時代の流れは流行語で

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返って見ると、放送された時代の、世の中の動きが見えて来る事があります。

例えば、何時の時代でも流行語と言うものがあり、近年では年末に「流行語大賞」が話題になったりしますね。

今では誰でも知っている常識に近い言葉も、デビュー当時はクイズ問題になっていたりします。

第12回ですから、28年前のフェアバンクスで次のような問題がありました。

問・「自分でやってみよう」という合言葉の「DIY]。正しく英語でいうと?

答 Do it   yourself  (ドゥ イット ユアセルフ)

解説 英語のテスト風で、クイズとしては面白味に欠けますが、流行語の意味を問うという点では有りうる問題でしょう。

素人が専門家に依頼せずに、自分で何かを創ったり、修繕したりする事で、日本では日曜大工の言葉で浸透していました。

それが28年前頃から、DIYの言葉で世の中の流行になったようです。

この言葉の元々の発祥は、第2次大戦後のロンドンでした。

廃墟に立った元軍人たちが「何でも自分でやろう」を合言葉に、街の再建を始めた処から生まれた言葉です。

最近では、この「DIY」が主婦の間で流行し、台所をリフォームするなどテレビの話題で取り上げていました。

「女性のdiyブー...」の画像検索結果

昔々の流行語、「戦後女性と靴下が強くなった」と言われましたが、女性が大工仕事にまで進出するとはお釈迦様でもご存知なかったでしょう。

外国では、女性の大統領や総理が続々誕生しています。

今月末に、東京都知事の選挙が行われますが、初の女性知事が誕生するか目が離せない状況です。

「時代の流れは流行語で」への5件のフィードバック

  1. 今では、日テレの人気番組に欠かせないモノとなったDIY。

    特にモデル・森泉さんが100均の商品だけで仕上げる企画がヒットした影響で、今回の記事のような風になったのではと、自分自身は思うワケです。

    因みに泉さんの妹・森星(ひかり)さんは嵐・相葉雅紀さんの番組にて、13代Q王・長戸さんとの3対1のハンデ戦を行い、結果は、長戸さんと同じ昭和40年生まれの勝俣州和さんの孤軍奮闘により、長戸さんが“リアルガチ”で敗れる波乱となりました。
    なお、日曜夜10時台の放送で、森姉妹同士が“裏かぶり”に…

    さて、最近の流行語といえば「○○ロス」ってよく耳にしますよねぇ。

    3年前の朝ドラで、ファミ劇にて再放送中の「あまちゃん」終了直後の“あまロス”あたりから広まり、のちに、いいとも!の“タモロス”にDフジオカさんの“五代ロス”など様々なロスが社会をにぎやかしました。

    そして、本日は第7回④のCS初放送にして最終回!
    8月にも一挙放送があることも、結末が既にわかっているにもかかわらず、やっぱり最後は淋しくなりますねぇ。

    全国のウルトラファンも、今日で絶対“ウルロス”になっているハズです!

    特に自分は、まだ週休2日制ではない頃、土曜午前の授業を終えて自宅に帰った昼間の再放送を“初見”で視聴していた30年以上前のあの頃を思い出しました!

    特に罰ゲームは、傑作選などでよくやっている、セントルイスのジョギングマシン以外、殆ど小学生時代の記憶でしか残っていなかったので、本当に嬉しく思いました!

    さあ、ついにラスト、歴代最高視聴率回です!
    自分の中の微かな記憶と照らし合わせながら、9時からの放送を楽しみにして待っています!

    また、放送終了後に折り返しコメント致します!!

  2. 先日、亡くなられた大橋巨泉さんの「ハッパフミフミ」で流行語となりましたが、ひと昔前は、テレビの番組やCMから流行語や流行歌がたくさん生まれましたね。
    いまや流行語は「センテンススプリング」(ベッキーのLINEコメント)などネットのほうが注目されますが、それでも「倍返しだ」など、まだまだ影響力はありますので、底力を見たいですね。

    1. まだまだ、テレビの影響力は有りそうです。
      夏休みのテレビ局のお祭り騒ぎに、子供達が多勢集まっている間は、安泰なのではないでしょうか。

  3. いつの間にか変わってしまった言葉も結構ありまして、デザートがスイーツに、ベストがジレに等々・・・。うっかり使ってしまうと笑われて年がバレてしまいます(泣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>