UFOブームの元祖は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、雑学的な興味の問題も沢山含まれていました。

雑学の中で、人々が興味を持つ出来事にUFOの目撃談というのがありますね。

テレビのスペシャル番組でも、UFO関連番組は毎年何本か放送されています。

この種の番組は「映像が本物か、偽物か?」両方の支持者が出演し、カンカンがくがく論議を重ねるのが、一つのパターンになっています。

「視聴者の皆さんはどちらを信じますか?」というのが番組の姿勢になっていますね。

UFO関連番組は、一定の視聴率が取れるのか、年中行事のようになっているようです。

さて、こうした番組の元祖とも言えるのは誰か?

それを問う問題がありました。第12回のフェゴ島での問題でした。

・アメリカの哲学者で、異星人との宇宙旅行の体験記を出版した人で、円盤の名前にもなっているのは誰?

答・ジョージ・アダムスキー

解説 UFOファンなら、誰でも知っている有名人です。

彼は、コンタクティーの元祖ともいわれるポーランド系アメリカ人で、円盤に乗った事のある最初の地球人と言われています。

1953年に発表した「空飛ぶ円盤実見記」が大ベストセラーになり、彼の乗った円盤が「アダムスキー型」と呼ばれるなど、元祖ぶりを発揮しています。

f7b3a335[1] - コピー

この写真の円盤を巡っても、真偽のほどが争われるなど、話題を提供しています。

地球以外の天体からやって来る異星人って、本当に存在するのでしょうか?

UFOの話は夢のある世界ですが、肯定派、否定派に分かれ、簡単には結論は出ません。

夢を否定するのは簡単です。

でもね、夢の少ない現代なので、夢は夢として大切に育てたいという分野でもありますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>