知っているようで知らない日本語

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本語に関する正しい知識を問う問題がありました。

世の中には、知っているようで知らない日本語が、結構存在します。

日本語の誤った使い方をすると、年長者に「近頃の若者は」と批判の対象になったりします。

その為、間違いやすい日本語の書籍が有るくらいで、正しい日本語は難しいというのが本音でしょう。

第6回のケンタッキーで、次のような問題がありました。

問・「弱冠十八歳」などと使う「弱冠」実際には何歳の事?

答・二十歳

解説 弱冠には若干と二つの漢字が当てられますね。弱冠の場合は、二十歳男子の事を指します。

中国で周の時代、男子二十歳を『弱』といい、元服して冠を被ったところから男子二十歳の異称でした。

「中国、元服式」の画像検索結果

一方、若干は多少という意味で使われる事が多いですね。「まだ若干空席が残っています」のように。

ところが弱冠の方は、若いという意味に誤解され「弱冠十六歳にしてこの偉業を達成」のように誤った使われ方をしているのが現状です。

しかし、言葉は多くの人が同じように解釈していると、それが正しい使われ方、となる場合も多いようです。

文部科学省では、定期的にこの様な誤り易い言葉を調査、広辞苑などの改訂をしているという話も聞いた事があります。

日本語は難しい上に、語源まで辿らないと正誤が判明しないという事もあり、本当に厄介です。

こうした細かい事を話題にするだけで「重箱の隅をほじくる奴」と嫌われる風潮があります。

従って、クイズ作家は嫌われ者になり易い、正に結論ですね。

 

「知っているようで知らない日本語」への5件のフィードバック

  1. 弱冠ウン歳といえば、先日、自分の住む名古屋の中学生・藤井聡太くんが14歳2ヶ月で四段から三段へ昇格、62年ぶりの最年少記録だそうです!
    地元・東海地区のニュースでも、連日この快挙を取り上げられ、きょうは生出演していました!

    では、それまでの記録保持者は…第12回の東京ドーム「将棋の対局中、相手側に回って将棋盤を眺める…」で知られ、現在は“ひふみん”の愛称で呼ばれる加藤一二三 九段でした。

    実はここからが本題です。
    本日から放送開始された日テレ「1周回って知らない話」という番組は、ある世代からは“当たり前”のことが、平成生まれの10~20代にとってみたら“置いてきぼり”で、ゲストの本来の肩書きなどを9割以上知らない若者世代に、改めてゲスト本人が紹介するというものです。

    前出の加藤一二三 九段でいえば、若い子は本職の将棋よりも、バラエティ番組で見かける“面白いオジサン”で認識している…といった感じです。

    東大クイ研の本に載ってるスポーツ問題でも…(一部割愛)

    本塁打868本の世界記録を持つ元野球選手は…王貞治 正答率:80%

    2年連続で打撃三冠王、「史上最強の助っ人」元阪神のプロ野球選手は…ランディ・バース 正答率:55%

    と、野球に興味ない人にはキビシイとはいえ、超有名な選手を答えられない東大生がいるとはビックリですねぇ。

    明日、いよいよ広島カープの25年ぶりセ・リーグ優勝の可能性が出てきました。
    今や、広島地区の中継が30%前後の視聴率を取るとともに、全国区のニュースでも優勝セール・パレードの準備を取り上げています。

    これこそ、平成世代にとって“1周回って”新鮮な感動を味わえるのではないでしょうか?
    緒方監督の胴上げを、楽しみに見届けましょう!
    ヤクルトファンの自分は複雑ですが…。

    1. 昨日に引き続きのカキコミですが、今夜カープの優勝はお預けとなりました。

      四半世紀前のことで、平成世代はリアルタイムで見ていない広島カープの歓喜。
      アメリカ横断ウルトラクイズが始まる2年前の1975年に、カープは初めてセ・リーグを制覇。
      それから、ウルトラをやっていた16年間にリーグ5回・日シリ3回優勝と、まるでウルトラとカープは同時期に黄金時代を築き上げてきた様です!

      特に、カープ優勝年のウルトラは…(箇条書きで)
      第3回(1979)…スター・トレックのテーマが定着&バラマキクイズ登場
      第4回(1980)…成田で敗復&泥んこQ&通過Q&最初で最後のQ女王誕生と初ものづくし
      第8回(1984)…120分の木スペ(①のみ)&後楽園で敗復&グアムで奇襲&ウルトラハットが6色&大声・マラソン登場&バハマで海中Q&最後のパンナムビル決勝
      第10回(1986)…10回記念で裏切り企画満載! 国内予選で大量敗復&成田で腕相撲&出発前に2機の飛行機で○×&機内Qも最多70名で2対10の勝敗者トレード&ハワイで4チーム多答綱引き&シアトルでテーブル最多22台&ロスで念力&エルパソで砂時計&南北ルートで2班に&南北王者リバティ島で決勝・両者9P到達の大熱戦&初の最終週前で女性全滅
      第15回(1991)…福留さん勇退で出題MCが福澤さんへ&ドーム130名通過も敗復廃止宣言&成田ジャンケン・炎の一本勝負&機内Qに”ピーピーゲート”&ドミニカ共和国でのQ史に残る衝撃結末&オーランドでマラソン・少人数奇襲、2名の敗者が異なるスタント罰で再会
      …などなど、主なものでこれだけの分岐点・特色があり、何か因縁めいたものがありますね!

      しかし、ウルトラが終わった途端、まるでQブームの終焉とともにカープも優勝から遠ざかり、15年連続でBクラスという弱小チームに…

      あくまでも持論ですが、以前カキコミした「江夏の21球」の作者が、第16回放送後に「もうNYには行かないぞ!」とウルトラをディスったことが、カープを四半世紀も苦しめた原因ではないでしょうか?
      レッドソックスの”バンビーノ(ベーブ・ルース)の呪い”ならぬ”ウルトラの呪い”と言っていいでしょう!

      でも、ファミ劇で再放送が開始されるようになった辺りから、カープもAクラス争いに加わるようになり、いよいよ呪縛から抜けられる瞬間を迎えます!

      巨人やソフトバンクみたいな常勝球団を、インテリだらけの競技Q番組とすれば、ウルトラは本当に普通の人たちがガムシャラに挑んだQ番組、市民が支えるカープと勉強嫌いな人も含めた国民的人気で支えられたウルトラ、改めて、両者とも愛着心の強さに共通する何かがあるのではと、自分はそう思いました!!

    2. 様々な出来事に興味があるのですね。クイズマニアの特徴でしょうね。
      出来事を線で結ぶと、何らかの関連が有るものです。
      想像の世界で遊ぶ人の題材にになるでしょう。

      1. 今、最も日本人が混とんして(物事の区別がハッキリせず)使っている“同音異義語”は、「解答」と「回答」ではないでしょうか?

        解答は文字通り、(問題の)答えを解く。
        クイズ・パズル・テストなどに使われるのはこちら。

        一方、回答は簡潔に返事のこと。
        インタビュー・アンケートなどの質問にはこちらを使うのが一般的です。

        テレ朝・ミラクル9でも、どちらのカイトウを使うのが正しいのか?、自信のある“カイトウ者”が当てるコーナー(自身のない人は答えなくて良い。)にも出題されました。
        ただ、字幕放送ONにして見てた方は「解答オープン!」と、既に正解バレしてましたが…。

        現在は、“東大がらみ”のお勉強Q番組・教養番組などがほぼ毎日やっていますが、そんな一部のQ番組でも、テロップや字幕放送で「回答者」と表現していることが、非常に多いですねぇ!

        逆に、大喜利の企画に関しては「回答者」を使うのが圧倒的…ですが、笑点の字幕放送に限っては、謎掛けで「○○と掛けて、△△と“解く”」と言っていることから「解答者」と表記しています。

        来月から、日テレでは石原さとみさん主演で「校閲」をテーマにした連ドラが始まりますが、正解の入念な裏ドリとともに、問題文の不自然さ・違和感をもチェックする“校閲係”って、実際おられたのでしょうか?

        “ご回答”をお願いします!

        PS
        この間の藤井聡太くんは、“三段”から“四段”→(最年少)プロ棋士に昇格の間違いでした。
        訂正して、お詫びいたします。
        (それこそ、NHKのケータイ大喜利、毎回見ているのにぃ…。)

        1. ご返事です。クイズ問題文の「校閲」などは居ないでしょうね。P、D、作者、又は構成責任者の責任です。
          しかし、番組の誤字、脱字、意味の誤りは、担当者の能力不足です。
          でも、テレビ局には「校閲」専門の係りが存在し、すべてのOA番組を見張っているので、発見次第訂正するシステムになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください