ご当地問題の極みです

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、クイズ会場に纏わるご当地問題との設問がありました。

本日は昨日に続き、間もなく「ファミリー劇場」(CS放送)で再放送される第8回に因んだ裏話です。

テレビ史上初、バハマで海の底をクイズ会場にした時の問題、ご当地問題は海の中に関するクイズでした。

問・抜け目のない人を海千山千と言いますが、海に千年、山に千年住んだ蛇は何になると言われる?

答・竜(龍)

解説 中国には海に千年、山に千年住んだ蛇は、龍になるという伝説があります。

中国の竜は神獣・霊獣であり、皇帝シンボルとして扱われていました。

「龍」の画像検索結果

水中か地中に棲むとされることが多く、天に昇って竜巻を起こすとも言われています。

架空の怪獣で、英語のドラゴンとは別のものと定義されています。

史上初、バハマの海底5mをクイズ会場に、挑戦者がスーツケースを持って並ぶ、狂気、珍妙、馬鹿っぽさ、ウルトラクイズの神髄です。

挑戦者には当然、空気を送るヘルメットが着用されているのは、言うまでもありません。

blog_import_53c3990616678

水中のカメラマンは、全員が事前にスキューバーダイビングの免許を取っての、ロケでした。

面白い事を思い付いたら、何でも挑戦する。勿論、企画倒れの、実現不可能なアイディアも多数ありました。

でも、不可能を可能に変える熱気が、スタッフ全員に染み付いた恐るべき番組だったのです。

 

「ご当地問題の極みです」への2件のフィードバック

  1. こんばんは、ノリです。
    第8回のバハマ思い出しました。
    あの時は海底早押しクイズだったんですね。
    海の底に潜ってクイズをやる事は
    今考えればなかなか出来ないことだと思う。
    挑戦者も覚えていますよ。
    特に宍戸浩明さんや石橋史行さんは
    クイズに関しては結構強かった。
    第8回のウルトラクイズは
    僕にとって実力のある戦いだったと思いますね。

    1. 挑戦者の名前まで良くご記憶ですね。
      第8回は我々スタッフにとっても、忘れられない回でした。
      当時は苦しかったけれど、今となっては楽しい思い出が一杯あった回とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>