日本史のややこしさ?

アメリカ横断ウルトラクイズの問題の中には、日本史に関する設問が多数ありました。

最近、天皇陛下の退位が話題になり、日本独特の元号の話が、テレビで詳しく報じられるようになりました。

明治以来、天皇が代わる度に元号も変わるようになりましたが、その昔は一代の天皇で、何回も変った事があったのです。

我々の番組でも、一番多く使われた漢字は何?のような、元号に関する問題は多数出されていました。

元号の最初は? 大化の改新大化」という問題もありましたね。

元号は、覚え難く「だから日本史は苦手」という方も多分多かったと思います。

世界史の年表と比べ、日本史の年表がややこしいのは、元号で表記される事に原因があるようです。

そんな中で、次のような問題が第16回のニューヨークで出題されていました。

問・江戸幕府が開かれたのは1603年だが、その時の日本の元号は何?

答・慶長

解説 慶長8年2月12日に、徳川家康が征夷大将軍に任ぜられ、江戸幕府が成立しました。

この終焉は、1867年15代将軍・徳川慶喜の大政奉還で幕を閉じています。

奇しくも、この時の元号が慶応3年で、始めと終わりが同じ「慶」の文字というのも記憶し易い年号でした。

なお、慶応は4年まであり、慶応3年4年は近代日本の動乱の年でした。

4年には戊辰戦争があり、その後は江戸城の無血開城となります。

「江戸城無血開城」の画像検索結果

主人公は、勝海舟と西郷隆盛の会談など、近代化物語の宝庫的な時代でした。

「明治は遠くなりにけり」などと言われますが、平成も30年で幕を降ろす事が発表されています。

と、なると昭和生まれは古い人間との印象も強くなりますねえ。

明治生まれ、大正生まれの皆さんも昔は若者だった時代があったのです。

だから、年寄り扱いには慣れるしかありません。

そのうち、正真証明本物の年寄りになりますよ。それが時代の流れです。

 

 

 

 

 

「日本史のややこしさ?」への3件のフィードバック

  1. 慶応4年の最後の「学問吟味」の試験結果は、歴史の動乱期にあたり、残っていないそうです。なお、遠山金四郎の父も受験したことがあるそうです。

  2. こんにちは。最近、田中健一さん(第16回アメリカ横断ウルトラクイズ優勝者)のクイズの本を読んで、知りましたが、幕府は旗本や御家人を対象とする「学問吟味」という登用試験を慶応4年の動乱期にも行ったそうです。幕府の最後の熱意を感じます。寛政の改革以降、昌平坂学問所で行っていたそうです。

    1. この時代は日本の大きな変革期で、伝えられる歴史も真偽様々です。
      最近読んだ原田伊織氏の「明治維新という過ち」は日本人の歴史感をひっくり返すほどの衝撃を受けました。
      資料や調査も綿密なので、驚くばかりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>