛さん・道端アンジェリカさんが選定
    する事により決定されます。ぜひウルトラクイズ
    が「ココロ動いた番組賞」(全10番組)に選ばれるよう、引き続き皆さんの投票をよろしくお願いいたします!

    1. 有難い情報を下さり感謝です。このコメントを見た皆さん、投票をお願いします。みんなの協力で、次の再放送を実現出来れば嬉しいですね。テレビ番組は視聴者みんなのものですから、局を動かす力を発揮しましょう。

  2. こんばんは。

    「チャイニーズ・ウォール」の問題の場合、答えが万里の長城という有名な建造物であることに加えて、インサイダー取引への規制という時事的な要素(1989年の証券取引法改正)が絡んでいましたから、いろんな角度から “鑑賞”できる問題でした。

    同様に、語源・建造物関連で例をあげると、「金字塔=ピラミッド」などの有名な問題があります。しかし、クイズ問題としての目新しさには欠けてしまいます。

    うろ覚えですが、ウルトラクイズのナレーションのどこかで、福留アナが「今年の問題は、来年はもう出ないのだ」と言っていたように思います。

    クイズ問題にも、まさに流行り廃りがあって、「チャイニーズ・ウォール」の問題などはドンピシャのタイミングでの出題だったというわけですね。

    1. 旬の問題は、時期を外すと価値が下がってしまいます。難しい設問でも、旬であれば情報を察知しているでしょうから答えられる問題になります。また、ヒントを問題の振りに入れますので正解率を上げるのも我々の仕事でした。見えないところで結構仕事があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>