第一問の危険な賭け?

アメリカ横断ウルトラクイズの第一問はニューヨークの自由の女神に関する問題に定着していました。

blog_import_53c3990095451

たった一つの銅像に関する問題で、挑戦者が知らない情報を見つけて問題を創作しなければならず、これは簡単なようで大変な作業になってしまいます。

何故ならば、第一問が自由の女神に定着してからというもの、書店には自由の女神に関する書籍が沢山並び出したのです。

書籍の著作者が調べたものから引用して、問題を作るような愚を我々はする訳には行きません。

こうなると、自由の女神の著作者や、各大学に誕生したクイズ研究会の皆さんとの戦いのような気分になってしまいます。

でも、我々は懲りずに自由の女神の問題を作り続けたのです。

しかも、第一問は「何処で調べても良いですよ」と挑戦状の様にドーム球場の正面で発表する訳ですから、挑戦者は走り回って正解を探す事になります。

友人や家族、大使館などへ電話をかけて調べる状況が面白いので、このやり方はエスカレートして行きました。

その頂点とも言えるのが第14回でした。

誰よりも早く、第一問を知りたいという挑戦者が、早朝から東京ドーム前に集まるのが恒例になっていたのです。

早起きをして、或は徹夜をして誰よりも早く問題を知りたいという心理でしょうね。

その様な皆さんに我々は挑戦状を突きつける様な危険な賭けに出たのです。

それは日本テレビの朝5時半の生放送で、第一問の問題を発表してしまったのです。

テレビを見た全国の誰かが正解を知っているかもしれません。

現在の様に携帯電話やインターネットが発達していれば、この様な危険な賭けは出来る筈がありません。

その第一問とは以下の問題でした。

ニューヨークの「自由の女神」には、災害や事故に備えて、損害保険が掛けられている。

この日、全国から集まった挑戦者は26,735名の皆さん。

この中には自分や友人、家族などに損害保険に詳しい保険屋さんがいるかもしれません。

全国のその様な皆さんに、生放送で告知してしまうのは危険な賭けという他は有りません。

問題の責任者だった私は、「いくら何でもこの様な賭けは危険すぎる」と必死で反対しました。

でも、その様な意見は却下され、実際に全国放送で流れてしまったのです。

流石に正解の発表前に、真実を知っているという人は現れず、○と思った人は3塁側のスタンドに。

×と思った人は一塁側スタンドに入場し始めたのです。

最初は○のスタンドが多かったのですが、徐々に×のスタンドを埋める人が増えて、見た目では5分と5分のような状態になってきました。

正解・×

解説

自由の女神が災害などで破損した場合はどうなるのでしょう?

ウルトラ・ファンなら気になるところでしょうね。

自由の女神は、国立公園やホワイトハウスと同じく、法律でアメリカ国民のものと決められているのです。

言い換えればアメリカ国民のものですから、わざわざ保険に入らなくても、アメリカ国民によって守られているのです。

即ち、アメリカ国民によって選ばれた大統領の権限で、議会の投票で資金を集め、修繕する事になっている訳です。

流石に「自由の女神」様は特別な存在なのですね!

back3

 

「第一問の危険な賭け?」への9件のフィードバック

  1. こんばんは。

    ウルトラクイズの第1問は「自由の女神」問題が定番でしたから、クイズ研究会の学生さんでなくとも、対策を練って挑んだ方はたくさんいたことと思います。

    それでも、挑戦者たちの裏をかいて、毎回、○と×がほぼ半分に分かれる…。

    クイズ作家さんの凄さが分かります。

    この第14回の1問目では、東京海上かどこかの損保会社の知り合いに訊いて確認した、というオジさんがちらっと紹介されていたように記憶しています。しかし、その訊いて確認したという答えは「○」、つまり不正解でした(あのオジさんは自信満々、正解を確信していたようでしたが…)。

    「保険会社の人に訊いて、答えがすぐに分かるような問題じゃない!1問目はそんなに甘くないぞ!」ということを痛感させられた問題でもありました。

    1. 例え専門家が居ても、簡単には解らないぞ! これが我々の姿勢でした。
      それだけに作るメンバーは苦しみましたが、そのような切磋琢磨が番組の命だったのです。

  2.  もう少し投稿させていただきます(申し訳ございません)。
     「自由の女神の問題」といえば「今世紀最後…」のときは確か3問連続「自由の女神」の問題だったように思いますが、3問連続はおそらく挑戦者も驚いたのではなかろうかと思いました。視聴していて楽しかったです。制作側としては3問連続「自由の女神」の問題は、やはり賭けだったのでしょうか?それとも、もともと「今世紀最後だから…」だったのでしょうか?
     あと、ウルトラクイズの「危険な賭け」といえば、以前にも投稿させていただいたと思いますが、後楽園球場時代の第1問発表後、「第1問の正解は→」で正解がかなり小さく「×」と書かれた垂れ幕をぶら下げた人が乗れる大型飛行船を飛ばしたことではないかと思います。情報ツール云々よりも、望遠鏡的なもので見れば第1問の答えが書いてあるのですから…答えそのものですし…(信じる信じないはあると思いますが…)。もちろん、挑戦者はそんなものが上空を飛ぶとは思わないので準備はしていなかったと思いますが。もしそれで答えを知り、集団心理で8割動いたとしたら、第1問制作するのにかなり費やしていることを考えると…。そこのところはどうだったのでしょう?視聴者としては面白い映像でしたし、印象に残っているくらいですから衝撃だったのだと思います(今考えても、正解発表の前に「答え」を公表しているのですから、何か笑えます)。

    1. 詳しくは記憶していませんが、タイトル道理最後の番組だったので、閉店大放出サービスの気持ちになっていたのかも知れません。残しても売り物になりませんからね。

  3.  ご無沙汰しております。
     第14回の第1問の生放送発表は当時画期的に感じました。その味をしめて翌年でしたでしょうか、第1問新聞発表へ発展(エスカレート?)していったのかなと感じました。ウルトラクイズらしいです。
     当時、テレビでの発表の方はリアルタイムで見たことはなかったですが、おそらくその時間、地方局が制作する朝番組が放送されて、その一部のコーナーが在京局が制作している朝番組の放送とリンクさせて放送していたはずなので、放送されていなかったと思います(ズームインの前ですから…。余談ですが、当時、ウルトラクイズの姉妹クイズ番組の決勝戦が富士山で行われる当日の朝、制作協力をしていたこともあってか、ズームインのローカルでしか流れない、わずかな時間のコーナーで、富士山頂上から地方の担当アナウンサーと一緒に福留アナが登場してコーナーが進行し、その後そのまま全国放送に切り替わる放送を数年間だけでしたが見たことを思い出しました。…脱線した話で申し訳ありません…)。なお、新聞発表は違う新聞社を購読していましたので…。
     しかし、図書館の新聞縮小版(関東版をまとめたもの)をひも解くと、当時の新聞では生放送発表はラテ欄に一行「ウルトラクイズ発表」的な文字が書いてありました。次の年の新聞発表では、発表の広告はしっかり残っておりました(新聞発表の広告は初めてみつけたときは感動しました)。
     現在では情報ツールが多いので難しいかもしれませんが、それでも、ウルトラクイズの自由の女神の問題は、制作関係者がネット上で漏らさない限り、完全正解を導くのは難しいと思います。

  4. まさに昨夜、クイズは創造力を開いていたら、この第14回の第1問についての分析が詳しくなされていました。

    昔、自由の女神と上野の西郷さんが同じ方角を向いているという問題が出た時、うちのクイズ研の先輩は、バイクで後楽園から上野まで調べに行き、正解しました。

    1. その様な方がいたのも面白いですし、また、その人が正解したのも番組としては最高のエピソードでした。

  5. こんにちは♪
    自由の女神の問題…はい、挑戦者の皆さんだけでなく、視聴者でもあったあっしもUQの象徴的存在である自由の女神が「問題にならない訳がない」という思いで見てました。
    時には自由の女神像に関わる専門的な視線であったり、歴史であったり…その中でも素人ながら「これは…!」と思わず膝を叩くかのごとく感銘を受けた問題が、この14回の問題でした。
    損害保険…普段の生活において何かしらで関わりのあるものが、あの自由の女神像にも?…と、迷いに迷ったものでした。
    アメリカの事だから、もしかしたらそういう一般公開されていない商品があるのかもしれない…という疑念が生まれたりして…恐らく問題に携わった皆さんにとってはほくそ笑む流れだったことでしょう。
    答えを聞いて納得!
    専門的な事だけでなく、実生活にも関わりのあるものが問題に絡んでくる…ここも他のクイズ番組とは『明らかに』一線を画すクイズ番組でした。

    1. ウルトラのクイズ問題で一番苦労したのは第一問でした。だから、沢山のアイディアが出され、毎年それをどのように料理するかが、私達構成作家の楽しみであり、苦しみでもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください