驚異!バブル時代の日本人

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、時代の歴史を感じられる問題が数多く見られます。

クイズ問題は、その時代に在った出来事を取り上げているので、当然世相が反映された問題が出てきます。

近年の日本の歴史では「バブル経済時代」という、お金がだぶつき、爆発的な景気の良い時代がありました。

不景気が続く現代から見ると、夢のように景気の良い時代で、高価な物品が飛ぶように売れていました。

1986年~1991年にかけての6年間の事でした。

狂気の時代と呼んでも良いくらいで、庶民が高いゴルフ会員権を買ったり、土地や建物に投資するなど、後に破産をする人が続出しました。

その様な時代に、世界を驚かす買い物をした日本人が居り、クイズ問題になっています。

第14回のニューヨーク決勝戦で、次のような問題が出されていました。

問・ゴッホの作品で、日本人が購入した史上最高値が付いている絵画のタイトルは?

答・医師ガッシュの肖像

解説 1990年の時点で、125億円で落札し、史上最高値と世界中の話題をさらいました。

落札したのは日本の著名な実業家、斎藤了英氏で、「ゴッホは良いよ。死んだら棺桶に入れてもらうつもりだ」と発言。

「文化遺産を冒瀆するつもりか!」と英仏の美術界から猛烈な非難を浴びるなど、騒動になりました。

後に「作品に対する愛情を表現した言葉のアヤ」との釈明で決着をしています。

狂乱物価のバブル時代を象徴するエピソードで、日本の歴史的出来事の一つと言えるかも知れません。

ゴッホ自身は、世界的な画家として数多くの作品が知られていますが、実は生前に売れた絵は「赤い葡萄畑」という作品の1枚だけだったという説もあります。

この高値の取引で、一番驚いているのはご本人かも知れませんね。

「驚異!バブル時代の日本人」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。この問題を即答された高松康典さんが熊本県出身で、今年、熊本で大地震が発生したので、心配しました。私は、ウルトラクイズの出場者に誰ともお会いしたことはないのですが、心配しました。高松さんは決勝戦に会社のユニフォームで臨まれ、格好よく見えました。

    1. 挑戦者の方に、それだけの印象を持たせた番組だったのですね。
      昔の番組は作る方も見る方も、熱心だった良き時代でした。我々も良い時代にテレビに関われて、幸せでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください