語源が今話題になっている

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には「言葉」という分類がありました。

外来語、方言、語源など細かく分類する事も出来ますが、これ等を一括して言葉という範疇の問題が毎年数多く創られていました。

何故か、最近テレビのワイドショーで言葉をクイズ形式で紹介するコーナーが誕生し、好評のようです。

知識欲は何時の時代にも、興味の対象なので、このコーナーを楽しみにしている視聴者が多いと聞きます。

ウルトラ・クイズで出題された語源も幾つかありましたが、それはさて置き、第15回の東京ドームで次のような問題がありました。

問・「つめたい」という言葉は、「爪が痛い」と言うところからきている。

答・○

解説 爪が痛いから「冷たい」! まさかそんな馬鹿なと思う素直な人が半分。

逆に、まさかと思うから○だろう、と逆に疑り深い人が半分。

東京ドームの問題は5分と5分に分かれるのが理想的でした。

辞書でも「冷たい」は「爪」痛しの転と説明されているように、語源は爪にあったのです。

昔は、現代と異なり、瞬間湯沸かし器などと言う便利なものは存在しません。

冬の水は「爪痛い」ので、これを短縮して「つめたい」と生活の中から自然発生的に生まれた言葉でした。

この回は語源の○×問題が何問かあり、グアムでも次の問題がありました。

問・ズボンは足を「ズボン」と入れる処から、この名が付いた。

答・×

解説 そんな馬鹿な! とトメさんの声が聞こえそうな問題です。

blog_import_53c397832444b

正しくはフランス語のペティコートを表す「jupon」が訛って「ズボン」になったと言われています。

馬鹿馬鹿しい例と、真実を取り交ぜて挑戦者の思考を混乱させる、クイズ問題にはその様な落とし穴が仕掛けられていたのでした。

 

 

 

 

「語源が今話題になっている」への2件のフィードバック

  1. ズボンの語源、これこそ“諸説あり”が後から出てきた代表的な問題何ですよ!

    出題された当時(1991年)から10年以上経過した頃、人気雑学番組にて「ズボンはズボンと穿く音…」がウソではないと実証され、以来、この問題が出されると、こっちの説を正解にするQ番組が多くなりました。
    この件について、自分は何度もこのブログに書き込んでおります!

    前回、諸説あり問題ばかり出さないでもらいたいとコメントしたのは、こういう場合も起こり得るからなのです。

    確かに、歴史ある番組・キャリアのある作家に失礼な発言をしたかもしれませんが、時として、新説が発表されていく場合も理解して頂きたいのです!

    話は変わり、15回は福澤朗さんが2代目リポーター・出題者に就任した年、その福澤さんが4月からテレ東の長寿番組「開運!なんでも鑑定団」の進行役に抜擢!

    福澤さんは日テレに入った時から抜擢の歴史を繰り返し、前の進行役の時が良かったと言われ続け、大変苦労と努力を積み重ねてきた方だなぁと、Q雑誌の対談を急いで読みながら感じました。

    しかし、前任者・石坂浩二さんが後から入ったPらスタッフとの確執での降板(アシスタントの方も…)、今日「鑑定団」の再放送を字幕放送オンで観ましたが、メインの今田耕司さんの発言→黄色は沢山あったのに対し、石坂さんの発言→水色はごく僅か、いくら最近MCを置かない番組を多く作るテレ東でも、功労者を粗末にするのは酷い!
    元日放送の「格付けチェック」の方が、まだ石坂さんの扱いマシだった様。
    (高価か安価かの2択の問題を外し続け、最後はスーパーの肉を選んでしまい、画面から消されました…というゲームです。)

    スタッフとの確執、後任が福澤さん…何かウルトラとダブる部分がある様な気がしてしまいますね。

    福留さん・逸見さん・3月で報ステ降板の古舘さんと、そうそうたる先輩の後を継ぐも、大半は長続きできず打ち切りか早い交代の多い福澤さん。
    一昨年、東海テレビの双方向Q番組を司会するも3クールで終了、その前が西川きよしさんの長寿ロケ番組だっただけに…以降、フジの番組同時ネットに変更。

    果たして、負の歴史が続く福澤さん、今回の大役こそ吉とでるか?また凶とでるか?

    1. テレビの裏側には、真偽色々な噂が立ちますね。
      私はその様な事にコメントはしない事に決めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>