体力の限界って?

アメリカ横断ウルトラクイズの名物となっていたのが、情け容赦のない罰ゲームでした。

クイズの敗れた敗者に与えられる「罰」ですから、我々スタッフも頭をひねって、数々の罰ゲームを考えました。

罰ゲームの条件は、体力的に苦しい体験、心理的に恐怖の体験、恥ずかしい事を体験させられる、といった普段の日常生活では経験できない事を体験してもらおうというものでした。

中にはドッキリカメラのように、敗者を怖がらせる筋立てのドラマを作り、敗者を主役にドラマ展開をする事もありました。

当然、怪我や生命に危険の及ぶようなものは避けて作りました。

現在ではコンプライアンスという言葉がテレビ業界では盛んに言われていますので、あのような企画は到底許されない範疇かも知れません。

でも、当時は視聴者の皆さんも笑って許された時代だったのです。

17回の番組の歴史では、何百という罰ゲームが実行されていましたので、それぞれ体験者にとっては一生忘れられない出来事だったと思います。

体力的に苦しい体験は数多くありましたが、スタッフ側も苦しかったのは第16回のアトランタでの罰ゲームだったように思います。

平成4年のアトランタは、4年後のオリンピックを控え、街全体が活気にあふれていました。

当時のアトランタはアメリカで日本人ビジネスマンが2番目に多い、ビジネスの中心街でもありました。

アトランタ

ホテルも数多く建ち並び、全米一の高層ホテルが話題になっていました。

その様なホテルの最上階には、見晴らしの素晴らしいレストランがあるのが定番になっています。

と、なればこれを見逃す我々ではありません。

そうです。

地上72階にあるホテルの展望レストランで、敗者を慰める昼食会を開こうという企画が出されました。

「敗者の罰ゲームどころか、これでは ご褒美みたいなものだ」と思われる方もいたでしょうね。

しかし、そんなに甘くないのが罰ゲームの鉄則。

そのレストランまで、エレベータやエスカレーターのような文明の利器は一切使わずに、自分の足で歩いて登って頂こうというものでした。

ギネスの階段駆け上り競争は大変な体力を使いますが、72階の階段を歩いて登るのは並大抵ではありません。

ギネスで高層ビル駆け上り記録というイベントが毎年開かれていますが、出場者は鍛え抜かれた連中なので、一気に駆け上っていますが、挑戦者にとっては大変な重労働です。

敗者のS君は40分かけて、ようやく登りましたが、何と体重が3キロも減ってしまいました。

実はこの罰ゲームでもっと大変だったのはスタッフでした。

重いカメラを肩に担いで、一緒に登らなければなりません。

ディレクターも自分だけ中抜けは許されません。

一緒に登りながら、苦労の状態をシッカリと見ておかなければ、面白い編集は出来ません。

テレビで見ている方は笑って面白がっていますが、現場のスタッフにとっても罰ゲームには大変な苦労が付き物だったのでした。

 

「体力の限界って?」への8件のフィードバック

  1. はじめまして。

    第9回のニューヨークも似たような罰ゲームでしたね。
    ビルの高さはアトランタの方が高かったかもしれませんが,ニューヨークで罰ゲームが行われることが無かっただけに,敗者のYさんは貴重な体験をされたということになりますね。

    第9回の頃,私は小学生でしたが,珍回答の多いYさんはサラリーマンのIさんともども応援していました(^^)

    1. 確かに同じような罰ゲームはありました。小学生のあなたでも楽しめたのは、我々にも嬉しい事です。

  2. こんばんは。

    カ~メラマンと~、照明~さんの~
    後に入ってく……てそら曜日が違うがな!

    当時はまだCCDも普及していませんでしたし。
    後から考えるとスタッフも大変だったんだと。
    今似たような企画を考えるとついつい軽い
    機材を使ってしまって「う~ん、期待外れ
    かな~」なんてことになりかねませんね。

    1. 撮影機材も日進月歩で変わりますので、現在とあの時代では条件が全く変化しています。同じような再現は出来ないでしょうね。時代の変化の最たるものでしょう。

  3. こんばんは。

    新撰組の法被が汗だくになるほど、Sさんはがんばっておられましたね。

    考えてもみれば、同時に重いカメラを持ちながら撮影されていたスタッフさんは、もっと大変です。

    しかし、スタッフ(裏方)の苦労を一切見せない・感じさせない、あくまで「敗者が主役」という姿勢を貫かれたウルトラクイズは、やはり凄い番組だったのですね。罰ゲームひとつを例にとっても、そのことが分かります。

    それにしても、罰ゲームのあとで、Sさんに提供された「東京直行」と書かれたステーキ。あれは美味しそうでしたねぇ…(笑)

    1. 今でもシーンを覚えて下さるような印象の強い場面だったのですね。細かい演出の成果なのでしょう。みんな熱心でしたから。

  4. こんにちは。

    時々こちらに書き込みされているMOOさんの罰ゲームですね。
    これは機材を持ったスタッフのほうが疲れる罰ゲームですよね…スタッフのほうが体重減ったかも?

    1. 情報通ですね。MOOさんが敗者でしたか。ウルトラ・ファンの横の繋がりには頭が下がる思いです。その様な番組だったのを改めて知らされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください