反対語とは?

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を、大きく分けると一般の常識問題と、知って得をする面白い知識、に分ける事が出来ます。

但し、クイズは知識を競うゲームですから、一般常識をそのまま問題にしたのでは面白味に欠けてしまいます。

そのため視聴者が興味を惹くように、文章化しなければなりません。

或いは知っているようで、つい忘れているような事柄を探し出し、問題に創り上げる事もあります。

日本語には「類似語」「反対語」という分け方がありますが、これもクイズ問題になり易い範疇ですね。

第5回のサイパンで次のような反対語を求める問題がありました。

問・季節によって棲む場所を変える鳥は渡り鳥。では、1年中同じ場所に棲む鳥は?

答・留鳥

解説  クイズ問題会議でも「地鳥」「地元鳥」のような珍答があったために、「留鳥」は忘れ易い単語として採用されました。

知っているようでも、普段使わない言葉は忘れ易いというのが普通の人でしょうね。

この問題も「1年中日本に棲む留鳥の反対は?」と問われれば、大多数の人が「渡り鳥」と答えられる筈です。

「渡り鳥」の画像検索結果

渡り鳥には、ツバメやカッコウのように春に日本にやって来て繁殖し、秋に南方に帰る鳥を夏鳥と言います。

逆に、白鳥や雁のように、秋に日本にやって来て冬を越し、春に北へ去る鳥を冬鳥と呼んでいます。

人間が避暑地や避寒地に別荘を持つように、鳥は暑さ、寒さを避ける自然の能力を持っている訳ですね。

何故、季節や方角が解るのでしょう? 動物の持つこのような能力は、自然の不思議としか言えません。

動物の本能、との一言で片付けていまいそうですが、クイズ好きの人は「何故?」と謎を追い求める姿勢が強いようです。

夏鳥、冬鳥の例でも解るように、「何故」を追い求めるとその鳥の種類や習性が解ります。

また、カラスのように「留鳥」と思われていた鳥でも種類によっては渡り鳥だった、という説もあります。

「何故」を調べる習慣を付けるとこの様に、知識の幅と深さが蓄積されて行くのですね。

言い換えれば「好奇心が強い」これがクイズに勝ち抜くための最大のコツと言えるでしょう。

 

 

「反対語とは?」への4件のフィードバック

  1. 好奇心が強いと言えば、最近この番組を知りました。
    衛星放送のスカパーで不定期でやっている「地下クイズ王決定戦」です。youtubeに全編上がっています。
    クイズジャンルはものすごく「地下もの」ですが、やってることは至極普通の「クイズグランプリ」で、そのギャップと、早押しの熱い展開に衝撃を受けました。
    地上波だと仕方がないとはいえ、確かに裏の歴史というか、そういうものは存在していて、目を背けるというのもおかしな話で、よくぞ取り上げたと思います。
    ちなみに、すでに、5回もやっているのですが、2回目以降に出てくるAV男優のしみけんこと清水健さんはクイズ好きで、過去にウルトラの作問もされたそうですね。とても知識が豊富な上に早押しが速いので往年の長戸さんを彷彿させるようです。

    1. 世の中には、クイズマニアという人達が沢山居ます。
      中には驚くほど、知識の豊富な人がいるもので、テレビの地上波でも、もっと本格的なクイズ番組が出来ると良いのですが、今は難しいようです。
      時代が変われば、又昔の様な番組が出てくるかもしれません。

      1. 時代というのもあるかもしれませんが、テレビマンの制作の意識が乖離しているのではないかと思っています。
        先日、yahooの記事「なぜ最近のクイズ番組には「素人」が出なくなったのか?」というのがありました。
        様々な番組を手掛けた高橋秀樹さんが書かれておりますが、そこにある記事とコメントは期待しているものとかけ離れているようです。
        視聴者が求めているものと制作側がミスマッチではないかなと思いました。

        1. 制作者が何処を見ているかでしょうね。
          以前は視聴者の方角を見ていましたが、現在はスポンサー、或いは局の上層部の方角に視点を合わせているように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください