夢を呼ぶUMAの噂

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、人々の夢を誘うUFOやUMAに関する問題がありました。

UFOは宇宙人という夢を誘いますが、UMA(ユーマ)もまた、実在するのかしないのか、未確認動物をこの様に呼んでいます。

有名なところでは、ヒマラヤの雪男、ネス湖のネッシーなどが在り、これ等を探索するテレビ番組が人気を呼んでいました。

我がウルトラクイズでは、第13回のクイーンズ・タウンで次のような問題がありました。

問・岐阜県東白川村で行われた捕獲大作戦で、賞金まで賭けられた幻の動物は?

答・ツチノコ

解説 ツチノコ捕獲大作戦は、この年に話題になったニュースからの問題でした。

賞金は100万円で全国のUMAファンが大捜索に参加しましたが、残念ながら賞金獲得者は現れず、幻の懸賞金となりました。

因みにツチノコは、胴が太いヘビと形容され日本全国で目撃例があるとされる幻の動物です。

未だに発見されたという情報は無く、幻のままの方が夢が在って良いのでしょうね。

日本には昔から幻の生き物がいて、天狗や河童など妖怪に含まれる類から、小説で創作されたものまでUMAの幅が広がっています。

夢の少ない現代なので、この種の「噂」は心の癒しとして永遠に姿を現さない方が楽しいように思えますねー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください