忘れられた調理の常識

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、世の中で忘れられた常識を喚起する目的のクイズもありました。

生活をする上での躾、常識などは、昔は親から子へと教えられたものです。

でも、近代ではテレビや雑誌など情報源が多岐にあるので、親の手間が省かれているようです。

例えば、昔なら当然親が教えていた料理の常識も、今は子供に伝えられていないのが現実でしょう。

その盲点を突いた問題が、第5回のヒューストンで出されていました。

問・昔の板前さんは、野菜を切る時、まな板の裏・表、どちらの面を使用した?

答・裏

解説 語源を調べると「まな」とは動物性食品の事だったのです。

魚や肉などを切る板なので、まな板と名付けられたのですね。

「料理教室」の画像検索結果

プロの板前さんは、野菜に動物の匂いが付くのを避ける意味で、野菜は裏面を使っていたのです。

昔は、これが主婦の常識になっていて、母から娘へと伝えられていたようです。

現代では肉類と野菜類では、別のまな板を使うなど使い分けをしている方もいるようです。

でも、折角先人の知恵、両面の使い分けの工夫があるのですから、これを利用しない手はありません。

衣料だってリバーシブルの時代です。

昔の人の知恵は、素直に受け継ぎましょう。これが日本人の伝統というものですよね。

 

「忘れられた調理の常識」への2件のフィードバック

  1. 料理の問題といえば、第9回の島畑さんを思い出しますね。
    アナポリスだったかの怒涛の連取は凄かったですね。

    1. クイズ番組は得意の分野がある人は、時には連取りのような事が起こります。
      アナポリスでは確かに料理関連問題が多く、効果を発揮したのでしょう。
      それにしても挑戦者のお名前まで良く記憶しているものですね。
      感心してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>